MENU

屋久島ファンの人気記事

ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。
屋久島ファンがJALツアーをおすすめする理由とは? 詳しく見る

2022【屋久島の観光】ザックリいくら?2泊3日の費用の目安

こちらでは、屋久島観光の費用について、内訳と詳細をご紹介します。

筆者の15年以上屋久島と東京・名古屋を往復して得た情報も盛り込みました。

また『屋久島への行き方』や『格安のガイド付き縄文杉トレッキングツアー』、『屋久島の安い時期』なども併せてご紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。

これで、お得な屋久島旅行が手配できます!

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

\関東の方におすすめ/

タップできる目次

屋久島観光旅行 何の費用が必要か?

白谷雲水峡 苔むす森(もののけ姫の森)

屋久島へ旅行に行くのに必要な費用の内訳をご案内します。

これで、なんとなく旅費のイメージがつくと思います。

  1. 交通費
  2. 宿代
  3. 屋久島内での交通費(バス代・レンタカー代)
  4. ガイドツアーへの参加費用(参加する場合)
  5. 滞在費(食事代や入館料)
  6. お土産代

まずは以下で表にしてみました。

屋久島観光旅行 東京から大人ひとり 2泊3日の場合の費用(1ヶ月前の予約)

スクロールできます
❶交通費羽田→鹿児島(飛行機)
+鹿児島→屋久島(飛行機)
トータルで往復23,800円〜86,000円
※時期により変動あり
❷宿代宮之浦 民宿たけすぎ(朝夕食事付き)
2泊3日 16,000円
❸レンタカー(必要な場合)到着日〜2泊3日でレンタルして 
コンパクトカーで14,000円
※軽自動車で1日4,000円程度
❹ガイドツアーへの参加費
(参加する場合)
縄文杉トレッキング15,000円 
白谷雲水峡12,000円
レインウエアや登山靴のレンタル料2,700円(1泊2日)
❺滞在費
(食事代や入館料)
トレッキング昼弁当代 2日分 1,000円(500円×2)
縄文杉と白谷雲水峡への募金 1,500円
縄文杉へ行くために乗る『荒川登山バス』往復料金 1,380円
❻お土産代三岳の焼酎、箱菓子など、5,000円程度
合計金額
(大人ひとり 2泊3日)
100,780円〜154,580円
屋久島旅行 大人1人 2泊3日の場合 (1ヶ月前の予約)

※あくまで目安です。

屋久島旅行手配の便利リンク集

【参考】
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ
国内格安航空券・LCCの比較・予約なら【トラベリスト】
屋久島への高速船(トッピー&ロケット)

【安房】移住者がオススメする宿5選
【宮之浦】移住者がオススメする宿5選
【尾之間エリア】移住者がオススメする宿4選

屋久島空港前の便利なおすすめホテル3選

じゃらんの屋久島ガイドツアー予約
アソビューの屋久島ガイドツアー予約
屋久島のレンタカー

格安パッケージツアーの値段比較

以下は格安で屋久島旅行に人気の『ジェイトリップ(J-TRIP) 』と『HIS屋久島ツアー』の格安ツアーの価格比較です。
参考にしてみてください。

スクロールできます
旅行会社ジェイトリップHIS
交通手段飛行機(JAL)
+飛行機(JAC)
飛行機(JAL)
+リムジンバス
+高速船
屋久島の宿素泊まり
民宿いわかわ
食事なし
素泊まり
お任せ宿
食事なし
屋久島の宿グレード★★★★
縄文杉トレッキング
(ガイド付き・1名催行あり)
オプション
+11,000円
ツアー料金込み
トレッキングレンタル
(登山靴)
(レインウエア)
(ザック)
オプション
+3,800円
ツアー料金込み
リムジンバス料金
(鹿児島空港〜
鹿児島港への移動費)
必要なし現地で各自手配
+1,250円
交通+宿+トレッキング
+レンタル+送迎
ツアー料金:合計
58,100円/1名83,050円/1名
パッケージツアーの公式ページジェイトリップ
の公式ページへ
HIS
の公式ページへ

先に格安屋久島旅行の結論を申し上げます

なぜ、この2社比較なのかは、以下の記事で格安ツアー比較でご紹介していますが、

JAL便利用で格安でトレッキング付きなら『ジェイトリップ(J-TRIP)』が格安です。

LCC+高速船利用なら『HIS屋久島ツアー』です。

もし、ガイドなし現地フリーなら、『楽天トラベル』か、『じゃらんパック』で、格安な宿を選んでJAL便と一緒にするのが、結局一番お得かもしれません。(一人旅OK)

屋久島の良い宿がご希望なら『JALダイナミックパッケージ』 が他社旅行会社と比べても、一番お得のことがほとんどです。(現地フリー/一人旅OK)

実際の比較は以下でご紹介しています。

屋久島ひとり旅をお値打ちにしたいなら

縄文杉トレッキングコース

上述でもご紹介しましたが、屋久島へお一人でいらっしゃるなら、レンタカーも必要なく、登山アイテムのレンタルもできる、パッケージツアーの方が便利でお得といえます。

デメリットは、好みのガイドさんを選べなかったり、宿がある程度限定されてしまったりといった自由度が下がる点です。

少ないですが、一人旅OKのおすすめトレッキング付きツアー掲載しておきます。

HIS屋久島ツアー:一人旅限定ツアーあり。登山アイテムレンタルや送迎も付きます。JAL便のみならず、LCC+高速船ツアーの取り扱いもあります。

ジェイトリップ:オプションで好みのトレッキングを後付けするタイプ。縄文杉の貸し切りツアーがあるのはこちらのみです。JAL便利用でも格安です。(格安宿を選んだ場合)

クラブツーリズム国内ツアー:がっつりトレッキング〜森歩き程度のバス周遊プランまであります。募集型なので、日程が合せられる方に。

一人旅の仕方やおすすめツアー比較はこちら

それでは、費用の内容について、詳しくご紹介していきます。

❶屋久島への行き方と費用

屋久島空港

ということで、ざっくり屋久島観光旅行の費用の目安と、格安のパッケージツアーのご紹介をしました。

ここからは、それぞれの屋久島観光旅行の費用の目安の項目について、しっかり解説していきます。

後ほど、屋久島旅行のお得になるシーズンについてや、人気のモデルコースもご紹介しますので、参考にしてみてください。

コロナ禍で、只今、航空運賃が下がっています。ということで、結論を先に申し上げれば飛行機利用が格安となります。

『え?そうなの?』

ですよね。笑

まあ、一緒に見ていきましょう。

飛行機利用で『東京〜屋久島』の運賃見積もり

例えばですが、東京〜屋久島で飛行機利用なら、1ヶ月前の予約で、JALで探してみると、羽田→鹿児島が片道7,000円台〜28,000円台です。

さらに鹿児島→屋久島のJACが、片道4,900〜15,000円前後です。

なので大人1人往復で、23,800円〜86,000円前後です。(2022/4/14調べ)

屋久島への直行便は3つの空港から

ちなみに屋久島への直行便が飛んでいるのは、伊丹、福岡、鹿児島の3つの空港から。

航空会社は、JAL系の日本エアコミューター(JAC)のみです。

例えば東京〜屋久島なら、

『羽田空港』から『鹿児島空港』までの運賃

『鹿児島空港』から『屋久島空港』までの運賃

となるわけです。

鹿児島から屋久島への料金

高速船(トッピー&ロケット)屋久島 宮之浦港

鹿児島から屋久島への行き方は、3種類です。

  1. 飛行機(JAC)片道4,900円〜15,000円くらい
    フライト時間35分 JAL→JACは徒歩で乗り継ぎ
  2. 高速船(片道 11,600 円)
    鹿児島空港→鹿児島港 54分のバス移動(バス代1,300円)
    鹿児島港→屋久島港 乗船時間2時間30分程度
     
