MENU

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

現地遊び体験のクーポン

  • じゃらん 遊び・体験の割引クーポン
    じゃらんの遊び体験の割引クーポンの頻度は2週間に1度程度。取得したクーポンはマイページに残るのでまずは取得するべし。
  • アソビューの割引クーポン
    テーマパークや日帰り温泉、エステ、映画館などの割引チケット多数。屋久島だと水系アクティビティが強い。
  • アクティビティジャパンの割引クーポン
    日本全国の様々なアウトドアスポーツ・文化体験を予約できるサービス。屋久島なら釣りがおすすめ。
  • kkdayの割引クーポン
    国内・世界各国の交通パスや周遊チケットWi-Fiレンタル、Simカードなどが格安価格で簡単予約できる。台湾本社の旅行系ベンチャー企業が運営。
JALタイムセール限定 割引クーポン 詳しく見る

屋久島への行き方

屋久島への直行便は、

  1. 大阪(伊丹)空港
  2. 福岡空港
  3. 鹿児島空港

の3つの空港から就航しています。

以下の地図でご確認ください。

また、屋久島へ直接アクセスしている交通は、

  1. 飛行機(JAL系のJAC日本エアコミューター)
  2. 高速船(トッピー&ロケット)
  3. フェリー(屋久島2)

の3種類です。

以下の地図は、鹿児島空港と鹿児島中央駅と、鹿児島港(本港)の位置関係と、屋久島までのおおよその時間、運賃を以下の図で表しました。

ということで、全国各地からのルート比較や、飛行機での行き方、またフェリーや高速船を利用した場合の行き方と、筆者が実際に利用してみての注意点を以下にご紹介します。

新幹線、車などを利用した行き方もありますので、色々な行き方を比較検討するのに役立つかと思います。

もくじ

東京から【屋久島への行き方】

東京からは、飛行機利用か、自家用車+フェリー利用となります。

鹿児島経由の場合、鹿児島→屋久島が飛行機と高速船とフェリーと3つ選べますが、結論としては飛行機を利用してください。

東京から屋久島へ飛行機での行き方(JAL/ANA/LCC/直行便)

↓↓↓東京と屋久島とを10年以上往復しつづけてきたある意味結論です。

東京から屋久島の縄文杉への行き方

↓↓↓屋久島へ到着してから縄文杉まではどうするんだろ〜?と思ったら。縄文杉到着までを考えて行き方を考えるべし。

東京から屋久島へ「車&フェリー」での行き方

↓↓↓時間が3日〜4日くらいかかっても良ければ、楽しい行き方です。

東京発のおすすめ屋久島ツアー紹介(格安ツアー紹介あり)

↓↓↓東京発の屋久島ツアーはこちら。

大阪から【屋久島への行き方】

大阪からは、飛行機、新幹線、高速バス、フェリーの方法で行くことができます。
飛行機の『伊丹発直行便』以外は、全て鹿児島経由となります。

伊丹から直行便利用の場合

当然ですが、直行便利用が一番おすすめの行き方です。欠航リスクが一番ないです。ただ、1日1便で席数が少なく、ハイシーズンはお値段が高い。(でもオフシーズンは安い)

伊丹からJALorANAで鹿児島経由

このルートのメリットは、発着便が1日5便前後あること。

関西国際空港利用で鹿児島経由で高速船利用

大阪エリアからの場合は、伊丹空港から屋久島直行便(JAC日本エアコミューター)利用か、JAL・ANA便利用(ほぼ同じ料金)かになります。

↓↓↓LCCをもし利用するなら注意点があります。

大阪から屋久島へ「フェリー」での行き方

↓↓↓フェリー利用の場合は、大阪港でさんふらわあに乗船→志布志港からバスか自家用車で移動→鹿児島港でフェリー屋久島2に乗船→屋久島宮之浦港到着となります。

大阪から屋久島へ「新幹線 or 高速バス or フェリー」での行き方

↓↓↓大阪から屋久島へ行く場合、飛行機を使わないとなると、新幹線や高速バスを利用するか、大阪港からフェリー『さんふらわあ』を利用するかになります。

結論を言ってしまえば、大阪エリアの方は伊丹から直行便に乗ってしまうのがおすすめです。

大阪発のおすすめ屋久島ツアー

↓↓↓大阪発のルートに合わせて、おすすめの屋久島ツアーを紹介しています。

名古屋から【屋久島への行き方】

名古屋から屋久島への3つの飛行機ルート

名古屋から屋久島へは、主に3つのルートが考えられます。

  1. ANAかLCC→鹿児島経由でJACに乗る。(セントレアに近い方におすすめ)
  2. 伊丹まで行く→直行便JACに乗る。(名古屋より西エリアにお住まいの方に)
  3. 名古屋空港(小牧)→福岡経由でJACに乗る。(名古屋空港まで車でアクセスできる方に)

