屋久島の ★Go To トラベルキャンペーン★ はコチラ 

屋久島の『おすすめホテル・宿』と『選び方』


屋久島でのエリア別おすすめ宿をご紹介
すると伴に、宿選びで失敗しないための情報も盛り込みました。

屋久島移住歴10年以上の筆者が、屋久島的事情も交えつつご紹介します。

屋久島の宿を探しているなら、ぜひ参考にしてみてください。

メモ

『最適な行き方&欠航リスクを最小限に抑えたい』ならば、『JAL利用の3つのダイナミックパッケージツアー』がおすすめ。

『現地はフリー』でこちらでご紹介する『おすすめ宿』も選べます。

屋久島へは『ダイナミックパッケージ』のツアーがおすすめ その理由とは?

私が作成してます

ツキシマアサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。10歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンについて >>

エリア別 屋久島のおすすめホテル・宿

宮之浦エリアのおすすめホテル・宿

【宮之浦】移住者がオススメする「ホテルと宿」6選  

宮之浦エリアは屋久島で一番大きな街です。空港から車で10分〜15分ほど。
『白谷雲水峡トレッキング』『ダイビング』『ウミガメ観察会への参加』なら、このエリアが便利です。

高速船利用なら、便によって『宮之浦港』と『安房港』に分かれますが、フェリーは必ず『宮之浦港』のみの発着です。

宮之浦港から徒歩圏内に限定して探すならこちらをどうぞ。

【宮之浦港】から徒歩圏内の『おすすめ宿5選』

空港エリアのおすすめホテル・宿

便利!【屋久島空港】おすすめホテル・宿 & レンタカーショップ

宮之浦エリアと安房エリアの真ん中に位置するので、どちらへも行きたい場合にも便利です。(白谷雲水峡と縄文杉トレッキングなど)

ご紹介の宿は全て空港徒歩圏内でご紹介します。

安房エリアのおすすめホテル・宿

【安房】移住者がオススメする「ホテルと宿」6選

安房エリアは、『縄文杉トレッキング』に一番便利な、『荒川登山口に最寄りのエリア』です。そして屋久島では宮之浦に次ぎ2番目に大きな街。

高速船が就航する安房港もあります。(便によりますので注意。)『ヤクスギランド』、『紀元杉』、『淀川登山口』へもこのエリアが最寄りで便利です。

尾之間エリアのおすすめホテル・宿

【尾之間エリア】移住者がオススメする「ホテル・宿」5選

尾之間、南エリアは、南国っぽいのんびりした雰囲気が特徴的です。
滝巡り、温泉、海などを目的にするならこのエリアがおすすめです。

お店は少ないですが、レンタカーを借りれば問題ありません。

サービス別 屋久島のおすすめホテル・宿

登山アイテムのレンタルができるホテル・宿

「登山レンタル有り」で便利!屋久島のホテル・宿をご紹介

屋久島で、『登山アイテムのレンタルができる宿』をご紹介します。
屋久島での滞在を効率よくしたいなら、かなり有効です。

借りる時も返却するにも、ラクで便利です。時間を効率的に利用できます。

子供ウェルカムなホテル・宿

子連れ【屋久島】おすすめの「宿・ホテル」

子供ウェルカムな宿をピックUPしてご紹介します。
小さなお子さんがいらっしゃる方は、宿泊するときも何かと気を使いますよね。

屋久島 宿選びのポイント

屋久島のホテル・宿 特徴とサービス

屋久島の宿は『ホテル』『民宿』『素泊まり』の3タイプ

屋久島の宿は『ホテル』『民宿』『素泊まり』の3タイプ それぞれを詳しくご紹介

屋久島の宿の特徴や、屋久島ならではのサービスをご紹介です。
知っておくと、より希望にあった宿を選べます。

予約前に知っておきたい屋久島の宿サービス

屋久島的サービスって!?宿を予約する前に知っておきたい5つのこと

『それって屋久島だけですよね?』思わずツッコミたくなる(笑)屋久島的なサービスもあったり。

屋久島のエリア紹介

屋久島の各エリア紹介【宮之浦・空港・安房・尾之間】

宿泊エリアに迷ったら、こちらを参考にしてみてください。どこに宿泊するかは、『滞在中の目的に便利か?』で決めるのが懸命です。

なぜなら、屋久島は広いから。宿選びも重要ですが、エリア選びもかなり重要です。

屋久島のコインランドリーマップ

屋久島 コインランドリーマップ  

コインランドリーは、長期滞在、素泊まりに必要です。グーグルに出ないコインランドリーも、地図付きで全てご紹介します。

屋久島のホテル・宿だけの最安値を探す方法

【屋久島の宿】最安値の探し方知ってますか?

航空券と宿を別々に手配するならば知っておきたいですね。

メモ

『最適な行き方&欠航リスクを最小限に抑えたい』ならば、『JAL利用の3つのダイナミックパッケージツアー』がおすすめ。こちらでご紹介する宿も選べます。

屋久島へは『ダイナミックパッケージ』のツアーがおすすめ その理由とは?