  3. フェリー(片道 5,200円)
    早朝8時30分出発のため鹿児島市内に前泊必要
    鹿児島港→屋久島港 乗船時間4時間

ということで、飛行機の予約を早くすれば、高速船より飛行機がお得。
しかも移動する労力や時間も少なく済みますので、翌日のトレッキングや観光にひびくこともありません。

屋久島への交通費用をまとめると

ということで、屋久島への行き方については、鹿児島経由で飛行機がおすすめとなります。

ここで交通機関と運賃について、結論を申し上げますと、飛行機(JAC)で75日前までに予約するのが屋久島の場合は最強。

なぜなら、高速船の片道料金より、JACの最安値の方が安いからです。

『労力や時間をかけても屋久島旅行は、さほど格安にならない。』というのが、筆者自身が、15年間、東京・名古屋と屋久島を往復し続けてきて分かったことです。^^;

参考

さらに各地からの詳しい行き方については、以下を参考にしてみてください。

【東京・大阪・名古屋・福岡・鹿児島・沖縄から屋久島への行き方 まとめ】

❷屋久島旅行の宿・ホテル代

屋久島 JRホテル

選ぶ宿によって予算が随分変わります。屋久島の宿は『ホテル』・『民宿』・『素泊まり』の3タイプ

1泊大人1人、ホテルなら2万〜30万くらい。

民宿なら4,000円〜。素泊まりなら3,000円ぐらいから。(幅ありすぎですね(^^;))

ちなみに、屋久島で一番多いのは民宿です。

宿のグレード(値段)で、屋久島旅行のトータル金額が大きく変わります。

ということで、同じツアーを選ぶとしても、選択するホテル・宿でかなりツアートータル金額が上下するということを知っておくとよいです。

それぞれの宿タイプや選び方や、『屋久島のおすすめ宿』をこちらでご紹介しています。

屋久島の宿のタイプと失敗しない選び方

❸屋久島観光の費用

屋久島 宮之浦 小原町バス停

屋久島は意外に大きな島。なのに、バスは1時間に1本程度。あとは、レンタカーかタクシーとなります。

屋久島島内の移動手段と交通費は必ず考慮に入れた方がよいでしょう。

一人旅ならバス移動も有効ですが、家族旅行ならレンタカーの方が安くなります

なので、屋久島にはレンタカー会社がたくさんあります。ちなみにレンタカーを借りると、軽自動車で1日4,000円くらいから

屋久島のレンタカーは、ハイシーズンは車がなくなることもあるので予約するのが賢明です。
予約しておくと、空港や港へお迎えに来てもらえるので便利。

【屋久島のバス・タクシー・レンタカー まとめてご紹介】

❹屋久島観光のガイドツアー費用(参加する場合)

屋久島 安房川 リバーカヤックツアー

屋久島では、トレッキング、カヤック、ダイビングなどアクティビティのガイドツアーが盛んです。

屋久島は、個人で運営するガイドショップが多いのも特徴です。個人ショップのよいところは、少人数性で細やかなサービスが行き届くところ。

ちなみに、パッケージツアーに組み込まれている『トレッキングガイドツアー』もあります。そちらは、少人数制ではないことが多いです。

とはいってもお値打ちなので、どちらがいいのかは、価値観によるかもしれません。


個人ショップの料金の目安は
縄文杉トレッキングで1日1人14,000円〜です。
白谷雲水峡で12,000円〜。
1泊2日の宿泊登山で45,000円前後。
また、カヤックは半日のものもあり、9,000円くらいから。ダイビングは1日14,000円前後。
ガイド料金は、あまり安いところは外した方が無難かも。

ガイドツアーに参加するとガイドショップによって、必要アイテムのレンタルがあったり、宿への送迎があったりします。

サービスはそれぞれ違いますので申し込むガイドショップへ確認しましょう。

参考

ちなみにトレッキングに必要なレインウエアや登山靴、ザックを島内のレンタルショップで1泊2日で借りると、2,700円くらいです。



❺屋久島観光の滞在費(食事代・募金・入場料)

