MENU

屋久島ファンの人気記事

ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。
屋久島ファンがJALツアーをおすすめする理由とは? 詳しく見る

『屋久島の観光』を在住者がかんたん解説します!

屋久島観光の費用や、時期、パワースポット、外したくない観光スポットなど、屋久島初心者が知りたい情報を網羅。屋久島のモデルコースや、おすすめツアーなども盛り込みました。

これで、屋久島の観光情報はまる分かりです!

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

クリックできる目次

屋久島の観光と見所を厳選してご紹介

縄文杉の前で記念撮影

まずは、屋久島在住者が厳選したおすすめの『屋久島観光スポットベスト9』です。

筆者の独断と偏見より(?)『屋久島までたくさんの交通費をかけて来たのに、あえて行かなくていいかな。』と思うところは省いています。(笑)

屋久島の観光といえば、樹齢7,200年ともいわれる屋久杉の『縄文杉』。

TVやCMでおなじみですね。この縄文杉が屋久島で1番の観光スポット。

2番めに有名なのが『白谷雲水峡』です。

白谷の森は、ジブリ映画『もののけ姫』の映画の舞台モデルになったと言われており、こちらも人気。世界中からジブリファンがやってきます。

ちなみに『白谷雲水峡』にある『苔むす森』は、以前『もののけ姫の森』と名前がついていました。

ということで、屋久島の観光と言えば『縄文杉』と『白谷雲水峡』が一般的な観光地となります。

『おすすめ観光スポットベスト9』の現地レビューは以下の記事でまとめています。

屋久島の在住者が何度も行きたくなる観光スポット9選

その他の屋久島の見所

屋久島見所 縄文杉トレッキングとその他の登山

屋久島の一番の見所、観光スポットといえば縄文杉です。この縄文杉へはどのように行けば良いのか?また、果たして自分に行けるのか?気になりますよね。

縄文杉へは。体力と装備、当日のお弁当など諸々の準備が必要です。それらの準備をしっかりすれば大体の方は行って帰ってくることができます。

縄文杉へのトレッキングについてはこちら

縄文杉以外のトレッキング情報はこちら

屋久島の見所 人気の絶景スポット

白谷雲水峡 太鼓岩からの眺め

上述でご紹介した『白谷雲水峡』には、『絶景スポット』の『太鼓岩』もあります。

この眺めは圧巻。

『もののけ姫の森』をそのまま先へ2時間ほどトレッキングすると、太鼓岩へ行くことができます。

ということで、屋久島の太鼓岩コースについては、【体験談】白谷雲水峡『太鼓岩・もののけ姫の森』へ8歳子供とチャレンジしてみました!で詳しくご紹介しています。

滝巡りやドライブでは絶景ポイントに出会える!

屋久島 千尋の滝 第一展望台

その他の絶景ポイントといえば、千尋の滝の展望台もちょっとない絶景ポイント。

先日『世界ふしぎ発見』で特集してましたね。

また、西部林道ドライブ途中の景色や、屋久島一周ドライブでも『夕日の絶景ポイント』などももあります。

西部林道ドライブ途中

屋久島は海に囲まれた、山岳島。ぐるり一周する県道77・78号線を巡れば、屋久島の観光を簡単に楽しめます。

屋久島の滝とドライブの観光についてはこちらで詳しくご紹介します。

屋久島の穴場観光スポット

あまり知られていませんが、屋久島の海は本土ではちょっとない透明度ですし、日本滝100選の大川の滝も大迫力でおすすめ。

それ以外にも、穴場の『観光スポット』があります。(大手の観光サイトにはあまり出ていないですが ^^;)

穴場の観光スポット紹介

ということで、更に詳しい『ドライブ・滝・海・温泉・穴場スポット』などの観光スポットについては以下でご紹介します。

おすすめのパワースポット

屋久島 益救神社

屋久島の『縄文杉』は一部の方の間では、パワースポットとして知られています。

そりゃあ樹齢が7,000年以上なら、『木霊』もいそうですよね。(笑)

本当のところは分かりませんが、^^; (←見たことがないので。)
筆者としては、こちらの『益救神社』の方が、屋久島のパワースポットだと思っています。

でもなぜ『益救神社(やくじんじゃ)』がパワースポットなのか?

そしてなぜ『益救神社(やくじんじゃ)』を『屋久神社』と言わないのか?

ちょっと気になりませんか?

こちらについては、以下の記事で詳しくご紹介してます。

縄文杉ではない屋久島のパワースポットをご紹介!

屋久島の観光の時期はいつ?ベストシーズンのご紹介

トローキの滝 シーカヤックツアー

屋久島の観光の時期は、梅雨と積雪のある時期を省けば、いつでもOKです。

ちなみに梅雨の時期は6月〜7月頃。(毎年梅雨入りと梅雨明けが違う。)

また、屋久島の冬は、縄文杉や白谷雲水峡などの標高1,000mくらいの山ならトレッキング可能。とはいえ寒波が来ると積雪し、入山できなくなる可能性もあります。

屋久島は年間通して、荒天になることが珍しくない島ですので、絶対大丈夫な時期は逆にないといえます。^^; (←こういうことを言うと、屋久島に観光客が行かなくなるので、旅行会社のサイトでは言わないですね。笑)

屋久島のおすすめの時期はいつ?

屋久島観光は、だいたいいつでもOKなのは分かったけど、特に雨が少ない時期とか、観光におすすめの時期とか・・・ベストシーズンはないの?

という方もいらっしゃるかもしれません。

屋久島で100%雨を避けるのは、ちょっと難しいかもしれません。(毎日のように、1日の中のどこかでザッと雨が降ることが日常茶飯事なので。)

そして、ベストシーズンは屋久島で何をするかによって違います。

屋久島のベストシーズンは何をするかによって違う

安房川 カヤックツアー

例えば、トレッキングでもシャクナゲの季節なら5月ですし、雪と緑のレア風景を狙うなら12月、1月でしょうし・・・シュノーケルやダイビングなら5月〜9月頃。

ということでモトに戻りますが、『屋久島はいつでも観光できる』となってしまうのです。^^;

ですので屋久島の年間の気温やできるアクティビティ、また観光客の動向などを考慮して旅行時期を決められるように、【屋久島観光】天気と気温から『ベストシーズン』をご紹介(トレッキング/海/ウミガメ)でまとめてご紹介します。

移住してきたからこそ気づける、注意点や対応策も参考になるはず。

屋久島のGW・梅雨・夏・台風・冬など、屋久島をシーズン別でご紹介します。

屋久島観光 日数とモデルプラン

屋久島へ旅行する方は、縄文杉トレッキングを目的とする方が大多数を占めます。

この縄文杉トレッキングをするためには、必ず2泊3日必要です。

理由は、縄文杉が1日10時間かけて徒歩で行かなくては行けない場所だからです。

ということは、遅くとも早朝6時には登山口をスタートするため、ホテル出発は朝4時〜5時で、下山しホテルに戻るのは17時〜19時となります。

ですので、屋久島到着した日は縄文杉へは行けませんし、縄文杉トレッキング後にそのまま出島することも不可能なのです。

このような理由から、屋久島観光旅行は2泊3日が基本となります。

とはいえ、屋久島観光は縄文杉だけではありませんし、1泊2日で屋久島観光もできなくはありません。

ということで、さらに詳しくは以下をご覧ください。

人気モデルコースからおすすめを7コース厳選してご紹介します。

屋久島観光の費用

屋久島に行ってみたいんだけど、ところで、屋久島に行くとどのくらいの費用がかかるの?

