屋久島のおすすめカフェ『新・雪苔屋さん』へ行ってきました!

雪苔屋 手かき氷 豊島レモン

屋久島の宮之浦港、フェリーターミナルの2階にあった、雪苔屋さん。

『5月に一度クローズ』→『永久保でリニューアルオープン』とのことで、新しくなった雪苔屋さんをご紹介します。

緑に囲まれた素敵な場所に移られ、屋久島銘水の『手かき氷』や、自家焙煎の珈琲も変わらず美味しく、ますますくつろげるスポットに。

屋久島空港〜安房エリアを通るなら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

緑に囲まれた場所にカフェはあります。

永久保 雪苔屋 すぐ横に森があるすてきな場所。

場所は、屋久島の『安房(あんぼう)』のとなり、『船行(ふなゆき)』の『永久保(ながくぼ)』というエリアにあります。島をぐるりと一周する県道77、78号線から少し中に入ります。

カフェのすぐ横には森があり、静かで素敵な場所です。道が広いので車でも入りやすく、駐車場もあります。

屋久島には観光ポイントの『枕状溶岩』を見ることができる海岸があります。その海岸へ曲がる十字路を、逆の山側へ曲がったところです。

雪苔屋 ベンチがかわいいです。外でくつろぐのもいいですね。

雪苔屋店内

店内は窓が広くて、カウンター席からは緑が眺められる大きな窓があり、明るい雰囲気。

カウンター席の後ろにテーブル席も増える予定だとか。

お店の入り口付近には、テイクアウトも可能な焼き菓子が並びます。

焼き菓子のおやつは、マフィンやドーナツ、ケーキ、クッキーなど。

雪苔屋店内

雪苔屋メニュー

珈琲はペーパーとネルドリップと2つの種類があり、さらに冷たい珈琲、ミルク入りの珈琲も。

また、屋久島の森をイメージしたハーブティーは、ユーカリやマジョラム、ミントなどをブレンド。その他に『月のハーブティー』もあります。

豊島産無農薬の『自家製レモンシロップ』は炭酸やホットで楽しめ、そしてなんと種子島牛乳まで!

珈琲が好きな方だけでなく、苦手な方やお子さんにも嬉しいドリンクメニューです。

雪苔屋 メニュー

そしてやはり、雪苔屋といえば、屋久島の『銘水の手かき氷』です。

シロップは、『屋久島たんかん」や『屋久島すもも』、『屋久島パッションミルク』と屋久島のフルーツを存分に味わえる、雪苔屋さんならではのラインナップです。

『北海道のあずきミルク』や、『森のトロピカル』も気になります。また、手ごねパンのトーストもおすすめ。

雪苔屋 メニュー

この日いただいたもの

豊島レモンのかき氷

『豊島レモンのかき氷』は、レモンの果肉入りで、少し苦くて大人の味。といいつつ、苦いのが大の苦手なはずの娘が、シロップを最後の一滴まで飲み干していました。笑

いつもですが、雪苔屋さんの氷シロップは、いわゆる色のついたお砂糖のシロップとは、全く別もの。

氷もふんわりしていて、フルーツの香りと自然な甘さで、フルーツそのものを楽しむかき氷といった感じでしょうか。

雪苔屋 手かき氷 豊島レモン 550円

『ネルドリップ珈琲』と『きなことバナナのケーキ』

とにかく雪苔屋さんの自家焙煎珈琲は、一度味わってみてください。深入りで濃いのに、とてもまろやか。自家焙煎の豆もテイクアウトできます。

ケーキは生地の間にバタークリームと北海道産あずきがサンドされており、けっこうなボリュームなのに、あっという間に食べてしまいました。

伺えば、生地にはきな粉と黒糖とバナナが入っており、クリームはバタークリームだとか。意外にとてもあっさりしていたのに驚きました。あずきとのバランスも絶妙です。

ネルドリップ珈琲ときなことバナナのケーキ

雪苔屋 珈琲みるく(自家製アイス乗せ)

氷にみるくアイスが隠れているところが、心憎いです。珈琲シロップをかけて、さらに濃厚ミルクをかけます。

氷にかけると、珈琲みるくとはまた別の美味しさです。氷とアイスとシロップを、それぞれ配分を変えて味わうのも美味しくて楽しいですね。

シロップや氷が入る器にセンスが光ります。

雪苔屋 珈琲みるく(自家製アイス乗せ) 650円

雪苔屋の地図と行き方

行き方は、宮之浦、空港方面からであれば、県道77号を『枕状溶岩』上の看板すぐの十字路を右です。空港からなら10分ほど車で走ったところです。

安房方面であれば、『スロウ』のお店を越して少し進むと、左道脇に『枕状溶岩』の看板が下にあります。その十字路を左です。安房の街からは、車で5分ほどです。

パッション館の赤い看板が一番目印になるかもしれません。ちなみに、バス停なら『桑野』です。徒歩3分ほどなので、バスで行くのもありですね。

MEMO
雪苔屋
11時〜18時OPEN
金曜日+不定休

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、リニューアルしたカフェ『雪苔屋』さんをご紹介しました。

ぜひ、屋久島にいらっしゃったら、屋久島の銘水でつくったかき氷を食べてみてくださいね。かなり寒くなってもメニューにあります。

その他のグルメ記事はこちらからどうぞ♪
グルメ記事一覧