MENU

屋久島ファンの人気記事

ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。
屋久島ファンがJALツアーをおすすめする理由とは? 詳しく見る

【2022最新】屋久島のバスまとめ(路線図/時刻表/運賃/乗り放題チケット情報)

種子島・屋久島交通バス&まつばんだ交通の共通バス路線図

こちらでは屋久島在住者が、縄文杉へ行くために乗る『登山バス路線』についてや『空港』や『港』を経由する屋久島のバスについて、注意事項も交えながらご紹介します。

『バス乗り放題チケット』や『観光周遊バス』についてのご紹介もあります。ぜひ屋久島旅行にお役立てください。

屋久島のバスは「種子島・屋久島交通」と「まつばんだ交通」の2社が運行しています。
路線図と料金表は共通です。どちらもこちらでご紹介します。
※屋久島では「種子島・屋久島交通」のことを「屋久島交通」と言います。同じなのでご安心を。

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

\関東の方におすすめ/

タップできる目次

屋久島のバス
 時刻表・料金・路線図・乗り放題チケット

種子島・屋久島交通バスの時刻表

種子島・屋久島交通バス 

種子島・屋久島交通バスの時刻表
屋久島交通バス 公式ページ時刻表をダウンロード

まつばんだ交通バスの時刻表

まつばんだ交通バス

まつばんだ交通バスの時刻表 
まつばんだ交通バスの時刻表公式ページへ

屋久島のバス 路線図(2社 共通)

「屋久島交通バス」と「まつばんだ交通バス」全2社共通の路線図です。
種子島・屋久島交通バス 公式ページで 以下の路線図をダウンロード

種子島・屋久島交通バス&まつばんだ交通の共通バス路線図

屋久島のバス 時刻表 (2社 共通)

「屋久島交通バス」と「まつばんだ交通バス」全2社共通の料金表です。
2019年改正ですが最新です。
種子島・屋久島交通バス公式ページで以下の料金表をダウンロード

種子島・屋久島交通バス&まつばんだ交通の共通バス運賃表

バス停名に観光地名入り運賃表

公式ページのバス停名が観光地名とはかぎりません。
以下の表の()内に観光地名も入れましたのでお役立てください。

クロスしたところの金額が運賃です。

スクロールできます
バス停名宮之浦空港安房尾之間
永田(いなか浜)940円1270円1510円1930円
矢筈(一湊海水浴場)530円920円1190円1600円
宮之浦港(高速船、フェリー)140円530円850円1310円
小原町(白谷雲水峡)140円510円830円1290円
空港510円430円970円
合庁前(ヤクスギランド 、紀元杉)810円400円140円690円
安房港(高速船)830円430円140円660円
屋久杉自然館(縄文杉)960円580円240円720円
鯛の川(トローキの滝、ぽんたんかん)1160円800円490円270円
JRホテル(JRホテル温泉)1290円970円660円
平内海中温泉1500円1190円920円380円
大川の滝1880円1590円1340円890円
乗・下車する場所宮之浦空港安房尾之間
※運賃は予告なく変更されることがあります。乗車の際は必ずご自身でご確認をお願いいたします。

屋久島のバスの 乗り方・注意事項

種子島・屋久島交通バス
知っておきたいこと
  • 乗車する際は、乗口で発券される整理券を取ります。車内前の電光掲示板で自分の取った番号の下に運賃が出ています。下車する時に運賃を確認して、その金額を支払って下車します。
  • 車内で2千円、5千円、1万円札は両替できません。千円札のみOKです。
  • ただし安房地区のバス停の「合庁前」なら、1万円、5千円の両替が可能です。(バスの事務所があるため)
  • 幼児(6歳未満)は、大人または小学生の同伴者1人につき1人無償です。小学生・障害者手帳をお持ちの方は半額です。(5円は10円に切り上げです。)

空港からバスに乗る時はコチラ(屋久島のバス 主要路線 )

主要路線

主要路線は屋久島の北側から西側まで、逆C字を描くように運行している路線です。
西側の西武林道エリアはバスの運行はありません。

屋久島の『宮之浦』と『安房』の2つの港、空港、荒川登山バスが発着する『屋久杉自然館』などを経由します。

注意事項
  • 「屋久杉自然館」へ行く場合とそこから乗る場合、変則的な運行なので気を付けてください。(どのバスに乗っても「屋久杉自然館」を経由するわけではありません。)
  • 縄文杉への登山口へ行く、『荒川登山バス』に間に合うバスは、『主要路線』の1日1本のみ(8月一部の期間をのぞく)です。運行期間は3/1〜11/31。運行区間は『THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST(旧名称:シーサイドホテル屋久島)』〜『いわさきホテル』です。
  • 南側の終着点「大川の滝」と北側の「永田」、「一湊」へ行く場合は直通がないため、乗り換えが必要です

