MENU
ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

JALタイムセール限定 割引クーポン 詳しく見る

【体験談】行く価値ある?志戸子「屋久島ガジュマル公園」観光スポットに行ってみた!

こちらでは志戸子(しとご)の屋久島ガジュマル公園の体験談と、行った方がいい場合と行かなくていい場合をご紹介します。

行かなくていい場合って・・・(笑)
ってことは、やっぱ行かなくていいの?

と率直に訊かれると、なんとも返答に困りますが・・・

まずは、どんなところかご紹介します!

メモ

ちなみに、仲間(なかま)は、南西部にあるガジュマルのことで、公園ではありません。屋久島のガジュマル公園は志戸子だけです。

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

タップできる目次

屋久島の観光スポット 志戸子「屋久島ガジュマル公園」について

志戸子ガジュマル公園入口

志戸子ガジュマル公園では、推定樹齢200年〜300年、高さ15メートルはあるという、「屋久島の島内一であるガジュマル」を見ることができます。

志戸子のガジュマルは、ガジュマル自生地の北限とされており、もともと防風林として植えられました。

防風林がガジュマルなんて・・・やっぱり屋久島は南の島なんですね。

ガジュマルとは

東南アジアを中心とした熱帯・亜熱帯に幅広く分布する常緑高木。【クワ科】
気根が地面に達して成長します。

枝先の葉の付け根につく球果(木がつける実)は、直径1cmほどになり、夏になると黒紫色に熟します。(いちじくを小さくしたような実)

志戸子ガジュマル公園の営業時間と料金

志戸子ガジュマル公園 営業時間と料金

  • 営業時間:8:00〜17:00
  • 料金 大人:240円 小・中・高校生:120円

屋久島ガジュマル公園は10分コースと15分コースがあります。

志戸子ガジュマル公園

志戸子ガジュマル公園を散策するには、10分と15分のコースがあります。

普通に歩くと5分で終わり。でも、植物についてのレクチャーを受けながらだと、1時間以上かかります。

その差は、何だ!?

志戸子ガジュマル公園

まるで、ジャングルの中に迷い込んだよう。でも、小道になっているので、サンダル履きでも大丈夫です。

夏は蚊がすごいので注意かも。

志戸子ガジュマル公園

ガジュマル以外にも、ハマビワ、モクタチバナなどの樹林、フトウカズラ、サクラランなども見ることができます。

さらに、クワズイモ、イシカグマ、オニヤブソテツ、タマシダ、シャリンバイ、トベラ、オオハマグルマ、キダチハマグルマ、テッポウユリ、ハマユウ、ウラジロフジウツキ、ハマウド、オイランアザミ、ハマヒルガオ といった、海岸の照葉樹林、広葉樹林植生の様子を観察することができます。

ということで、『植物が好き』な方や、これらの植物についてよく知っている人と一緒なら、楽しいのだと思います。

所々に、その植物の名前と説明書きの看板があるので、じっくり読みながら回ると、けっこう時間がかかるかと思います。

観光スポット ガジュマル公園のおすすめの場合とそうでない場合とは?

志戸子ガジュマル公園

志戸子ガジュマル公園へ行った方がいい人は、上述の通り、植物が好きな人でしょうね。(そりゃそうだ・・)

また、『縄文杉』と『白谷雲水峡』だけ行く方にもおすすめ。

屋久杉だけでなく、『南国ムードの森』も気軽に楽しみたいなら面白いと思います。

なぜなら、人気の縄文杉や白谷雲水峡のある森は、標高600メートルから1300メートルほど。

同じ屋久島ですが、森を彩る植物や樹の種類が変わりますので、同じ屋久島といえども森の雰囲気が全く違うんですよね。

本当は、ガジュマル公園より、屋久島西部にある西部照葉樹の森を歩く方が筆者的には、おすすめなのですが・・・

逆にガジュマル公園に行かなくていい人は、時間的にタイトな場合。

レンタカーのない場合。(レンタカーがないと行きづらいです。)

でしょうか。

ということで、レンタカーで屋久島島内をドライブをする方なら、立ち寄ってみては。

屋久島のその他の観光スポット情報

私が何度も行きたくなる屋久島観光スポット 25選(穴場あり)では、屋久島の観光スポットを厳選してご紹介します。ベスト10でなくベスト9なのは、厳選したら、あと1つなかったからです ^^;

さいごに:ガジュマルは屋久島の所々で見ることができます

いかがでしたでしょうか。屋久島のガジュマル公園について、レビューとともに、行くべきか迷う方に向けてもご紹介しました。

筆者自身、大きなガジュマルをちゃんと見たのは、屋久島が初めてでした。

本土に在住していると、なかなか見る機会ってないですよね。

でも、屋久島島内には、県道沿いでも大きなガジュマルを見ることができます。

ぜひ、参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってくださいね。

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

  • URLをコピーしました!

カテゴリメニュー

ここからは観光旅行ブログ「屋久島ファン」のカテゴリーメニューをご紹介します。

屋久島ツアー 関連情報

各旅行会社が「独自割引クーポン」を出していますので先にチェックを。旅行会社セール情報もあります。>>割引クーポンとセール情報

屋久島のツアー(交通+宿)は、屋久島旅行に強い(力を入れている)旅行会社がおすすめです>>屋久島ツアー比較

屋久島へどの交通でどのルートがいいのかが分からない場合に。交通手段の比較や注意点も盛り込みました。>>屋久島への行き方

希望のホテルを探したい方のために、屋久島ホテル情報をご紹介します。>>おすすめホテル・宿

屋久島 観光情報

全て屋久島の現地に足を運び、撮影した写真と体験記事です。屋久島旅行計画や滞在にぜひお役立てください。>>屋久島の観光

縄文杉や白谷雲水峡など日帰り登山の持ち物や服装、また注意点、ルート、難易度などをご紹介します。>>トレッキング

屋久島 現地情報

屋久島島内のランチや食事スポットやカフェと実食レビューです。>>食事/カフェ/パン屋

おすすめのお土産とお土産屋さんのご紹介です。>>おみやげ/お土産屋さん

屋久島旅行の手順

屋久島旅行計画を考える順番に沿って、必要情報の紹介記事を並べてみました。

屋久島旅行の手順を見る(クリックしてください)
STEP
屋久島へ行く日程を決める

屋久島へ「いつ」「何日間」行くかを決めましょう。トレッキングは年中可能です。(積雪時以外)海水浴は6月〜9月いっぱいまで。

屋久島のベストシーズン

屋久島の年間の天気や雨の特徴と気温

屋久島旅行には何日必要かを解説

屋久島のモデルコース(2泊3日〜3泊4日)

STEP
屋久島滞在で何をするかを決める

屋久島はトレッキングが人気ですが、ダイビングやカヤックもいいですし、ウミガメ観察や滝巡りもおすすめ。最近は、ワーケーションやプチ移住など長期滞在も人気です。

屋久島の観光スポット紹介

屋久島で何ができる?アクティビティ紹介

屋久島の日帰りトレッキング難易度の紹介

屋久島トレキングに必要な情報

STEP
宿泊するエリアを決める

屋久島は広く移動時間に時間がかかるため、何をするかによって最適エリアが決まります。また、屋久島ならではのサービスや気をつけたい点なども知っておくと宿選びを間違いません。

屋久島のエリア紹介

屋久島滞在の予備知識

屋久島のホテル紹介

屋久島の交通(移動手段)

屋久島旅行をお得に予約

屋久島旅行の手配に必要な交通、ホテル、ツアーなどを予約できるリンクをまとめました。

屋久島旅行予約ページへ>>

タップできる目次