今なら 2019/11/28まで 『やくしま応援割引』で最大15,000円引き!詳細はこちら

屋久島への行き方(東京/大阪/名古屋/鹿児島/沖縄から)

屋久島空港 JAC

東京、大阪、名古屋、鹿児島、沖縄から屋久島への、アクセス方法をご紹介します。

飛行機の行き方では、各エリアの空港と飛行機ごとに、乗り換えの仕方や、注意点、メリットなどもご紹介します。

また、屋久島へのフェリー詳細や、高速船、その他のアクセス方法についても詳しくご紹介します。

以下の目次より、希望の出発エリア、内容をお選びください。

東京から

飛行機

東京からは、最も便数のある鹿児島経由がおすすめ。それぞれの航空会社のメリット、デメリットや、屋久島直航便に多い遅延や欠航についての対応策もご紹介します。 【東京から屋久島へ】行き方 飛行機(羽田/成田)おすすめ鹿児島経由のご案内

フェリーと自家用車

東京からは残念ながら屋久島へのフェリーはありませんが、大阪から鹿児島を経由して屋久島へ行くことができます。自家用車も乗せて行くなら、屋久島ではレンタカーいらずで便利。
【東京から屋久島へ】行き方(フェリー&自家用車)

大阪から

飛行機

大阪国際空港(伊丹)と関西国際空港利用で、『直航便』、『JAL』、『ANA』、『LCC』の、4つの飛行機のアクセス方法を比較してみました。どちらの空港から、どの航空会社を利用するか迷う方へ。
【大阪〜屋久島】飛行機でのアクセス比較(直航便/JAL/ANA/LCC)

新幹線・高速バス・フェリー

ザックリ飛行機以外の交通機関で、屋久島への行き方を知りたい方へ。フェリーのみのアクセス方法詳細は以下をご覧ください。利用『フェリーは、フェリーさんふらわあ』と『フェリー屋久島2』を乗り継ぎます。
【大阪から屋久島へ】行き方『新幹線・高速バス・フェリー』

大阪港からフェリーのみで屋久島への行き方

大阪港から屋久島へのフェリーは、残念ながら出ていません。大阪港からは、鹿児島の『志布志港』へ到着した後、陸路で屋久島へのフェリーが発着する『鹿児島本港』へ移動し、乗船するしかありません。

【大阪から屋久島】『フェリーさんふらわあ』でのアクセス方法を詳しくご紹介!

名古屋から

飛行機

ご紹介する3つのルートから、自分にあったものを選ぶのが、名古屋発はポイントとなります。『なぜ、セントレア発以外の空港利用が必要なのか?』ということもご説明します。
【名古屋〜屋久島】の行き方 おすすめ3ルートをご紹介 飛行機(JAL/ANA/LCC)

新幹線・高速バス・フェリー

飛行機を利用しない場合は、必ず鹿児島経由になります。鹿児島中央駅に到着後は、高速船ターミナルが近いです。また、鹿児島市内観光も可能。時間的に余裕のある方に。
【名古屋から屋久島へ】行き方 鹿児島経由『新幹線・高速バス・フェリー』

鹿児島から

飛行機、高速船、フェリーの比較

この3つが鹿児島から屋久島へ渡る交通機関です。所要時間や、運賃、メリット、デメリットについて比較してますので、検討したい方はぜひ参考にしてみてください。
【鹿児島から屋久島】行き方❶飛行機❷高速船❸フェリーを比較してご紹介

高速船(トッピー&ロケット)の詳細

高速船を利用する方へ。意外に知られていない注意点や、予約がない場合や、キャンセル待ちについてもご紹介します。
乗ってみての感想、高速船ターミナルの写真など、初めて利用する方に役立つ情報を盛り込みました。
レビュー【屋久島の高速船】予約なしの場合・注意点・ターミナルのご案内!

鹿児島空港から高速船ターミナルへ

飛行機から高速船への乗り継ぎの仕方です。迷わず乗り継ぎできるよう、写真付きでご紹介します。鹿児島空港すぐ前のバス停から高速船ターミナル行きバスに乗車できます。
【鹿児島空港→バス→鹿児島港】飛行機から高速船への乗り換えの仕方

沖縄と鹿児島からのフェリーについて

島々を巡りながら屋久島も経由するルートです。屋久島から鹿児島へ戻る場合は、別の交通機関を利用することになるので、そのあたりの情報も知っておきましょう。
【沖縄/鹿児島から】屋久島へフェリーでのアクセス方法(乗り場・運賃・時間・注意点)

屋久島への航空券を探すヒント

お値打ちに屋久島への航空券を探すなら、試したい4つの方法をご紹介します。ちょっとした工夫でお得になるなら嬉しいですよね。とにかく屋久島へ行くには、いえ、屋久島旅行全体の予算を下げるには、JACがポイントです。
【屋久島の航空券】格安を探すなら試したい4つのこと

まとめ

いかがでしたでしょうか。東京、大阪、名古屋、鹿児島、沖縄からのアクセス方法についてご紹介しました。

屋久島への直航便は、どの交通機関も遅延や欠航が多いので、『もし、欠航した場合にどうするか?』ということを、先に決めておくとよいです。

また、前日あたりから事前にネットで、運行情報をチェックしておくこともおすすめです。早めの対応で諸々のロスを避けることができます。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってください。