MENU

屋久島ファンの人気記事

ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。
屋久島ファンがJALツアーをおすすめする理由とは? 詳しく見る

屋久島観光 1泊2日 おすすめモデルプランをご紹介!

こちらでは、1泊2日の観光モデルコースをご紹介しますが、その他の『縄文杉へ行くモデルプラン』や、『ベストシーズン』、『おすすめの観光スポット』、『観光の必要日数』、『屋久島観光の費用』についてもご紹介します。

いきなりですが ^^; 屋久島旅行は2泊3日で観光するのが主流です。

なぜなら、人気の『縄文杉トレッキング』は、早朝から夕方までトータルで10時間必要だからです。(前泊、後泊をしなければ縄文杉トレッキングが不可能な為。)

ですが、屋久島観光するのに、必ずしも『縄文杉トレッキング』をしなければならないワケではありません。

ということで、以下では一泊二日での『屋久島観光』のおすすめモデルプランをご紹介します。

屋久島2泊3日や3泊4日のモデルコースはこちら>>

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

クリックできる目次

1,屋久島観光を1泊2日でするモデルプランのご紹介

屋久島 東シナ海展望所

屋久島を1泊2日で観光するモデルコースをご紹介します。

こちらでご紹介するおすすめのモデルプランは、縄文杉に並ぶ屋久島の人気スポットである、『白谷雲水峡』と『いなか浜』へ行くモデルコースです。

その他の屋久島観光スポットについてはコチラを参考にしてみてください。全て筆者が現地へ実際に行ったレビューをまとめています。

1泊2日で屋久島観光する重要ポイント

広い屋久島を1泊2日の時間で観光するのは、時間的に余裕がありません。効率よく宿の場所と交通を選ぶ必要があります。

ですので

  1. 宿泊は宮之浦エリアの宿やホテル
  2. 屋久島への交通は飛行機利用
  3. レンタカーで移動

を想定してご紹介します。

屋久島のバス1時間に1本程度なので、レンタカーを利用するモデルプランです。

それでは、1泊2日で『白谷雲水峡』へ行く、『屋久島観光モデルプラン』ご紹介します。

1泊2日で『白谷雲水峡』へ行く 屋久島観光モデルプラン

『ステップ1』の屋久島入りしたところから順にご紹介します。

STEP
屋久島到着(午前11時ごろ)
屋久島空港

屋久島空港へ到着したらまずレンタカーを借ります。(レンタカーは屋久島空港周辺で借りるか、空港まで配車してもらいます。)

次にレンタカーで空港から宮之浦エリアまで行きます。(レンタカーで15分)

参考

STEP
宮之浦エリアでランチ(午後12時〜13時ごろ)& 宿にチェックイン
ふるさと市場 海鮮丼

宮之浦エリアにレンタカーで到着したら、気に入ったお店で屋久島のご当地グルメを楽しみます。

また、このタイミングで宿やホテルにチェックインしておけば、荷物も預かってもらえます。

参考

STEP
白谷雲水峡へレンタカーで向かう(午後13時〜13時30分)
白谷雲水峡への道 県道594号線

宮之浦エリアから白谷雲水峡へは、レンタカーでおよそ25分です。

途中の道は大体は広い道です。ですが一部急激に細い箇所もあります。運転に気をつけて行きましょう。

到着したら駐車場(無料)にレンタカーを駐めて、少し歩きましょう。

STEP
『白谷雲水峡』の苔むす森(もののけ姫の森)へ(13時30分〜16時30分)
白谷雲水峡 太鼓岩コース(苔むす森へ)

見所の『苔むす森(もののけ姫の森)』までは、往復で3時間です。

最短の弥生杉コース(往復1時間)を回ってもよいでしょう。

『弥生杉コース』なら、お子さんから歩けます。

『苔むす森』までは、急勾配の箇所もありある程度、準備が必要です。

参考

【白谷雲水峡】ガイドなしなら知っておくべき(コース・時間・服装・行き方)で、コース詳細や持ち物、服装についてご紹介しています。

STEP
『白谷雲水峡』から『いなか浜』へ向けて出発(16時30分〜17時30分)
一湊海水浴場の海

宮之浦からいなか浜へ向かう道は気持ちいいドライブコースです。(屋久島を一周する国道は、ほとんどが何もない道で海が見えます。)

宮之浦エリアからいなか浜のある永田エリアまで、海を横目にドライブしましょう。(およそ1時間)

途中一湊海水浴場や、夕日の丘展望台も経由します。

また、海の向こう側には口永良部島も見えます。

途中、お店やトイレあまりありませんので気をつけて。

参考

STEP
『いなか浜』に到着(17時30分)
いなか浜

いなか浜は、屋久島では珍しい砂浜の海です。ウミガメ日本一でも知られます。

いなか浜のレビュー記事は、屋久島永田の海『ウミガメ』と『いなか浜』についてのご紹介!をご覧ください。

メモ

ウミガメは行けば観られるワケではなく、永田連絡協議会へ申し込みが必要です。
ですが一泊二日のモデルプランには、ちょっと時間的に難しいので、今回は参加できません。

屋久島の夕方は、冬は17時ごろ〜夏は19時30分ごろとなります。

海に沈む夕日を見たら、宮之浦の宿へ戻りましょう。

STEP
『いなか浜』を出発(17時45分)

屋久島の道は、日が沈むと恐ろしく暗いです。早めに宿へ戻り始めましょう。

STEP
宮之浦エリアの宿に到着(18時15分)
屋久島 THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST(旧シーサイドホテル)

夕食は宮之浦エリアのランチとは違うお店へ行くのもありです。

ですが屋久島の宿もホテルも、夕食は屋久島の郷土料理が出ることがほとんどなので、夕食付きにして、夜はゆっくりするのもおすすめです。

宮之浦の中心エリアなら、歩いて居酒屋などにも行くことができます。飲み足りない方は、徒歩でどうぞ。

参考

STEP
【2日め朝】宮之浦の宿をチェックアウト(午前10時)→宮之浦のお土産やさん→安房へ
屋久島安房 YAKUSHIMA BLESS店内(お土産屋さん)

何時に屋久島を出発するかにもよりますが、お昼頃出発がよいかと思います。

そうすれば、10時にチェックアウトして宮之浦のお土産屋さんを見つつ、安房エリアまで行くこともできます。

宮之浦から安房までは、レンタカーで30分です。

参考

STEP
安房エリアでお土産を見て、ランチ(午前11時30分〜13時30分)

安房エリアは屋久島で宮之浦に次いで、大きな街です。

安房エリアにもおすすめのお土産屋さん(武田館)があるので、まずはお土産屋さんを目指しましょう。

また、武田館となりの 屋久島ブレス(お土産屋さん)なら、屋久杉を削りつつお土産にするワークショップもしています。時間があれば立ち寄ってみても。

お土産を見たら、安房でランチをして、空港へ引き返します。

参考

STEP
安房を13時30分に出発→空港エリアのレンタカー屋さんへ
屋久島空港前の日産レンタカー

安房から屋久島空港までは、レンタカーで15分です。

空港近くのレンタカーショップなら、車を返して徒歩で空港へ行くことが可能です。

また、レンタカー屋さんによっては、送迎してくれることもあるので事前にレンタカーショップに確認を。

屋久島の空港ならば、飛行機出発時刻の1時間前にチェックインできれば十分です。

STEP
レンタカーを返却して、屋久島空港へ

出島

1泊2日の屋久島観光モデルプランは、いかがでしたか?

なるほど〜なんとなく分かったけど、
もし屋久島へ行くならいつくらいがベストシーズンなのかな?
ちなみに費用ってどのくらい?その他のモデルコースはどんな感じなのかな?

ではないでしょうか。

ということで、次は屋久島観光の『ベストシーズン』、『観光の費用』や『その他のモデルコース』、『おすすめ観光ツアー』などについてこの後、簡単にご紹介します。

『とりあえず費用を把握してから、諸々考えたい』という方はこちらをこちら

このモデルコースに似ている おすすめのトレッキング付きジェイトリップツアーはこちら

\登山アイテムのレンタルや送迎付きで便利・一括申し込みで手配が終わます/

屋久島観光の時期・ベストシーズンのご紹介

トローキの滝 シーカヤックツアー

屋久島の観光の時期は、「梅雨」と「積雪のある時期」を省けば、いつでもOKです。

ちなみに梅雨の時期は6月〜7月頃。(梅雨入りと梅雨明けが毎年違う。)

また、屋久島の冬は、縄文杉や白谷雲水峡などの標高1,000mくらいの山ならトレッキング可能です。とはいえ寒波が来ると積雪し、入山できなくなる可能性もあります。

メモ

屋久島は年間通して、荒天になることが珍しくない島ですので、絶対大丈夫な時期は逆にないといえます。^^; (←こんなことを言うと、屋久島に観光客が行かなくなるので、旅行会社系ブログサイトでは言わないですね。でもこうゆう情報こそ知っておきたいですよね。)

屋久島のおすすめ時期は梅雨と積雪の時期以外

『屋久島でトレッキングをするならいつがベストシーズンですか?』というご質問なら

屋久島のトレッキングにおすすめの時期は、3月〜5月、7月の梅雨明け後〜11の中旬頃までです。

そう、けっこう長いのです。^^;