白谷雲水峡へ行く時はコチラ(屋久島のバス 白谷雲水峡路線 )

白谷雲水峡路線

『白谷雲水峡路線』は『宮之浦港』から出発しており、南側の主要路線から乗り継ぐ場合は『小原町』で乗り換えます。

宮之浦港宮之浦小原町
560530500白谷雲水峡
注意事項
  • 主要路線の尾之間、安房、空港など、「小原町」より南側方面から白谷雲水峡へ行く場合は、特に注意が必要です。 乗り継ぎのバス停「小原町」で一度下車し、反対車線の同じ「小原町」のバス停で白谷雲水峡行きのバスを待ちます。
  • 時間帯によって、乗り継ぎの時間がかなりあいてしまうこともありますので、時刻表を確認してから乗りましょう。

ヤクスギランドへ行く時はコチラ(屋久島のバス ヤクスギランド路線)

ヤクスギランド路線

ヤクスギランド路線は、『合庁前』から『紀元杉』まで午前と午後に1便ずつ出発しています。

合庁前安房・安房港屋久杉自然館
770750730ヤクスギランド
990960940320紀元杉
注意事項
  • 「紀元杉行き」は「安房」をほどんど経由しますが、「安房港」は決まった便のみしか経由しませんので気をつけましょう。
  • 『屋久杉自然館』を経由しますが、時間的に『荒川登山バス』には乗れませんので気をつけましょう。

縄文杉へ行く時はコチラ(屋久島のバス 荒川登山バス路線)

荒川登山バス路線

荒川登山バスは、『屋久杉自然館』から、縄文杉への出発地点である『荒川登山口』を往復するバスです。

縄文杉日帰りトレッキングのためのバスなので、早朝と夕方のみの運行です。
運行期間は3/1~11/31の期間です。(その期間以外は登山口までレンタカーで乗り入れ可能。)

屋久杉自然館
700荒川登山口
注意事項
  • 8・6・11月など、月によって運行する便と、運休する便があるので気をつけましょう。
  • チケットは『屋久杉自然館』バス停横の窓口でも購入可能です。
    ですがハイシーズンは行列になりすぐに買えないこともありますので、できるだけ事前に購入しておきましょう。屋久島山岳部保全利用協議会で購入窓口、運行状況、時刻表などの情報が確認できます。

荒川登山バスチケット購入時に山岳部環境保全協力金の納入(対象者:中学生以上)を求められます。
任意ですので拒否することも可能です。縄文杉トレッキングコース途中のトイレなどの施設に協力金は使われています。
(日帰り入山の場合1,000円、山中泊での入山の場合2,000円)

『荒川登山バス』への乗り換えの仕方や様子、荒川登山口情報などをご紹介しています。ガイドツアーへ参加しない方はご覧ください。

種子島・屋久島のバス 乗り放題チケット(ゆったり満喫乗車券)について

種子島・屋久島交通バスでは、乗り放題チケットを発売しています。(ゆったり満喫乗車券のこと)

白谷雲水峡、ヤクスギランド 、屋久杉自然館、ボタニカルリサーチパーク、環境文化村センターのいずれか1箇所『100円割引券付き』です。

荒川登山バスを除く全線で利用できます。

料金 乗り放題バス (ゆったり満喫乗車券)


バス車内で販売してません。必ず事前に窓口で購入しましょう

1日券2日券3日券4日券
大人
2,000円
大人
3,000円
大人
3,000円
大人
4,000円
小人
1,000
小人
1,500
小人
1,500
小人
2,000
乗り放題バス (ゆったり満喫乗車券)料金

購入窓口 乗り放題バス (ゆったり満喫乗車券)

宮之浦エリア高速船窓口 観光案内所(観光文化村センター内) 屋久島観光センター(おみやげ、食事)
空港エリア空港カウンター 観光案内所(空港横)
安房エリア高速船窓口 観光案内所(安房Aコープ内)
島外 鹿児島高速船窓口、指宿高速船窓口