安房 屋久杉自然館

屋久島のランチは割高

屋久島のランチは都会で食べるよりちょっと割高です。

ランチの定食で、1食1,000円くらいはかかります。
郷土料理となると1,500円〜5,000円ぐらいでしょうか。夜は宿に料理が付くならその方がいいかも。

安くおさえたい方は、お弁当が安くて美味しいのでおすすめです。
500円前後で、スーパーやお弁当屋さんで売られています。

ちなみに、屋久島にコンビニエンスストアはないのであしからず。^^;

屋久島協力金は入場料とは違います

屋久島には高額な入場料が発生する場所はありません。
例えばですが『屋久杉自然館』は600円。
『屋久島環境文化村センター』は520円です。
屋久島では海水浴場の使用料や滝の入園料などもありません。

ですので、都会のような入場料や入館料がかさむこともないです。

屋久島の駐車場料金は必要ないです

屋久島で駐車場の料金は、基本的にかからないので気にする必要はありません。

屋久島協力金は入場料ではないです

ちなみに縄文杉へは任意で募金を募っています。
日帰り登山の場合1,000円。宿泊登山で2,000円。
白谷雲水峡やヤクスギランド は500円です。
(白谷雲水峡やヤクスギランドは、入り口の管理棟で協力金を払うので入場料と間違えやすいですが、ちなみに入場料はありません。←厳密に言えば、払わなくてもいいってことですね ^^;)

❻屋久島旅行のお土産代

三岳酒造『愛子』と『三岳』セットで4,000円程度

屋久島のお土産といえば、芋焼酎の『三岳』や『愛子』でしょうか。一升瓶を抱き合わせで4,000円程度です。

それ以外には、屋久杉を使った工芸品や、サバ節、屋久島の特産品など、最近はおしゃれなお土産も増えてきました。

箱菓子は一箱1,000円〜2,000円。ということで、本土と同じ一般的なお土産価格かと。

屋久島のおすすめのお土産とお店 まとめ

屋久島観光のベストシーズンと安い時期

屋久島 白谷雲水峡 

『屋久島のベストシーズンっていつなのかな?』

『いつ行くのがお得?』

屋久島は南の島ゆえに、『ベストシーズン』が分かりにくいですよね。

屋久島のベストシーズンは、

  1. 屋久島のベストシーズンは、3月頃〜5月下旬の梅雨入り前まで。
  2. 7月上旬の梅雨明け〜11月中旬くらいまで。

です。(結構長い^^;)

ちなみに、縄文杉トレッキングは年間を通してできます。

屋久島のベストシーズンについては、屋久島観光の時期っていつ?【ベストシーズン季節ごとまとめ】で詳しくまとめています。

そうなんです。屋久島は年中トレッキングできるのです。

ですが、いつでも荒天になる可能性もある屋久島です。^^;

荒天になれば、当然トレッキングはできません。

ですので、荒天になりやすい時期が屋久島旅行の安い時期となります。

屋久島旅行の安い時期は梅雨時期と冬

ということで屋久島のお得なシーズンは、6月の梅雨時期。

また、11月下旬〜2月中は積雪の可能性がありますので、このあたりもオフシーズンです。

ですので梅雨時期&冬時期に屋久島へ行けば、屋久島旅行の費用を抑えることができます。

冬の屋久島については、屋久島の冬ってどうなの?【格安ツアー情報・縄文杉トレッキング・観光・年末年始】をご覧ください。

また、屋久島の『梅雨は入り』と『梅雨明け』はいつ?6月に旅行するメリット・デメリットも参考になるはずです。

参考

こちらのブログ「屋久島ファン」では、荒天時に対応のよい、また、手間もかからないJALのツアーをおすすめしています。

屋久島かんたん観光マップ

クリックできます

屋久島の観光といえば

  1. 樹齢7200年ともいわれる『縄文杉』。
  2. 映画もののけ姫の舞台モデルになったといわれる『白谷雲水峡』。

の2箇所が有名どころです。

『でも、その他って何があるの?』

ですよね。

ということで、かんたんに屋久島の観光スポットを知ることのできるページをつくりました。

屋久島 1泊2日のモデルコース

屋久島 縄文杉コース トロッコ道

屋久島へ1泊2日で行くこともできなくはないですが、縄文杉トレッキングはできません。

なぜなら、縄文杉へは、早朝5時頃には、ホテルを出て、荒川登山口に6時くらいから歩きはじめないと、日帰りで行って帰ってくることができないからです。(縄文杉トレッキングは往復10時間のロングトレッキング)

せっかく屋久島までくるなら1泊はもったいない?

もし、縄文杉へ行かなくてもOKなら、1泊2日で行くことも可能ですが、せっかく屋久島まで来るのに、1泊だけでは滞在時間が短くて、ちょっともったいないかもしれません。

もちろん、それを承知の上で『1泊2日で!』という場合は、『1泊で行けるモデルコース』と『1日で回れるドライブコース』をご紹介します。

一緒に1泊2日で簡単に屋久島観光できる格安ツアーを掲載しておきます。

トレッキング付きの1泊2日ツアー

\登山アイテムのレンタルや送迎付きで便利・一括申し込みで手配が終わます/

参考

屋久島 2泊3日のモデルコース(ガイドなし)

白谷雲水峡 太鼓岩からの眺め

屋久島へは、2泊3日で来るのが一般的です。

なぜなら、メインの縄文杉トレッキングが、早朝5〜6時から夕方16時〜19時くらいまで丸一日かかるからです。

ですので、屋久島入りした当日に縄文杉トレッキングはできませんし、縄文杉へトレッキングした日も、下山後に出島できる交通がないので、翌日に出島となります。

だから、縄文杉トレッキングをする場合は必ず『2泊3日』になります。

『じゃあどういう日程になるの?』

ですよね。^^;

屋久島の人気の2泊3日のモデルコース(ガイドなし)

ということで、こちらの記事で屋久島で人気でもっともポピュラーなモデルコースを屋久島はじめてにぴったり【2泊3日】トレッキングモデルコース(ガイドなし)でご紹介します。

現地ガイドツアーなしでも行けるように準備するべきことも、全部盛り込みました。

屋久島の縄文杉へ行かない2泊3日のモデルコース(ガイドなし)

縄文杉トレッキングが人気の屋久島ですが、みんながみんな縄文杉へ行くわけではありません。

そんな場合の動き方は屋久島2泊3日 モデルコース(白谷雲水峡のんびり森歩きタイプ)でご紹介しています。

筆者も初屋久島は、縄文杉トレッキングはしませんでした。

安房を拠点にしたお子様連れにおすすめの2泊3日のモデルコース(ガイドなし)

『縄文杉トレッキングもしたいけど、おチビさんがいるからなー』という場合もありますよね。

また、『ウチのお父さんもうそんなに歩けないのよね。』ってことも。

そんな場合は、舗装されたコースがある『ヤクスギランド』がおすすめです。

ガイドなしの屋久島ツアーはこちらの3社がおすすめ

屋久島 淀川

屋久島へは、JAL便利用で『飛行機+宿』のパッケージツアーにするのがおすすめです。
なぜなら、屋久島直航便はJAL系なので、乗り継ぎや、手配はJALに統一が便利でラクだから。

お値段も個人手配と同じか、お得かくらいです。

しかも、屋久島のすべての交通に多い欠航時の対応がよいので、『鹿児島入りしてから高速船が動いておらず旅行を諦める』とか、『鹿児島で一泊しなくてはならなくリスク』を軽減できます。

屋久島旅行の費用をお値打ちにするポイント

屋久島旅行の費用をお値打ちにするポイントは、上述の通り、ホテルのグレードを下げることと、早く予約することです。

JALダイナミックパッケージ楽天トラベルじゃらんパックの3社なら、直航便に多い欠航、遅延、キャンセル対応が良くて安心です。(現地フリー)