ですが、海のアクティビティをするならやはり『』です。ちなみに『GW』はやはり人が増えます。

ですので屋久島での観光の仕方や日数などによって、ベストシーズンは違うともいえます。

ということで、屋久島の年間の気温やできるアクティビティ、また観光客の動向などを考慮して旅行時期を決められるよう、【屋久島観光】天気と気温から『ベストシーズン』をご紹介(トレッキング/海/ウミガメ)で詳しく季節ごと(春夏秋冬ごと)にご紹介しています。詳しく知りたい方はご覧ください。

屋久島の1年を通しての天気や、年間気温なども参考になるかと思います。

屋久島のGW・梅雨・夏・台風・冬など、屋久島をシーズン別でご紹介します。

屋久島観光 日数とモデルプラン

縄文杉トレッキングコース

屋久島へ旅行する方は、縄文杉トレッキングを目的とする方が大多数を占めます。

屋久島の必要日数

冒頭でもお伝えしましたが、

この縄文杉トレッキングをするためには、必ず2泊3日必要です。

理由は、縄文杉が10時間かけて徒歩で行かなくては行けない場所だからです。

縄文杉へ行く当日は、早朝6時には登山口をスタートするため、ホテル出発は朝4時〜5時で、下山しホテルに戻るのは17時〜19時となります。

ですので、屋久島到着した日は縄文杉へは行けませんし、縄文杉トレッキング後にそのまま出島することも不可能なのです。

このような理由から、屋久島観光旅行は2泊3日が基本となります。

もし、1泊2日より伸ばして旅行が可能なら、2泊3日〜3泊4日のモデルコースを参考になさってみてください。

縄文杉や白谷雲水峡など、トレッキングの情報は 屋久島のトレッキング まとめ を参考にしてみてください。

観光の必要時間

主な観光スポットの必要時間は以下の通りです。

・縄文杉→10時間
・白谷雲水峡→絶景太鼓岩コース:4時間〜8時間(歩くペースによる)   
・苔むす森:3時間
・ヤクスギランド→30分〜1日(選ぶコースによる)

屋久島のモデルコース 『がっつり〜のんびり』

屋久島のトレッキング 持ち物や服装も一緒にご紹介

屋久島の観光スポットと穴場情報

屋久島 栗生

屋久島には縄文杉や白谷雲水峡だけでなく、その他にもおすすめの観光スポットがあります。

巷では色々言われているようですが、移住者目線で言うと、本土からはるばる交通費をかけて見に行くべき観光スポットはそんなに多くはないと思います。(←フツウこうゆうこと言う?笑)

屋久島の観光スポット

だからこそ厳選して観光スポットを 屋久島『在住者が選んだ』観光スポットランキングベスト9(穴場あり)でご紹介します。

本当は『ベスト10』にしたかったのですが、10コ目がなかった・・・^^;

滝やドライブ、海、温泉、穴場など網羅的ご紹介

また、滝やドライブ、海、温泉などの観光をお考えなのであれば、屋久島のおすすめ【観光スポット】滝/温泉/海/ドライブ/穴場 まとめ で網羅的にご紹介します。

屋久島ファンの観光スポット紹介は、全て筆者自身が現地へ足を運び得た情報をご紹介しています。また、15年以上屋久島で実績のあるガイドさんの監修でご紹介しています。

このモデルコースに似ている おすすめのトレッキング付きジェイトリップツアーはこちら

\登山アイテムのレンタルや送迎付きで便利・一括申し込みで手配が終わます/

屋久島観光の費用

屋久島の観光について色々分かってきましたね。

日程やある程度の観光が決まってきたら、やはり予算です。

屋久島に行ってみたいんだけど、屋久島に行くとどのくらいの費用がかかるの?

屋久島旅行の費用は、ざっくり計算すると以下のような内容になります。

東京発 大人ひとり 2泊3日の予算めやす

スクロールできます
❶交通費羽田→鹿児島(飛行機)
+鹿児島→屋久島(飛行機)
トータルで往復28,000円〜82,000円
※季節によって変動あり
❷宿代宮之浦 民宿たけすぎ(朝夕食事付き)
2泊3日 16,000円
❸レンタカー(必要な場合)到着日〜2泊3日でレンタルして 
コンパクトカーで14,000円
※軽自動車で1日4,000円程度
❹ガイドツアーへの参加費
(参加する場合)
縄文杉トレッキング15,000円 
白谷雲水峡12,000円
レインウエアや登山靴のレンタル料2,700円(1泊2日)
❺滞在費
(食事代や入館料)
トレッキング昼弁当代 2日分 1,000円(500円×2)
縄文杉と白谷雲水峡への募金 1,500円
縄文杉へ行くために乗る『荒川登山バス』往復料金 1,380円
❻お土産代三岳の焼酎、箱菓子など、5,000円程度
合計金額
(大人ひとり 2泊3日)
96,580円〜150,580円
屋久島旅行 大人1人 2泊3日の場合 (1ヶ月前の予約の場合で)

ということで、そこそこ旅費がかさみます。(涙)

それぞれの内容について詳しくご説明すると長くなりますので、更に詳しくは、【屋久島の観光】ザックリいくら?2泊3日の費用の目安をご覧ください。

そんなにするんだ〜。そりゃ困ったな。
なんか安くなる方法ってないの?