屋久島旅行の費用は、ざっくり計算すると以下のような内容になります。

東京発 大人ひとり 2泊3日の予算めやす

スクロールできます
❶交通費羽田→鹿児島(飛行機)
+鹿児島→屋久島(飛行機)
トータルで往復28,000円〜82,000円
※季節によって変動あり
❷宿代宮之浦 民宿たけすぎ(朝夕食事付き)
2泊3日 16,000円
❸レンタカー(必要な場合)到着日〜2泊3日でレンタルして 
コンパクトカーで14,000円
※軽自動車で1日4,000円程度
❹ガイドツアーへの参加費
(参加する場合)
縄文杉トレッキング15,000円 
白谷雲水峡12,000円
レインウエアや登山靴のレンタル料2,700円(1泊2日)
❺滞在費
(食事代や入館料)
トレッキング昼弁当代 2日分 1,000円(500円×2)
縄文杉と白谷雲水峡への募金 1,500円
縄文杉へ行くために乗る『荒川登山バス』往復料金 1,380円
❻お土産代三岳の焼酎、箱菓子など、5,000円程度
合計金額
(大人ひとり 2泊3日)
96,580円〜150,580円
屋久島旅行 大人1人 2泊3日の場合 (1ヶ月前の予約の場合で)

ということで、そこそこ旅費がかさみます。(涙)

それぞれの内容について詳しくご説明すると長くなりますので、更に詳しくは、【屋久島の観光】ザックリいくら?2泊3日の費用の目安をご覧ください。

『そんなにするんだ〜。』

『なんか安くなる方法ってないの?』

なくはないですが、フェリーや高速船利用で労力をかけても屋久島は、ぜんぜん安くならないので、^^; 

パッケージツアーを上手く利用するというのが、15年くらい東京・名古屋と屋久島を往復しつづけてた筆者の結論です。

ということで、次はおすすめの屋久島ツアーをご紹介しますので、参考にしてみてください。

おすすめの屋久島ツアー紹介

屋久島旅行の費用内訳をしっかり知りたいならこちら

屋久島観光旅行におすすめのホテル・宿

屋久島観光旅行をするなら、やはり宿泊するホテルや宿はとても重要です。

観光スポットを検索して、ある程度屋久島での過ごし方やアクティビティが固まって来たら、次は宿をどのエリアにするかを決めて探します。

ホテル・宿の情報は、屋久島へいらっしゃる観光客のお客様から直接お話を伺って反映させています。

ちなみに、縄文杉トレッキングが第一目的なら安房エリアに宿泊してください。おすすめは『グリーンホテル』。予算を抑えたいor 一人旅なら『エコホテルソラ』もしくは、『オーベルジュ』がおすすめです。

屋久島の『おすすめホテル・宿』ランキングと『失敗しない選び方』

屋久島の『おすすめ観光ツアー』

屋久島の費用の目安が分かってきたところで、屋久島の観光ツアーの特徴について簡単にご紹介します。

まず、屋久島では、『観光ツアー』というと、『縄文杉トレッキング付きのツアー』が主流になります。

次に『白谷雲水峡トレッキング付きのツアー』です。

ちなみに大手旅行会社の『JTB』や『近畿日本ツーリスト』、『日本旅行』などに、トレッキング付きツアーはありません。(そんなに屋久島に力を入れていないので、現地フリープランが主流です。またツアーや宿のラインナップが少ないです。)

トレッキング付きのおすすめ屋久島ツアー4社

縄文杉トレッキング付きおすすめ屋久島ツアー
  1. JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き)【トレッキング付き/全国空港対応】2022/9/28までの限定企画ツアー。高級ホテル〜おすすめ宿でトレッキング付きや貸し切り縄文杉ツアーならお値打ち。現地フリーと同じく欠航時の対応はピカイチ。
  2. HIS屋久島ツアー【トレッキング付き/ 一人旅】縄文杉のみならずその他の屋久島観光ツアーもあります。送迎や登山アイテムのレンタルあり。高速船やLCCとの交通との組み合わせツアーにも対応。
  3. ジェイトリップ【トレッキング付き/直行便/ 一人旅/格安】縄文杉トレッキング付きのJAL便利用の格安ツアー。送迎や登山アイテムのレンタルあり。オプションでレンタカーも選べます。欠航時はポイントで全額保証あり。
  4. クラブツーリズム【トレッキング付き/バス周遊プラン】森歩き+バス周遊プランを探すならこちら。網羅的に観光スポットを巡れる。縄文杉トレッキング付きツアーもあります。お子様連れや高齢の方に。

良い宿で「縄文杉トレッキング付き屋久島ツアー」ならコチラ

屋久島空港 JAC(日本エアコミューター)

良い宿で『縄文杉トレッキング付き屋久島ツアー』に申し込みたい方は、JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き)がおすすめです。

理由は、屋久島の中でも良い宿で安心。欠航リスクにも対応してくれ、しかも乗り継ぎもラクで便利だからです。

しかも、同じ宿のグレードでツアーを申し込むなら、他社と比べても『JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き)』が値打ちです。

こちらのブログ『屋久島ファン』のJAL利用ツアーを全力でおすすめする理由を別ページで詳しくご紹介していますので、気になる方は参考にどうぞ。

屋久島のおすすめ宿で行きたい方は、JALダイナミックパッケージがお得です。

屋久島観光バス周遊プランありは「クラブツーリズムツアー」

屋久島 ドライブ途中に絶景スポット!

そして、『屋久島観光バス周遊プラン』を取り扱うのは『クラブツーリズム』となります。

縄文杉トレッキング付きツアーだけでなく、簡単にバスで観光地を周遊してくれるツアーも取り扱います。

途中ちょっとだけ森歩きできるプランなら、レンタカーの運転が苦手な方や、トレッキングが難しい方におすすめです。

「ガイドなし」の屋久島ツアーはコチラ

ガイドなしでおすすめするなら、屋久島のすべての交通に多い欠航リスクを、軽減できるこちらの3社がおすすめです。

こちらの3社なら、出発空港で屋久島便が欠航していたら、即座に変更したりキャンセルしたりして手を打てます。

考えてみてください。鹿児島まで来て、しかも港まで移動した後、高速船が欠航していた・・・という時のことを。(実際の経験談です。^^;)

屋久島の『ガイドなし』のおすすめ現地フリーツアー
  • JALダイナミックパッケージ:【直行便/ 一人旅】JALの飛行機と宿を自由に組み合わせて予約できるツアー。1人から参加可能。宿のラインナップは少ないけど良い宿で安心。
  • 楽天トラベル:【直行便/ 一人旅/格安】宿とJAL便をセットツアーにして、『JAL楽パック』にできます。格安宿を選べば、JAL利用でも格安ツアーにできる。楽天ポイント割引利用可能。ラ・クーポンで割引可。
  • じゃらんパック:【直行便/ 一人旅/格安】楽天と同じく『格安宿+JAL便』で格安屋久島ツアーに。クーポン割引あり。ポンタポイントやじゃらん限定ポイント、dポイントなども利用可能。

格安の屋久島ツアーを探している方はコチラ

格安の屋久島ツアー比較してご紹介しています

良い宿とかでなくていいから、とにかく格安で行きたいという方はこちらをどうぞ♪

おすすめホテルと現地ガイドツアー情報

屋久島のおすすめホテルをエリア別でご紹介します。

また、現地ガイドさんを探すならこちらの2社がおすすめです。

屋久島旅行手配の便利リンク集

【参考】
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ
国内格安航空券・LCCの比較・予約なら【トラベリスト】
屋久島への高速船(トッピー&ロケット)

【安房】移住者がオススメする宿5選
【宮之浦】移住者がオススメする宿5選
【尾之間エリア】移住者がオススメする宿4選

屋久島空港前の便利なおすすめホテル3選

じゃらんの屋久島ガイドツアー予約
アソビューの屋久島ガイドツアー予約
屋久島のレンタカー

じゃらん 遊び・体験予約

国内最大級のレジャー・アクティビティ予約サイト。クーポンを利用すれば、現地ツアーもお得になります。

じゃらん 遊び・体験予約公式ページ

asoview!(アソビュー)

日本全国のレジャーを約300種類・15,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイトです。

アソビュー公式ページ

屋久島観光に利用する交通と島一周ドライブ

屋久島交通バス 白谷雲水峡にて

屋久島の交通は、バス、レンタカー、タクシーの3種類です。

バスが都会のように発達していないので、1時間に1本程度の頻度となります。時間的余裕がある方は、のんびり回れます。

ちなみに、1日周遊チケットもありますが、2名以上ならレンタカーがお得です。(1日軽自動車で4,000円くらい〜。)

