永田エリアの『いなか浜』と『ウミガメ』についてのご紹介!

ハッピーいなか浜 店内 ここだけ切り取ると日本じゃないみたいですね笑

永田エリアの『いなか浜』へ行ってきましたので、そのレビューをご紹介します。

『いなか浜』といえば、ウミガメ産卵日本一の砂浜。そして『屋久島国立公園』であり、平成17年には『ラムサール条約湿地』に登録された場所です。

今回は、この『いなか浜』をとともに、『ウミガメ観察会』、8月の間だけオープンするカフェ?『ハッピーいなか浜』さんも併せてご紹介します。

※ラムサール条約・・・イランのラムサールで開催された国際会議で、湿地やそこに生育する動植物の『保全・再生』、『賢明な利用』、『交流・学習』を3つの柱として採択された国際条約です。

いなか浜のご紹介

いなか浜

花崗岩が砕けた砂でできた砂浜が1㎞ほど続きます。水の透明度が素晴らしいです。

最初に訪れた時、『日本にもまだこんなところがあるのか。』と、本当に感激したのを覚えています。

海の向こうには、同じ屋久島町ですが、別の島の『口永良部島』(くちえらぶじま)が見えます。(たまに噴火してニュースになってますね。^^;)

屋久島は山岳島。中央部にある大きな山に遮られるため、島の北西〜西〜南西エリアまで来なければ、『口永良部島』を見ることはできません。

また、夕日も見られないのです。

いなか浜の場所

いなか浜駐車場 宮之浦方面を向いて撮影しています。左が海です。

永田エリアは、屋久島の北西部にあります。宮之浦エリアから、国道78号線を、志戸子、一湊、永田、方面へ車で30分ほどです。

県道78号線を道なりに走れば、海側に『いなか浜』はあります。看板があるのでわかるはずです。

ちなみに、安房、空港方面と逆方向になります。

『いなか浜』で海水浴やシュノーケルってできるの?

いなか浜で海水浴する人たち

『いなか浜』で海水浴やシュノーケルができるのか、疑問を持たれる方も多いのでは。

『いなか浜』で海水浴は、一応?できます。ですが、海が遠浅でなく、すぐ深くなるのであまり海水浴向けではないのかも。

さらに、シャワーなどの『海の家』的な施設もありません。ですので、近所の子供たちや、近くに宿泊している、水着で歩いて来られるくらいの人が、水遊びをする程度でしょうか。

シュノーケルについては、全くしている人を見かけませんでした。

海の中は、急に深くなるので危ないですし、砂地であまり魚がいないからかもしれません。

もし、屋久島で海水浴、シュノーケルをしたいのであれば、『一湊エリア』の『元浦』や、『栗生エリア』の『塚崎タイドプール』がおすすめです。

よろしければ、屋久島の海の情報を集めていますので『海水浴・シュノーケル』の記事一覧をご覧ください。

『いなか浜』のカフェ?『ハッピーいなか浜』のご紹介

ハッピーいなか浜 店内

ハッピーいなか浜 店内

『いなか浜』の駐車場横にシブい建物があり、『氷』の暖簾が・・・吸い寄せられるように入ってみると、大音量の演歌。

ふと海側を見ると、外国人の方が優雅に海を眺めています。『ん?なんだか不思議な空間。』

お店のおじさんに話を伺えば、お店を開けるのは8月の1ヶ月間だけとのこと。そのあとは、グァバの収穫をするのだとか。

手作りの『グァバジュース』は、驚くほど濃厚で美味しかったです。その他のメニューは、氷やソフトクリーム、カレー、牛丼、ビールなどもありました。

風が吹き抜けて、とても気持ちが良い場所でしたが、大音量の演歌がちょっと面白かったです。笑

『いなか浜』のウミガメについて

『いなか浜』といえば『ウミガメ』。この絶滅危惧種であるウミガメについて、実はこちらのブログ『屋久島ファン』でご紹介するべきか迷いました。

近年屋久島では、上陸したウミガメの産卵率、子ガメのふ化率が減少傾向にあります。永田エリアには、毎年5,000人ほどの人がウミガメ産卵観察のために訪れており、ウミガメへの悪影響が心配されています。

ですが、『永田浜ウミガメ観察ルール』をご紹介することは、逆に、『ウミガメ保護』にもつながるのではと、ご紹介することにしました。

『永田浜ウミガメ観察ルール』
  • 毎年5月1日〜8月31日 夜19時30分〜翌朝5時は、上陸するウミガメや、地中の子ガメに悪影響を与える恐れがあるため、永田浜への立ち入りをしないように呼びかけています。
  • ウミガメ観察は、『永田ウミガメ連絡協議会』の主催する観察会へ参加しましょう。その際は、スタッフの方の案内に従って行うようにします。詳しい観察会の注意事項や、参加の仕方は『永田ウミガメ連絡協議会』のホームページでご案内しています。
  • 永田浜のウミガメ保護柵内に立ち入らないようにしましょう。

    いなか浜のウミガメ保護柵

  • 永田浜での焚き火はやめましょう。
  • 永田浜でのキャンプは禁止されています。
  • 永田浜の砂を採ることは禁止されています。

※『永田浜』は、永田エリアの砂浜である『前浜』、『いなか浜』、『四ツ瀬浜』の総称

くれぐれも『ウミガメ観察のルール』を守って、『いなか浜』を楽しみましょう!

『ウミガメ観察会』へ参加したい場合は、『宮之浦〜永田エリア』の宿に泊まると便利です。宮之浦エリアの宿については、【宮之浦】移住者がオススメする宿5選  でご紹介してますので参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は『いなか浜』と『ウミガメ』についてご紹介しました。

とても素晴らしい砂浜ですので、もしこちらの方面へいらっしゃることがあれば、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

こちらもおすすめの海スポットです♪
『一湊海水浴場』と『シュノーケルポイント』へのアクセスとご紹介! 【屋久島 栗生】海水浴場・シュノーケル ・タイドプールのご紹介 屋久島の穴場!?春田浜の海水浴場とタイドプールのご紹介 おすすめの観光スポットです♪