屋久島の ★Go To トラベルキャンペーン★ はコチラ 

【鹿児島から】屋久島へフェリーでのアクセス方法(乗り場・運賃・時間・注意点)

屋久島 宮之浦港 フェリー屋久島2

屋久島へ直接就航しているフェリーは鹿児島からのみ。フェリーの種類は2つです。

この2つのフェリーの乗り場・運賃・時間・注意点などをご紹介しながら、その特徴とアドバイスをします。

鹿児島から屋久島へコンスタントに就航しているフェリーといえば、

  1. フェリー屋久島2(折田汽船)
  2. フェリーはいびすかす(いわさきコーポレーション)

です。それではこの2つの乗り方と特徴を順に見ていきましょう。

私が作成してます

ツキシマアサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。10歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンについて >>

フェリー屋久島2(鹿児島〜屋久島)

フェリー屋久島2

『フェリー屋久島2』は毎日、朝8時30分に鹿児島港を出航して、12時30分に屋久島の宮之浦港へ到着するフェリーです

フェリーの中では片道4時間と1番早いです。

鹿児島から屋久島へ直接就航しているのはこちらだけ。

料金は片道5,200円。往復だと9,900円です。

追加料金が必要ですが、バイクや車、ペットを一緒に乗せることもできます。

『フェリー屋久島 2』の注意点

注意点は、朝8時30分に鹿児島港を出航するので、遠方から鹿児島へ到着してこの時間に間に合うようにフェリーに乗るのが難しいこと。

ですので、前泊が必要となります。

『フェリー屋久島2』に乗船するならおすすめの旅の仕方

鹿児島港と鹿児島中央駅や天文館のある繁華街が近いので(徒歩15分〜25分/バス20分)、その周辺に宿泊して翌朝『フェリー屋久島2』に乗船するのが、無理のない旅のプランといえるかもしれません。

鹿児島港周辺のホテルレビュー

屋久島からはお昼過ぎに出港

また屋久島から鹿児島へは、13時30分に屋久島宮之浦港を出発し、17時30分に鹿児島港に到着です。

ですので、鹿児島到着後は、どう動くかも考慮に入れる必要があるでしょう。

鹿児島市内に西郷どんの銅像や、生家があったりするので、鹿児島観光を絡めての旅行プランもいいかもしれません。

発着の場所と時刻発着の場所と時刻料金備考
鹿児島港 8:30発

屋久島 宮之浦港発 
13:30発
屋久島宮之浦港 
12:30着

鹿児島港 
17:40着
片道5,200円

 

往復9,900円

●車、自転車、ペットなど乗船可能。(料金別途必要)

 

●時間限定でうどん・そばの軽食あり。売店、マガジンコーナー、シャワー室あり。

詳しくは公式ホームページでご確認ください。
フェリー屋久島2【公式ページ】

フェリーはいびすかす(鹿児島〜種子島〜屋久島)

鹿児島中央駅

『フェリーはいびすかす』は、鹿児島の『谷山港』を18時に出航し、途中、種子島で船中泊し翌朝7時に屋久島宮之浦港へ到着するフェリーです。

鹿児島〜屋久島まで13時間、種子島では下船できません。^^;

『フェリーはいびすかす』の注意点

そして注意点は発着港が市内から遠い『谷山港』ということ。(中央駅〜谷山港 バスで片道46分)

こちらも車やバイクを乗せることができますが、先着10台程度と限定されていますので、この点も注意しましょう。

『フェリーはいびすかす』のメリット

『フェリーはいびすかす』の最大のメリットは料金が最安なこと。片道3,900円、往復7,800円です。

また、屋久島から鹿児島へ戻る場合は、朝8時10分に屋久島の宮之浦港を出て、谷山港へ14時40分の到着となります。

屋久島〜鹿児島の所要時間は6時間30分と、行きより短くなります。

14時40分に鹿児島へ到着できれば、その後、観光したり、新幹線などに乗り換えるということも可能ですね。

発着の場所と時刻発着の場所と時刻料金備考
鹿児島谷山港
18:00発

屋久島
宮之浦港
8:10発
屋久島
宮之浦港
 翌朝7:00着
 (種子島で船中泊 下船NG)

鹿児島
谷山港

14:40着
(種子島経由)
往路3,900円

 

往復7,800円

●車、自転車、ペット乗船可能。(先着10台程度。料金別途必要)

  ●売店・レストラン・アルコール販売、お風呂等の設備なし。自動販売機(カップラーメン、ジュース)あり。

詳しくは公式ホームページでご確認ください。フェリーはいびすかす【公式ページ】

宮之浦港から徒歩圏内のおすすめ宿はこちらでご紹介しています。
【宮之浦港】から徒歩圏内の『おすすめ宿5選』

鹿児島までフェリーで行くには

ふぇりーさんふらわあ

屋久島へは、鹿児島からしか、フェリーが出ていないことは分かったけど・・・

じゃあ、鹿児島港までフェリーで行くならどうやって行くの?

とういう方もいらっしゃると思います。

鹿児島港までもしフェリーを利用して行く場合は、大阪港から鹿児島の志布志港まで『フェリーさんふらわあ』が出ています。

残念ながら、到着港が同じ鹿児島でも違いますので、陸路で移動が伴います。

2020年現在、この方法しかありません。(;_;)

大阪港からの詳しいアクセス方法は、以下の記事をご覧ください。

【大阪から屋久島】『フェリーさんふらわあ』でのアクセス方法を詳しくご紹介!

まとめ

いかでしたでしょうか。屋久島へ行くフェリーについてご紹介しました。

フェリーの良いところは『のんびりなスピード。』

なんでも速いことがメリットの昨今ですが、逆に時間をたっぷり使ってのんびり旅を楽しむのも、ある意味贅沢な旅といえますね。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってください。
みなさまのお役に立てば幸いです。

各地からのその他の行き方は以下をご覧ください。