MENU

屋久島ファンの人気記事

ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。
屋久島ファンがJALツアーをおすすめする理由とは? 詳しく見る

屋久島の天気予報は当たらない?14日前からの天気チェックポイントをご紹介!

屋久島 5月 雨の縄文杉

屋久島に16年住んでみて分かったこと、それは、

屋久島の天気予報は当たらないということ。

とはいえ、最初で最後になるかもしれない屋久島旅行。できるだけ雨は避けたいですよね。

ということで、屋久島の天気を見続けてきた経験から、

「なぜ屋久島の天気予報が当たらないのか?」

その原因とともに、「屋久島の天気予報の予想の仕方」について、そのコツをご紹介します。

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

\関東の方におすすめ/

タップできる目次

屋久島ではなぜ天気予報が当たらない!?雨の多い理由とは

屋久島 安房川 サップをする人たち
屋久島 安房川 5月 サップをする人たち

まずは屋久島でなぜ雨が多いのか?

その理由についてご紹介します。

屋久島の雨の多い理由とは?

屋久島はご存知の通り、海に囲まれた島です。

しかも中央に九州最高峰である宮之浦岳(1,936m)がそびえる山岳島でもあります。

屋久島の近くの海には暖流(黒潮)が流れており、暖かく湿った空気が屋久島の周辺にはたくさんある状態。

この条件が重なると、暖かく湿った空気は風が吹くことで島に押し流され、急な山肌を駆け上がることで雨雲が発生します。

このような地形的な条件が、屋久島は雲ができやすく、また雨も降りやすい島である理由です。

屋久島はエリアによって天気がちがう理由

屋久島気温垂直変化

上述でもご紹介しましたが、屋久島は九州最高峰である宮之浦岳が屋久島の中央にあります。

この山に海からの湿った空気がぶつかることによって、雲ができ雨が降るということですので、

風が吹く方向によって、屋久島での雲ができる場所が変わります。

これが、屋久島の天気を分かりにくくする理由です。

なぜなら、屋久島の北側から風が吹けば、北側に雲ができ雨が降ります。

ですが、雲が屋久島の山の向こう側へ流れ出なければ、南側は晴れているということが起こるからです。

ですので、屋久島は場所によって天気が違います。また、冬季などは、南エリアと北エリアは上着1枚分ほど気温も違います。

屋久島の 14日前くらい前からの天気チェックポイント

屋久島 白谷雲水峡
屋久島 白谷雲水峡

では、屋久島の天気をできるだけ、正確に把握するにはどうしたらよいのか?

そこ知りたいですよね。

ということで、ポイントをご紹介します。

屋久島の天気が大きく崩れない条件

屋久島の天気が「大きく崩れない」ときの予報は以下の条件を満たした時です。

  • 高気圧に覆われている
  • 日本の近くに前線や台風がない
  • 天気予報で晴れマークが続いている

以上のような条件が揃うと、屋久島で天気が大きく崩れるということを防ぐことができます。

雨を100%避けるのはムリ

屋久島 白谷雲水峡 増水時
屋久島 白谷雲水峡 増水時

とはいえ、上述の条件は「屋久島の天気が大きく崩れない」ということです。

ですので、残念ながら「雨が降らない日を完全に避けることができる」という意味ではありません。

「屋久島の天気が大きく崩れない」ということは、トレッキングなどのアクティビティを中止せずにすむということですね。

警戒すべきは豪雨

屋久島で本当に警戒するべきは、荒川登山バスが運休するほどの豪雨です。

その時は、全てのアクティビティはできなくなりますので、そこを避けるということが重要なのです。

せっかく屋久島へ来ることができても、目的のトレッキングやアクティビティができないのは避けたいですよね。

ということで、豪雨を避けることを考えつつ、普通の雨は降ると想定してご準備ください。

屋久島の山の天気と服装については以下の記事でご紹介しています。

屋久島の雨の少ない月は?

そこで気になるのが、じゃあ屋久島の1年のうちで一番雨の少ない時期はいつなの?

ということではないでしょうか。

年間で一番少ないのは、太平洋高気圧に覆われる8月・12月〜2月です。

ただ、7月・8月・9月は、台風が多い時期でもあります。

また、12月〜2月の冬季は積雪があると、県道・町道が封鎖されて、入山ができなくなってしましいます。

ですので、8月・12月〜2月なら大丈夫!とは、言えないのです。

年間の屋久島の天気と観光の状況については、【屋久島観光】年間の天気と気温から『ベストシーズン』をご紹介(トレッキング/海/ウミガメ)で1月〜12月まで、月ごとにご紹介しています。

屋久島の天気予報サイト

屋久島 いなか浜
屋久島 いなか浜 向こうに見えるのは口永良部島(よく噴火してます)

屋久島の天気予報が当たらない理由がなんとなく分かってきましたか?

雨を100%避けるのは難しい。

でも、アクティビティができなくなるほどの、もしくは、屋久島入りできなくなるほどの荒天は避けたい。

だから、できるだけ天気予報を見て避けましょう。ってことですね。

以下では、参考になる屋久島の天気のリンク先をご紹介します。

日本気象協会 14日間天気予報

屋久島町の天気(今日・明日・3時間・1時間・2週間天気)

縄文杉 ウェザーニュース

鹿児島県屋久島町の天気予報

屋久島の 現在の状況

環境省 屋久島の山々最新画像 インターネット自然研究所

危険!?トレッキングを見送った方が良い状況とは

屋久島の湿原  花之江河(日本最南端にある高層湿原)
屋久島の湿原 花之江河(日本最南端にある高層湿原)

縄文杉トレッキング雨天中止の判断について

荒天で縄文杉トレッキングのガイドツアーが中止になることも、もちろんあります。

そこで気になるのが、どの程度の雨で中止になるのか?ということではないでしょうか。

結論を先に申し上げますと、明確な基準は設けられておりません。

ただ、ガイドさんの間では、警報が出れば中止することが一般的と考えられています。

なぜなら、警報発令時に山で事故があった場合、保険の保証が受けられないためです。

登山口への町道と県道が同時に封鎖になる

屋久島 荒川登山バスが通る県道592号  

ガイドさん判断以前に、2019年の屋久島豪雨以降は(突然の豪雨により、縄文杉トレッキングをしていた266名の人たちが山で孤立し取り残された事件)

縄文杉トレッキングの出発地点である、荒川登山口へのシャトルバスを、かなり早い段階で止めるようになりました。

また、その荒川登山バスが通る「県道」と「町道」も同時に封鎖するため、荒川登山口や淀川登山口、その途中のヤクスギランドなどへも入れなくなります。

安全確保のための厳しい基準へ

ちなみに、かなり早い段階とは、台風接近時などの荒天が予想される場合、その当日のみならず、荒天の予想される前日から荒天の後の倒木や土砂崩れがないと確認されるまで、通行止めが続くこともあります。

ですので、ガイドツアーへ参加しても、個人で行くにしても、どちらにしても行くことはできなくなります。

屋久島島内での緊急時に役立つリンク集

縄文杉トレッキングの天気と服装

屋久島 白谷雲水峡
屋久島 白谷雲水峡

なるほど〜。危ない時は縄文杉トレッキングもできないのね〜。

でも、普通の雨ならトレッキングできるのよね。屋久島で縄文杉や白谷雲水峡などのトレッキングをするなら、どんな服装や対策が必要なのかしら?

という場合は、縄文杉トレッキングコースや白谷雲水峡のある、標高1000m付近の気温とそれに対応した服装が望ましいといえます。

山の気温と天気、雨対策などの服装については以下でご紹介しています。

屋久島の雨の過ごし方

屋久島 西武林道ドライブ途中
屋久島 西武林道ドライブ途中

そこで、次に気になってくるのが、屋久島でもしトレッキングできなくなった場合、雨の日の観光ってあるのかな?

ということではないでしょうか?

屋久島での雨の過ごし方は、私たち島民も頭を悩ませるところです。(←あんまりない・・^^;)

とはいえ、始めて屋久島へいらっしゃった方なら、できる観光はいくつかありますのでご紹介します。

屋久島の雨でできる観光

屋久島で雨の日にできることは?・・・と聞いて

もし、おすすめするとしたら、以下のような内容となります。

それぞれの観光スポットやお店については、別記事でご紹介してますので、気になる方はご覧ください。

1、屋久島一周ドライブ

2、滝巡り

3、温泉巡り

4、カフェ巡り

5、ヤクシマブレスの屋久杉を使った創作体験

6、屋久島環境文化村センターへ行く

その他の観光スポットまとめはこちら♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

屋久島で天気が当たらない理由と、その対処法をご紹介しました。

屋久島で天気が当たらないのは、屋久島の地形が関係していました。

残念ながら、屋久島を100%避けるのは難しいということ。

そして気をつけるべきなのは、普通の雨ではなく荒天時の豪雨ということです。

また、屋久島の14日間先の「屋久島の天気が大きく崩れない条件」や、「雨の場合のおすすめの観光」についてもご紹介しました。

こちらのブログ「屋久島ファン」で常に重きを置いていることは、

屋久島でのネガティブな事実も、できるだけそのままお伝えすることです。

なぜならそれが、人の命を守ることにつながるからです。

起こりうる危険や困るであろう状況の予測がつけば、事前に手を打つこともできますし、危険を回避する判断もできるからです。

ということで、諸々ご紹介しました。

ぶっちゃけ、屋久島の天気を突き詰めて考えても、あまり意味のないように感じます。

なぜなら、雨率が最高に高い梅雨時期の6月や、9月の台風シーズンでも、お天気に恵まれ晴天の中、トレッキングを満喫する方もたくさんいらっしゃいますし、

逆に天気予報は悪くなく、当日の島の里地も晴れていたのに、山の上だけ「雨にガンガン降られたー」というケースも珍しくないからです。

ということで、ぜひこちらを参考にしていただき、安全で楽しい屋久島旅行をなさってください。

こちらの記事がみなさまのお役に立てば幸いです。

  • URLをコピーしました!

屋久島ファンの人気記事

タップできる目次