ガイドなしのおすすめの屋久島ツアー3社

屋久島の『ガイドなし』のおすすめ現地フリーツアー
  • JALダイナミックパッケージ:【直行便/ 一人旅】JALの飛行機と宿を自由に組み合わせて予約できるツアー。1人から参加可能。宿のラインナップは少ないけど良い宿で安心。
  • 楽天トラベル:【直行便/ 一人旅/格安】宿とJAL便をセットツアーにして、『JAL楽パック』にできます。格安宿を選べば、JAL利用でも格安ツアーにできる。楽天ポイント割引利用可能。ラ・クーポンで割引可。
  • じゃらんパック:【直行便/ 一人旅/格安】楽天と同じく『格安宿+JAL便』で格安屋久島ツアーに。クーポン割引あり。ポンタポイントやじゃらん限定ポイント、dポイントなども利用可能。

おすすめ2泊3日屋久島ツアー(トレッキング付き/車なしOK/観光)

JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き)

もし、縄文杉や白谷雲水峡へトレッキングをするなら、パッケージツアー参加が便利です。

『自分で現地ガイドさんを選びたい』とか、『どうしても泊まりたい宿がある』とかでなければ、

自分でレンタルや交通手段を調べる必要のない、パッケージツアーが時短&便利です。

しかも多くは個人手配よりお得になります。(早くそれを言え!?^^;)

また、以外にトレッキング当日の送迎がついたり、お弁当の手配が頼めたりするのも助かります。

トレッキング付きのおすすめ屋久島ツアー4社

縄文杉トレッキング付きおすすめ屋久島ツアー
  1. JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き)【トレッキング付き/全国空港対応】限定企画ツアー。高級ホテル〜おすすめ宿でトレッキング付きや貸し切り縄文杉ツアーならお値打ち。現地フリーと同じく欠航時の対応はピカイチ。
  2. HIS屋久島ツアー【トレッキング付き/ 一人旅】縄文杉のみならずその他の屋久島観光ツアーもあります。送迎や登山アイテムのレンタルあり。高速船やLCCとの交通との組み合わせツアーにも対応。
  3. ジェイトリップ【トレッキング付き/直行便/ 一人旅/格安】縄文杉トレッキング付きのJAL便利用の格安ツアー。送迎や登山アイテムのレンタルあり。オプションでレンタカーも選べます。欠航時はポイントで全額保証あり。
  4. クラブツーリズム【トレッキング付き/バス周遊プラン】森歩き+バス周遊プランを探すならこちら。網羅的に観光スポットを巡れる。縄文杉トレッキング付きツアーもあります。お子様連れや高齢の方に。

屋久島旅行の手配に必要なリンク集

屋久島旅行手配の便利リンク集

【参考】
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ
国内格安航空券・LCCの比較・予約なら【トラベリスト】
屋久島への高速船(トッピー&ロケット)

【安房】移住者がオススメする宿5選
【宮之浦】移住者がオススメする宿5選
【尾之間エリア】移住者がオススメする宿4選

屋久島空港前の便利なおすすめホテル3選

じゃらんの屋久島ガイドツアー予約
アソビューの屋久島ガイドツアー予約
屋久島のレンタカー

さいごに:屋久島観光の費用はトータルで下がるパッケージツアーがお値打ちです

いかがでしたでしょうか。屋久島旅行の費用の目安についてご紹介しました。

屋久島旅行に2泊3日は少しタイトな日程です。できるだけ効率よく行動したいですね。

効率よくのポイントは、『JAL飛行機利用』+『レンタカーを借りる or 送迎付きガイドツアーに参加する』です。

交通費だけを安くという裏技的な方法が屋久島はできません。

そして、欠航リスクがついてまわるということも、屋久島ならではでしょう。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってくださいね。

こちらの記事が皆様のお役に立てば幸いです。

屋久島ファンの人気記事

  • URLをコピーしました!

屋久島ファンの人気記事

タップできる目次