★JALの割引クーポンあり★ おすすめの 屋久島 ツアー (ホテル+交通)紹介

【屋久島への行き方】飛行機・フェリー・高速船 etc 詳しくご紹介!

屋久島空港 JAC

東京、大阪、名古屋、福岡、鹿児島、沖縄からの、『屋久島への行き方』をご紹介します。

それぞれのルート比較や、飛行機、船、新幹線、自家用車などの比較もしてみました。

筆者自身の『利用してみてのレビュー』も参考になるかと思います。

目次から『出発するエリア』と『希望の交通機関』を選択してご覧ください。

私が作成してます

ツキシマアサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。10歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンについて >>

1、東京から【屋久島への行き方】

東京からは、飛行機利用か、自家用車+フェリー利用となります。
鹿児島経由の場合、鹿児島→屋久島についても記事内でご紹介します。

東京から飛行機

【東京から屋久島へ】行き方 飛行機(羽田/成田)おすすめ鹿児島経由のご案内

東京から飛行機利用をさらに詳しく>>

東京から自家用車とフェリー

【東京から屋久島へ】行き方(フェリー&自家用車)

東京からフェリーと自家用車での行き方についてさらに詳しく>>

2、大阪から【屋久島への行き方】

大阪からは、飛行機、新幹線、高速バス、フェリーの方法で行くことができます。
飛行機の『伊丹発直行便』以外は、全て鹿児島経由となります。

大阪から飛行機

【大阪→屋久島】行き方比較(直行便/LCC/高速船)

【大阪→屋久島】行き方比較(直行便/LCC/高速船)>>

大阪から新幹線・高速バス・フェリー

【大阪から屋久島へ】行き方『新幹線・高速バス・フェリー』

【大阪から屋久島へ】行き方『新幹線・高速バス・フェリー』>>

大阪港からフェリーのみでの屋久島への行き方

【大阪から屋久島】『フェリーさんふらわあ』でのアクセス方法を詳しくご紹介!

【大阪から屋久島】『フェリーさんふらわあ』でのアクセス方法を詳しくご紹介!>>

3、名古屋から【屋久島への行き方】

名古屋からは、飛行機利用や新幹線、高速バスを利用します。フェリーの場合は大阪港から乗ることになります。

名古屋から飛行機

【名古屋〜屋久島】の行き方 おすすめ3ルートをご紹介 飛行機(JAL/ANA/LCC)

名古屋からの屋久島への飛行機利用は、主に以下の3つの方法になります。

  1. ANA→鹿児島経由でJACに乗る。(セントレアに近い方におすすめ)
  2. 伊丹まで行く→直行便JACに乗る。(名古屋より西エリアにお住まいの方に)
  3. 名古屋空港(小牧)→福岡経由でJACに乗る。(名古屋空港まで車でアクセスできる方に)

【名古屋〜屋久島】の行き方 おすすめ3ルートをご紹介 飛行機(JAL/ANA/LCC)>>

名古屋から新幹線・高速バス・フェリー

【名古屋から屋久島】の行き方『新幹線・高速バス・フェリー』なら鹿児島経由です。

飛行機を利用しない場合は、必ず鹿児島経由になります。鹿児島中央駅に到着後は、高速船ターミナルが近いです。時間的に余裕のある方なら、鹿児島観光も可能。

【名古屋から屋久島】の行き方『新幹線・高速バス・フェリー』なら鹿児島経由です。>>

4、福岡から【屋久島への行き方】

結論を先に申し上げるとすれば、JACの直行便に乗るか、JAL+JACがおすすめです。75日前までなら、高速船利用よりお値打ちなことが多いですし、もしものときの欠航リスクも最小限にできます。

福岡から飛行機

飛行機【福岡→屋久島】行き方比較「直行便」vs「鹿児島経由」

飛行機【福岡→屋久島】行き方比較「直行便」vs「鹿児島経由」>>

5、鹿児島から【屋久島への行き方】

『飛行機、高速船、フェリー』この3つが鹿児島から屋久島へ渡る交通機関です。
この3つの比較をします。(時間・運賃・便利度)結論は、飛行機で75日前予約が最強です。

鹿児島から飛行機、高速船、フェリーの比較

【鹿児島→屋久島】行き方❶飛行機❷高速船❸フェリーを比較してご紹介

【鹿児島から屋久島】行き方❶飛行機❷高速船❸フェリーを比較してご紹介>>

鹿児島から屋久島への高速船(トッピー&ロケット)の詳細

高速船トッピーレビュー【鹿児島→屋久島】予約なしの場合・注意点・ターミナルのご案内!

