豪雨の影響について 通常通り『縄文杉トレッキング』可能になりました!  

郷土料理ならランチもある尾之間の『味徳』がおすすめ!

尾之間 『味徳』 バス停『尾之間』の前です。

尾之間エリアで郷土料理といえば『味徳』。トビウオの唐揚げや、地魚のお刺身メニューからランチ、定食メニューも充実。

唐揚げは、人によっては日本で一番美味しいと言う人がいるほど。とても上品な、でも薄味でない、バランスのいい味付けです。何を食べても美味しいのでかなりおすすめ。

それでは今回は『味徳』をご紹介します!

尾之間 味徳の店内

店内は広め。入り口を入ると右側がテーブル席、左側が座敷になっています。座敷側なら小さな子供がいても大丈夫ですね。

尾之間 味徳メニュー


屋久島の郷土料理がおすすめです。

代表的な屋久島郷土料理メニューは、『味徳御前』。内容は、トビウオの姿揚げ、お刺し身、軟骨の味噌煮、小鉢、ご飯、味噌汁、香の物、デザートが付きます。

トビウオの姿揚げは、屋久島の代表的郷土料理で、丸ごと食べられます。お刺し身は赤バラ(カンパチの種類)や屋久サバなど。

サバは足が早い(腐りやすい)ことで有名。屋久島では水揚げされたものをすぐにいただくので、お刺身でも食べられるんです。

屋久島御前

もう一つの『パパイヤ御前』は、屋久島の南側でとれるパパイヤの天ぷらが珍しいです。パパイヤを天ぷら?と思われるかもしれませんが、不思議な食感でとても美味しいです。

パパイヤは抗酸化作用があり、アンチエイジングによいそう。機会があったらぜひ味わってみてください。

パパイヤ御前

ランチなら11:30〜14:30

ランチはカツ丼と牛丼です。お味噌汁つきで850円。それ以外にも定食もオーダーできます。定食メニューはかなり種類が豊富。

近くに尾之間役場やJAなんかがあり、ランチに地元の方も利用しています。もし確実に行きたいなら、事前に電話で確認した方が確実かも。

今回たのんだランチの牛丼。甘辛の味がしっかりしみていてとっても美味しかったです。男性なら+100円で大盛りにしてもいいかも。

定食なら唐揚げや焼肉、ハンバーク、刺し身定食いろいろあります。

屋久島 尾之間『味徳』の地図

県道77号の信号のある交差点をJRホテル方面へ曲がります。エーコープ尾之間店を過ぎ、右にJRホテルへの道がありますが、道なりにそのまま進みます。左側のJAを超えて少し進むと同じ並びの左側にあります。

駐車場もありますのでレンタカーでもOK。またバス停「尾之間」の前です。

MEMO
味徳
住所:〒891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間334−3
電話:0997-47-2988

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋久島の南エリア、尾之間にある『味徳』をご紹介しました。

『味徳』は、屋久島の数少ないお店の中でもかなりおすすめです。

ぜひ、機会があれば行ってみてくださいね。

尾之間エリアのおすすめのお店です♪
屋久島【尾之間/南エリア】おすすめランチスポット『ノマドカフェ』をご紹介! 尾之間周辺のおすすめランチスポット『いわさきホテル』