なぜこのご案内なのかといいますと、セントレアからJALが出ていないからなんです。

でも屋久島への直行便はJAL系のJACしか飛んでいないので、JAL便の就航がある名古屋(小牧)空港の話が出てくるワケですね。

名古屋から屋久島へ飛行機/フェリー/ANA/新幹線での行き方

↓↓↓セントレア利用ならANA便→JAC。新幹線利用なら鹿児島からは高速船となります。

名古屋発のおすすめ屋久島ツアー

↓↓↓セントレアからJALの就航がないので、名古屋発の屋久島ツアーが少ないですが、名古屋発の屋久島ツアーをご紹介します。

福岡から【屋久島への行き方】

結論を先に申し上げるとすれば、JACの直行便に乗るか、JAL+JACがおすすめです。

福岡から屋久島へ「飛行機 ANA・LCC」での行き方

↓↓↓飛行機利用で福岡発なら、屋久島への直行便JAC(日本エアコミューター)か、鹿児島を経由して屋久島入りするか、のどちらかになります。

福岡から屋久島へ「飛行機/高速船/フェリー」での行き方

↓↓↓福岡から直行便利用の場合と、鹿児島経由で高速船を利用する場合を比較して、メリット・デメリットをご紹介しています。

福岡発のおすすめ屋久島ツアー

↓↓↓福岡発の屋久島ツアーをご紹介します。

鹿児島から「屋久島への行き方」

『飛行機、高速船、フェリー』この3つが鹿児島から屋久島へ渡る交通機関です。
この3つの比較をします。(時間・運賃・便利度)

鹿児島から屋久島へ「飛行機・高速船・フェリー」での行き方

↓↓↓結論は、飛行機で75日前予約が一番安くて早くて便利。高速船より安いのは驚きです。

高速船の利用の仕方【鹿児島から屋久島へ】

↓↓↓高速船は船旅感はないです。メリットは直前でも値段が上がらないことと、比較的空いていること。(学生の移動があったりすると、満席になるので予約必須です。)

フェリーでの行き方とツアー【鹿児島から屋久島へ】

鹿児島からのフェリーは、フェリー屋久島2と、フェリーはいびすかすの2つのフェリーが運行しています。

基本は、朝8時30分に出港するフェリー屋久島2を利用します。

注意点としては、朝8時30分までに遠方から鹿児島入りすることが、難しいということです。公共交通機関は動いていませんので、最寄りの鹿児島市内のホテルに前泊することになります。

鹿児島空港から高速船ターミナルの乗り換え方法

鹿児島空港から鹿児島港までは空港バスが出ており、空港前のバス停から乗車することができます。

時間にして54分、料金は片道1,400円です。

↓↓↓どのような流れなのかを実際の場所の写真をつけてご紹介しますので、予習したい方は【鹿児島空港→バス→鹿児島港】飛行機から高速船への乗り換えの仕方 をご覧ください。

鹿児島発のおすすめ屋久島ツアー

↓↓↓各地から鹿児島まで来て、屋久島トレッキング付きツアーへ参加するという方もいらっしゃいます。

沖縄から屋久島へフェリーでの行き方

沖縄から屋久島へフェリーを利用するなら『マルエーフェリー』を利用し、奄美大島などの島々を巡りながら屋久島にも寄ることができます。

↓↓↓ですがなぜか、屋久島から沖縄へは、フェリーも飛行機も就航していないため、鹿児島へ行ってから沖縄へ行くことになります。^^;

岡山から【屋久島への行き方】

岡山から屋久島への行き方ルート地図

↓↓↓岡山から屋久島へ行く場合は、岡山空港から鹿児島空港へ行き屋久島直行便JACへ乗り継ぐのが、一番時間的自由度が高く、乗り継ぎもラクです。

北海道から「屋久島への行き方」

↓↓↓北海道から屋久島へ行くには、屋久島への直行便の出ている、大阪国際空港(伊丹)、福岡空港、鹿児島空港の3空港を利用することになります。

安い行き方を探す方法

屋久島 白谷雲水峡

屋久島への安い飛行機チケット探すために試したい4つの方法とは、

  1. 屋久島への直航便を早く予約する。
  2. 飛行機が安い時期に旅行できるかを考えてみる。
  3. 安い料金の空港へ変えられるか考えてみる。
  4. パッケージツアーを考えてみる。

とにかく屋久島へ行くには、いえ、屋久島旅行全体の予算を下げるには、直行便JACがポイントです。

JAC(直行便)は、75日前の予約が格安です。

そして、オフシーズンも狙い目。

もしくは、出発空港をマイナー空港へチェンジする方法も。

でも、それが難しいなら、パッケージツアーにしてしまう方法もあります。

こんなことを申し上げると、もともこもありませんが ^^;

屋久島は『行き方だけを安くするということが難しい島』なのです。

ですので、『屋久島の旅行全体で予算を下げる』という視点に切り替えた方が、結局出費を抑えられます。

更に詳しい屋久島の安い行き方については、【屋久島旅行】格安を探すなら試したい 4つの方法とは?をご覧ください。

フェリーでのアクセス方法

屋久島 宮之浦港 フェリー乗り場
屋久島 宮之浦港 フェリー乗り場

各地からフェリー利用するには、大阪港からの『フェリーさんふらわあ』で鹿児島志布志港へ行き、陸路で鹿児島港へ移動したのちに、鹿児島港から「フェリー屋久島2」に乗ることになります。

ちなみに、屋久島へ直接乗り入れているフェリーはフェリー屋久島2か、フェリーはいびすかすのみになります。

残念ながら、東京や名古屋からは出ていません。また、前泊が必須条件となりますので、その辺りを考慮に入れて旅の計画を立てましょう。

さらに詳しくは 各地から屋久島へ フェリーでの行き方 をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。東京、大阪、名古屋、鹿児島からのアクセス方法についてご紹介しました。

屋久島への直航便は、どの交通機関も遅延や欠航が多いので、『もし、欠航した場合にどうするか?』ということを、先に決めておくとよいです。

また、前日あたりから事前にネットで、運行情報をチェックしておくこともおすすめです。早めの対応で諸々のロスを避けることができます。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってくださいね。

こちらの記事が皆様のお役に立てば幸いです。

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

現地遊び体験のクーポン

  • じゃらん 遊び・体験の割引クーポン
    じゃらんの遊び体験の割引クーポンの頻度は2週間に1度程度。取得したクーポンはマイページに残るのでまずは取得するべし。
  • アソビューの割引クーポン
    テーマパークや日帰り温泉、エステ、映画館などの割引チケット多数。屋久島だと水系アクティビティが強い。
  • アクティビティジャパンの割引クーポン
    日本全国の様々なアウトドアスポーツ・文化体験を予約できるサービス。屋久島なら釣りがおすすめ。
  • kkdayの割引クーポン
    国内・世界各国の交通パスや周遊チケットWi-Fiレンタル、Simカードなどが格安価格で簡単予約できる。台湾本社の旅行系ベンチャー企業が運営。
  • URLをコピーしました!

カテゴリメニュー

ここからは観光旅行ブログ「屋久島ファン」のカテゴリーメニューをご紹介します。

屋久島ツアー 関連情報

各旅行会社が「独自割引クーポン」を出していますので先にチェックを。旅行会社セール情報もあります。>>割引クーポンとセール情報

屋久島のツアー(交通+宿)は、屋久島旅行に強い(力を入れている)旅行会社がおすすめです>>屋久島ツアー比較

屋久島へどの交通でどのルートがいいのかが分からない場合に。交通手段の比較や注意点も盛り込みました。>>屋久島への行き方

希望のホテルを探したい方のために、屋久島ホテル情報をご紹介します。>>おすすめホテル・宿

屋久島 観光情報

全て屋久島の現地に足を運び、撮影した写真と体験記事です。屋久島旅行計画や滞在にぜひお役立てください。>>屋久島の観光

縄文杉や白谷雲水峡など日帰り登山の持ち物や服装、また注意点、ルート、難易度などをご紹介します。>>トレッキング

屋久島 現地情報

屋久島島内のランチや食事スポットやカフェと実食レビューです。>>食事/カフェ/パン屋

おすすめのお土産とお土産屋さんのご紹介です。>>おみやげ/お土産屋さん

屋久島旅行の手順

屋久島旅行計画を考える順番に沿って、必要情報の紹介記事を並べてみました。

屋久島旅行の手順を見る(クリックしてください)
STEP
屋久島へ行く日程を決める

屋久島へ「いつ」「何日間」行くかを決めましょう。トレッキングは年中可能です。(積雪時以外)海水浴は6月〜9月いっぱいまで。

屋久島のベストシーズン

屋久島の年間の天気や雨の特徴と気温

屋久島旅行には何日必要かを解説

屋久島のモデルコース(2泊3日〜3泊4日)

STEP
屋久島滞在で何をするかを決める

屋久島はトレッキングが人気ですが、ダイビングやカヤックもいいですし、ウミガメ観察や滝巡りもおすすめ。最近は、ワーケーションやプチ移住など長期滞在も人気です。

屋久島の観光スポット紹介

屋久島で何ができる?アクティビティ紹介

屋久島の日帰りトレッキング難易度の紹介

屋久島トレキングに必要な情報

STEP
宿泊するエリアを決める

屋久島は広く移動時間に時間がかかるため、何をするかによって最適エリアが決まります。また、屋久島ならではのサービスや気をつけたい点なども知っておくと宿選びを間違いません。

屋久島のエリア紹介

屋久島滞在の予備知識

屋久島のホテル紹介

屋久島の交通(移動手段)

屋久島旅行をお得に予約

屋久島旅行の手配に必要な交通、ホテル、ツアーなどを予約できるリンクをまとめました。

屋久島旅行予約ページへ>>

もくじ