屋久島の ★Go To トラベルキャンペーン★ はコチラ 

【屋久島】楠川温泉レビュー行き方もご紹介!

楠川温泉の県道から見た看板 右側が県道宮之浦方面  左側が楠川温泉への道

屋久島で温泉をお探しの方へ。

屋久島には温泉がいくつかありますが、今回はその1つである楠川温泉をご紹介します。

楠川温泉は、安土桃山時代より湯治温泉として利用されてきた歴史ある温泉。

神経痛や筋肉痛、五十肩、慢性消化器病、疲労回復などに効くアルカリ性単純温泉で、冷泉を温めて利用しています。

宮之浦からすぐなので、バスでもレンタカーでもぜひ立ち寄って見てくださいね。

屋久島 楠川温泉の行き方

楠川温泉の温泉施設

場所は宮之浦からバスで10分ほどの楠川地区にあります。
バス停は「湯の川温泉」で下車してください。県道から、向かって右側の道へ進みます。

そこから山の方へ5分ほど歩きます。1本道ですので道なりに進めば大丈夫です。

少し登って下った先に楠川温泉の駐車場が見えてきます。レンタカーならこちらに車を止めましょう。駐車場は無料です。

蛍の川、湯之河沿い、グリーンの小さな建物が楠川温泉の施設です。

向こう側に流れる湯の川は、5月から6月にかけてホタルが川面いっぱいになり、幻想的な世界を見ることができます。

入場料は大人300円、子供150円です。入り口を入ってすぐの窓口でお金を払います。

屋久島『楠川温泉』の施設の利用の仕方

休憩スペース 中は昭和な雰囲気 レトロな木の鍵付きロッカーがあります

靴を下駄箱に入れます。奥が女湯、手前が男湯です。トイレは窓口のすぐ左横にあります。

途中共同休憩スペースがあります。木のロッカーがなんともレトロです。

平日の昼間などは入浴する人が誰もいない場合もあり、完全貸切になることも。

地元の方がいるときは、休憩共同スペースは憩いの場になるようで、和やかに屋久島弁がとびかいます。

脱衣スペースもお風呂場も、5人でいっぱいというほどの小さな施設ですが、人がいないのであまり気になりません。

脱衣所は洗面台と鏡が1つづつ、また扇風機も1つあります。

お風呂場スペースは、洗い場にシャワーと蛇口が2箇所あります。

備え付けの石鹸は使ってもよいようですが、シャンプーなどはありませんので必要であれば持参しましょう。

女湯 脱衣スペース
楠川温泉 浴槽

お湯がぬるい場合は、蛇口から熱いお湯を足して温度を上げます。

まめに係りの方がお湯の調節をする訳ではないようなので、自分でもしくは、その他の入っている方たちと相談して調節します。

お湯の温度は時々によるようですが、温度が低めでもつかっているとじんわり体が温まるのが分かり、汗が出てきます。

また、アルカリ性の泉質で、肌がツルツルになります。

持病のある方は注意しましょう

楠川温泉駐車場の看板

持病がある方や妊娠中の方は、温泉に入る場合は注意しましょう。

温泉成分としては、日本ではさほど珍しくはない「アルカリ性単純温泉」です。

筆者からひとこと

楠川温泉は豊臣秀吉が全国を統一した時代から、湯治場として利用されてきた温泉です。

小さな古い温泉ですが、なんとものんびりしていて、ほっとさせられます。

娘はぬるいのに汗がたくさん出ると不思議がっていました。笑

古くから湯治湯とされてきたというのが納得の温泉なのです。

屋久島の温泉その他はこちら♪
【地図・レビューあり】屋久島の温泉9つ全部ご紹介!おすすめの日帰り温泉/海中温泉
屋久島の観光スポットはこちら♪
屋久島のおすすめ【観光スポット】滝/温泉/海/ドライブ/穴場 まとめ
屋久島の観光情報をまとめてご紹介♪