レビュー【屋久島トッピー 】予約なしの場合・注意点・ターミナルのご案内!>>

鹿児島空港から高速船ターミナルへ

【鹿児島空港→バス→鹿児島港】飛行機から高速船への乗り換えの仕方

【鹿児島空港→バス→鹿児島港】飛行機から高速船への乗り換えの仕方>>

6,沖縄と鹿児島から屋久島へフェリーでの行き方

屋久島への直接就航しているフェリーは、『フェリー屋久島2』と、『フェリーはいびすかす』があります。

また、期間限定ですが、『マルエーフェリー』が沖縄から屋久島へ寄港します。

【鹿児島発・沖縄発】屋久島へフェリーでのアクセス方法(乗り場・運賃・時間・注意点)

屋久島へフェリーでの行き方(鹿児島と沖縄から)>>

屋久島への行き方 イロイロ調べるのが面倒な方へ

屋久島への直行便は、飛行機なら鹿児島空港、伊丹空港、福岡空港からのみ。
フェリーと高速船なら『鹿児島発のみ』です。

あれこれ、行き方を思案する方に、

いきなり結論を申し上げるならば、

おすすめの行き方は、

全国どこからでも『飛行機(JAL)利用で、直行便利用 or 鹿児島経由』がおすすめです。

『え?なんで?』ですよね。(笑)

なぜなら、以下でご紹介する方法を、ほぼ全部やってみて、そう思ったからです。(そんな理由で納得できないかと思いますが。^^;)

屋久島へはJAL便利用がおすすめのワケ

屋久島空港 JAC(日本エアコミューター) 

ということで、もう少しJAL便利をおすすめする理由をご紹介します。

もし直行便利用なら、伊丹、福岡、鹿児島空港からのみとなります。

でなければ、

鹿児島を経由して、屋久島への直行便であるJAC(日本エアコミューター)へ乗り換えます。

75日前までなら高速船よりお得!?

もしチケットの予約が75日前までなら、JAC利用の方が高速船よりお値打ちな場合が多いからです。

※ お値段については、GW・お盆・SWは、逆に飛行機の値段が上がるので、ご自身の旅行時期で確認をしてください。

しかもJACはJAL系の会社です。旅行当日に、もしJACが欠航していた場合、出発空港で便の変更も可能なんです。

欠航の多い屋久島の対応策

なぜ、欠航の話がでてくるかというと、

屋久島直行便は、飛行機だけでなく、高速船、フェリー全ての交通の欠航が多いから。ですので、欠航リスクまで考慮に入れて利用交通を考える必要があるのです。

もっと言ってしまえば、JAL便利用ツアーにしておくと、台風などで屋久島入りさえできなかったとき、一括でホテルのキャンセルの手配も済んでしまいます。(条件を満たせば全額返金されます。)

ということで、それぞれの行き方の、メリット、デメリットや、体験談から得た注意点などを交えて以下では、各地からの『行き方』をご紹介します。

メモ

※行き方の確認をはしょって、『屋久島への最適な行き方』で、『欠航リスクを最小限に抑えたい』ならば、JAL・楽天・じゃらんの『ダイナミックパッケージツアー』がおすすめ。

『現地はフリー』で、屋久島ファンが『おすすめする宿』も選べます。

また、トレッキング付きで考えるなら『JALパック』がいいですよ。
おすすめホテル+登山アイテムあり+送迎付きでお値打ちです。(ツアー数が少ないので注意。)

前置きが長くなりました。m(_ _)m

それでは、『東京からの行き方』から順にご紹介します。

格安航空券を探すヒント

【屋久島旅行の航空券】格安を探すなら試したい4つのこと

お値打ちに屋久島への航空券を探すなら、試したい4つの方法とは、

  1. 屋久島への直航便を早く予約する。
  2. 航空券が安い時期に旅行できるかを考えてみる。
  3. 格安航空券が利用できる空港へ変えられるか考えてみる。
  4. パッケージツアーを考えてみる。

とにかく屋久島へ行くには、いえ、屋久島旅行全体の予算を下げるには、直行便JACがポイントです。

JACは、75日前の予約が格安です。そして、オフシーズンも狙い目。

でも、それが難しいなら、パッケージツアーにしてしまう方法も。

更に詳しくは以下をご覧ください。

【屋久島旅行の航空券】格安を探すなら試したい4つのこと>>

マイルで格安にする方法

JALマイルで屋久島へ【格安】で行く方法

『マイルは飛行機に頻繁に乗る人が貯めるもの。』そう思っていませんか?

実はマイルは、飛行機に乗らずとも貯められます。方法は、光熱費やスーパーでのお買い物、年金などの支払をJALカードにするだけです。

屋久島旅行で、JALを利用する方も多いはず。屋久島はそれなりに遠い島なので、マイルが貯まる場合が多いです。

ということで、屋久島旅行を機にマイルを貯め始めてみては。

特別なことをしなくても、JALカードを上手に利用すれば、毎年飛行機で旅行できます。しかも航空券は貯めたマイルです。

ちょっとした工夫と手間で、毎年旅行できるなんて・・・

ということで、具体的な方法とどのくらいお得になるのかは、JALマイルで屋久島へ【格安】で行く方法 をご覧ください。

屋久島への行き方 まとめ

いかがでしたでしょうか。東京、大阪、名古屋、鹿児島からのアクセス方法についてご紹介しました。

屋久島への直航便は、どの交通機関も遅延や欠航が多いので、『もし、欠航した場合にどうするか?』ということを、先に決めておくとよいです。

また、前日あたりから事前にネットで、運行情報をチェックしておくこともおすすめです。早めの対応で諸々のロスを避けることができます。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってくださいね。