【2019】屋久島の『梅雨は入り』と『梅雨明け』はいつ?6月に旅行するメリット・デメリット


屋久島の『梅雨入り』と『梅雨明け』について、過去のデータから予想してみました。また、梅雨に屋久島へ旅行するメリットとデメリットなども併せて、屋久島の梅雨の様子ご紹介します。

屋久島へ『5月下旬〜7月中旬』に旅行予定なら、ぜひ参考にご覧ください。

屋久島の過去10年間の『梅雨入り』と『梅雨明け』した日にち

まずは、2019年の梅雨入りと梅雨明けを予想してみましょう。

『屋久島』の属するエリアは『九州南部』。『九州南部』とは宮崎県、鹿児島県本土、種子島、屋久島を指します。

この九州南部の過去10年間の『梅雨入り』と『梅雨明け』の日にちを、気象庁の過去データーから抜粋してみました。

【九州南部】過去10年間の『梅雨入り』と『梅雨明け』した日
入り 開け
2009 6/2ごろ 7/12ごろ
2010 6/12ごろ 7/20ごろ
2011 5/23ごろ 7/8ごろ
2012 5/30ごろ 7/23ごろ
2013 5/27ごろ 7/8ごろ
2014 6/2ごろ 7/16ごろ
2015 6/2ごろ 7/14ごろ
2016 5/24ごろ 7/18ごろ
2017 6/6ごろ 7/13ごろ
2018 6/5ごろ 7/9ごろ

※気象庁 ”昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値):九州南部(奄美を除く)” (参照2019-05-06)
https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/kako_baiu03.html

【2019】の屋久島の『梅雨入り』と『梅雨明け』を予想してみると?

気象庁では、過去のデータより九州南部の平年は梅雨入りは『5月31日ごろ』、また梅雨明けは『7月14日ごろ』としています。

ですがこれは『梅雨入り、梅雨明け』の予想した日にちということではなく、『あくまで過去のデータからの平均的な日にちを出しました。』ということのようです。

ということなので、過去のデーターから屋久島の梅雨の期間は、6月上旬〜7月中旬ごろといえるでしょう。

6月屋久島へ旅行するってどうなの?メリットとデメリット

2018 6月 縄文杉トレッキングコース

そこで6月の梅雨時期に屋久島へ行く『メリット』と『デメリット』をご紹介します。

この時期の屋久島は、梅雨なので雨のお天気の確率が高くなるのは、言うまでもありません。ということで、当たり前のデメリットですが、梅雨時期は天気の影響から、思い通りの屋久島旅行ができない可能性が高くなることです。

とはいえ屋久島は、そもそも雨の多い島。年中雨天の可能性があるのも確かです。『っていうことは、屋久島の梅雨は雨がちなだけ?』いえ、それだけではないのです。

屋久島の梅雨で本当に警戒すべきは豪雨なのです。

屋久島の梅雨の警戒すべきは豪雨

白谷雲水峡 増水する白谷川

梅雨の屋久島で本当に気をつけたいところは、しとしとと降る長雨ではなく、台風のような豪雨になることが多い点です。

もちろんそうなれば、荒川登山バスが運休し、縄文杉へも行けません。白谷雲水峡は沢の増水で入園禁止になります。

荒天になれば、山、海もNGなだけでなく、屋久島へアクセスする全ての交通機関が欠航となります。屋久島で観光できないだけでなく、帰れなくなることも。

『じゃ行かない方がいいのかな?』
そうです。外せるなら梅雨時期は屋久島へ行かないのが懸命です。

『じゃあ、梅雨時期って誰も屋久島へ行かないの?』
いえいえ、一定の観光客はいます。

梅雨時期でも、もちろん晴れる日もありますし、中には天気の影響を全く受けないで屋久島を満喫する方も。梅雨時期は雨天が多い季節ですが、『必ず毎日雨』ということではないですから。

梅雨時期に屋久島へ行くメリット

白谷雲水峡 6月のもののけ姫の森

上述した梅雨時期のデメリットを知った上で、それでもやはりこの時期しか旅行できない場合もあると思います。

では逆に梅雨時期に屋久島へ行くメリットを考えてみましょう。
屋久島の梅雨の期間は、例年観光客が減る季節。ですので、静かな森や海を楽しめるところがメリット。また、晴れれば、寒すぎず暑すぎず、とても気持ちのよい季節でもあるのです。

また、飛行機やパッケージツアーのお値段が下がります。これもうれしいメリットです。

ただしちょっと注意しておきたいことがあります。それはもしもの荒天際は、交通機関の欠航時に、キャンセル料がかからない航空会社やパッケージツアーを選ぶことです。また宿や現地ガイドツアーもしかり。

そうすることで、もしもの時のリスクを軽減できます。
例えばもし、出発空港で屋久島便が欠航していると分かったら、屋久島旅行を清く諦めて、別の機会を考えた方がよいことも。返金してもらえるなら、それも可能ですよね。

もしくは直前ギリギリまで待って、天気予報である程度、屋久島の天気が大丈夫だと判断できた場合に、旅行手配をする。というのもアリです。
梅雨時期なら直前でも飛行機、宿、ツアーなども空いている場合が多いので、予約できないということはないでしょう。

梅雨の屋久島旅行におすすめのツアー

屋久島空港 直航便 日本エアコミューター(JAC)の飛行機

屋久島への直航便はJAL系のJACです。ですので、JAL便利用統一が『予約手配』も、もしもの『キャンセル』も便利でラクです。便の変更は、JALチェックインカウンターで同時にすることができます。(空席があった場合)

ツアーのキャンセルやその他の問い合わせなどは、ネットでするか、各社のツアーサービスセンターへ電話して手続きをします。条件を満たした場合になりますので、予約前に確認をしておきましょう。

欠航時にキャンセル料がかからないツアー
  • JALパック:JALの固定型パッケージツアー。縄文杉や白谷雲水峡のトレッキング付きツアー有り。
  • JALダイナミックパッケージ:JAL便と宿とを自由に組み合わせるパッケージツアー。宿はJALの厳選したラインナップ。前日まで予約可能。
  • 楽天トラベル:楽天トラベルで取り扱う宿とJAL便をパッケージにできるツアー。楽天ポイントやクーポンの利用可能。前日まで予約可能。
  • じゃらんパック:じゃらんパックで取り扱う宿とJAL便をパッケージにできるツアー。じゃらん限定orポンタポイント利用可能。前日まで予約可能。

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋久島の梅雨入りと梅雨明け、梅雨時期の6月の屋久島旅行についてご紹介しました。

屋久島の梅雨にスポットを当ててご紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってください。

梅雨が終われば『夏』ということで、続いて屋久島の夏を知りたい方は以下をご覧ください。
夏の屋久島をご紹介!(気温、服装、混雑、おすすめ観光、レンタカー、注意点)