また、タクシーは電話予約しないとつかまりません。さらに、早朝トレッキングに利用したいのなら、前日の夕方までには予約しないと断られることも。

屋久島の交通手段の利用の仕方は、以下でそれぞれご紹介します。

島を一周ドライブできる ドライブマップ

島を一周するとおよそ距離にして100km、時間にして最短で3時間です。

ですが、見所である滝や観光スポットに立ち寄っていると1日かかります。

というか、ゆっくり回ると1日以上かかります。

屋久島1日で一周できる(所要時間入り)ドライブマップをご紹介では、それぞれの観光スポット入り、そして所用時間入りで、島のどこからでも出発可能なドライブマップを作成しましたのでご活用ください。

屋久島観光のお役立ち情報

屋久島 淀川

屋久島は日本ですが、本土で生活をしている人間からすると、

『なにそれ?』とゆうことが結構あるのです。(笑)

そして、『そんなこと、予想つかないから、対策してない。』ってことも諸々あったり。

とうことで、筆者が屋久島へ始めて旅行した際に実際に困ったことと、その解決策のご紹介です。

屋久島観光 コロナ情報

こちらでは屋久島コロナの現地情報を少しご紹介します。

屋久島島内でもコロナ感染者が出ています。もちろんマスクや手指消毒の徹底や3密を避けるなど、対策は本土と同じです。

ですので、コロナに関しては『島だから安全』でもないですし『島だから危険』でもないです。

ということで、コロナ関連情報は屋久島町役場のサイトで最新の情報をご確認いただいてご準備ください。

屋久島観光のもう一つの楽しみ 屋久島グルメ

屋久島の食べ物で一番有名なのは、サバのお刺身や鯖節。または、三岳や愛子の焼酎。

その他は、たんかん、ポンカン、などの果物。つけ揚げや飛び魚の姿揚げも珍しいですね。

それらを地元のお店で楽しむならどこがいいのか?貴重な一食をどこに捧げるのか?けっこう真剣に悩みますよね。(笑)

ですので、美味しいと評判の屋久島の食事&ランチスポットを実食レビューします。

エリア別でまとめています。

屋久島の『ランチ&食事』エリア別おすすめ店 ご紹介【宮之浦/安房/尾之間/南エリア】

屋久島観光のもう一つの楽しみ 屋久島みやげ

屋久島のお土産で有名なのは、屋久杉の加工品。最近は、気の利いたデザインやアイテムも増えてきました。

また、美味しい土産はノマドカフェのジンジャーシロップや、三畳食品のぽんせんや果物。その他にも五島列島とのコラボうどん、新月堂のお菓子など。

お土産新商品チェックは、島民としてはけっこう密かな楽しみだったりします。

レビューあり!屋久島おすすめの『お土産』をまとめてご紹介

さいごに:屋久島の観光は縄文杉だけじゃない

いかがでしたでしょうか。

屋久島の観光を駆け足で(←表現が古い笑)でご紹介しました。

屋久島の観光は、縄文杉だけではありません。

でも、皆さん日程的にタイトなので、大体の方が縄文杉と白谷雲水峡へ行って、お帰りになられます。

もちろん、有名所なので、『まずは行っとく』というのは当然です。

でも、本当の楽しみ方は、1ヶ月くらいかけて、のんびり山や海や川を楽しむというのがおすすめです。

それくらいの時間をかけなくては、本当の屋久島は見えてこないのだろうな、と思うのですが、でもそれは、どの観光地も同じなのかもしれません。

もし、数ある観光地の中から、屋久島をお選びいただくのであれば、屋久島の観光情報については『屋久島ファン』が全力サポートいたします。

と最後はなぜか、『屋久島ファン』の宣伝のようになってしまいましたが(笑)

ぜひ、こちらを参考に、安全で楽しい屋久島旅行をなさってください。

こちらの記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

屋久島ファンの人気記事

  • URLをコピーしました!
もくじ
トップへ
クリックできる目次
閉じる