もっと詳しく 種子島・屋久島交通公式ページへ

まつばんだグループ 屋久島周遊バス「やくざる号」について

まつばんだ交通 屋久島周遊バス

まつばんだ交通には、3種類ある全コースをガイドまたはドライバーが案内してくれる周遊観光バスがあります。

最小催行人数はなんと1名!予約は前日の夕方17時までです。

雨で縄文杉トレッキングが中止になったとか、午前中だけちょっと観光したいという場合はかなり便利なのでは。

コースはA・B・C の3つのコースから選ぶことができます。

料金 周遊観光バス「やくざる号」

Aコース大人:5,500円
子供:5,000円
1名申し込みは8,000円
Bコース大人:4,000円
子供:3,500円
1名申し込みは6,000円
Cコース大人:3,000円
子供:2,500円
1名申し込みは5,000円

購入窓口 周遊観光バス「やくざる号」

宮之浦エリアのお土産と食事のお店「ふるさと市場」で購入できます。

もっと詳しく まつばんだ交通公式ページへ

屋久島のバス以外の交通

屋久島の移動に利用できる交通機関は、『バス』と『レンタカー』と『タクシー』の3つです。

バスは重要な島の移動手段ですが、効率よく旅行したい場合は、レンタカーを利用した方がよいケースも。

レンタカー(効率的に屋久島観光したいならおすすめ)

縄文杉トレッキングを 12月1日〜2月末日の期間は、荒川登山バスもそれにアクセスする便も運休します。

ですので、送迎付きのガイドツアーへ参加しない場合は、かならずレンタカーが必要となります。

予約必要!屋久島のレンタカー(宮之浦/空港/安房)

屋久島をぐるり一周ドライブマップはコチラ

もし、バス利用ではなく、レンタカー利用するなら、屋久島をぐるり巡るドライブマップは役立つはず。

所要時間入りです。1日かかりますが、どこにも寄らなければ、屋久島一周すると3時間くらいです。

屋久島1日で一周できる(所要時間入り)ドライブマップをご紹介

タクシー(タクシー利用した方がよいケースについて)

観光目的ならバスやレンタカーがお値打ちです。ですが、時と場合によっては、タクシー利用が最適の場合もあります。

とうことで、タクシーの情報を以下の記事でご紹介しています。

【屋久島のタクシー3社】の営業時間と料金一覧 タクシー利用した方がよいケースとは?

屋久島の観光スポットを探すならコチラ

屋久島の人気観光スポットから穴場まで、網羅的にご紹介しています。すべて現地まで足を運び撮影した写真を掲載しています。参考になさってみてください。

【屋久島おすすめの観光まとめ】滝/温泉/海/ドライブ/穴場 

屋久島の美味しいランチ&食事を探すならコチラ

屋久島はお店が少ないので、簡単にランチ難民になります。そして、定休日でなくても、やってないことも珍しくありりません。^^;

お目当てのお店は必ず事前に確認を。

実食レビューあり!屋久島の『ランチ&食事』エリア別おすすめ店 まとめ

屋久島のおすすめのおみやげ屋さんはコチラ

おすすめのお土産屋さんは、宮之浦なら「ふるさと市場」安房なら「武田館」&「ヤクシマブレス」南エリアなら「ぽんたんかん」です。

この3店へ行けば、屋久島のお土産はほぼ網羅できます。というか、1店のみでもほぼ網羅なのですが・・・^^;

レビューあり!屋久島おすすめの『お土産』をまとめてご紹介

屋久島の現地ガイドツアー を探すならこちら

現地のガイドツアーを探すなら以下の2社がおすすめです。

じゃらん 遊び・体験予約

国内最大級のレジャー・アクティビティ予約サイト。クーポンを利用すれば、現地ツアーもお得になります。

じゃらん 遊び・体験予約公式ページ

asoview!(アソビュー)

日本全国のレジャーを約300種類・15,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイトです。

アソビュー公式ページ

まとめ:屋久島のバスに乗ったら まずは整理券を取りましょう

いかがでしたでしょうか。こちらでは、『種子島・屋久島交通バス』について詳しくご案内しました。

屋久島のバスは1時間に1本くらいです。乗車したら、まずは整理券を取りましょう。

降りる時にお金を払います。

バス車内の前にの整理券の番号が表示されていますので、自分の持っている整理券番号の下の数字が運賃です。

屋久島滞在にぜひお役立てください。

屋久島の観光 記事一覧

  • URLをコピーしました!

屋久島ファンの人気記事

タップできる目次