なくはないですが、フェリーや高速船利用で労力をかけても屋久島は、ぜんぜん安くならないので、^^; 

パッケージツアーを上手く利用するというのが、15年くらい東京・名古屋と屋久島を往復しつづけてた筆者の結論です。

ということで、『おすすめの屋久島ツアー』をご紹介します。

参考

屋久島のおすすめトレッキング付き観光ツアー

白谷雲水峡 太鼓岩からの眺め

屋久島の観光ツアーは、縄文杉や白谷雲水峡などのガイドトレッキングツアーをセットにしたものが主流です。

また、若干ですがクラブツーリズムのようなバス周遊ツアーを行なっている旅行会社もあります。

トレッキング付きの屋久島おすすめツアー

屋久島のツアーで、トレッキングをパッケージツアーにしている旅行会社は、『JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き)』、『HIS屋久島ツアー』、『ジェイトリップ』の3社がおすすめです。

少ないと思われるかもしれませんが、屋久島のガイドさんを安定して確保することがとても難しいので、そのくらいしかないのです。

有名所の旅行会社は屋久島に力を入れてません→トレッキング付きツアーはない

ちなみに大手旅行会社の『JTB』や『近畿日本ツーリスト』、『日本旅行』などに、トレッキング付きツアーはありません。(そんなに屋久島に力を入れていないので、現地フリープランが主流です。またツアーや宿のラインナップが少ないです。)

ということで、屋久島旅行に強い&お得になる おすすめツアーをご紹介します。

2泊3日〜3泊4日のトレッキング付きのおすすめ4ツアー

  1. JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き):【期間限定ツアー】 縄文杉や白谷雲水峡トレッキングを組み合わせた「トレッキング付きツアー」(2泊3日〜3泊4日) 。おすすめ宿+トレッキング付きならお得。登山アイテムレンタル(有料)や送迎付き&周遊バスチケット付きで他にないサービスはさすが。2名以上の申し込み必要。飛行機欠航時はキャンセル可で安心。
  2. HIS:縄文杉や白谷雲水峡のトレッキング込みのツアーのみならずその他の観光ツアーあり。LCCや高速船利用ツアーも取り扱う。登山アイテムのレンタルや送迎付きで便利。キャンセル対応に付いては、申し込むツアーによるので申込時に確認を。一人旅限定ツアーが人気。
  3. ジェイトリップ(J-TRIP):JAL便利用専門の『格安ツアー旅行会社』。縄文杉や白谷雲水峡などのトレッキング、またレンタカーなどをオプションで付けられる。JALダイナミックパッケージで予算オーバーの方は、こちらで格安宿を選べば『格安トレッキング付きJAL便利用ツアー』ができます。キャンセルについてはポイントで全額保証。
  4. クラブツーリズム国内ツアー:ガッツリトレッキングしないバス周遊ツアーならイチオシ。屋久島到着後からバスのお迎えがあり、観光スポットを巡ってくれます。少しだけ森歩きできるツアー。ツアー催行日が決定して参加者を募るタイプ。日程が合う方に。縄文杉トレッキング付きツアーもあり。

バス周遊ツアー

  • クラブツーリズム:バス周遊プランあり。軽いお散歩程度の森歩きもツアープランにあります。効率よく屋久島観光をしたい方におすすめ。トレッキング付きツアーも取り扱いあります。日程が合う方に。

ガイドなしで屋久島観光するならおすすめの3ツアー

  • JALダイナミックパッケージ(現地フリー):JALの飛行機と宿を自由に組み合わせて予約できるツアー。屋久島便に多い欠航対応がピカイチで安心。「屋久島のおすすめ宿を選ぶなら」お値打ち。一人旅OK。
  • 楽天トラベル:楽天の宿とJAL便をツアーにして『JAL楽パック』にできます。格安宿を選べば、JAL便利用の格安ツアーにできる。楽天ポイント割引利用可能。ラ・クーポンで割引も。欠航時の対応はJALとほぼ同じ。一人旅OK。
  • じゃらんパック:じゃらんの宿とJAL便をツアーにして『じゃらんパック』にできます。。クーポン割引あり。じゃらん限定ポイントや、ポンタポイント、dポイントなども利用可能。欠航時の対応はJALとほぼ同じ。一人旅OK。

※ 2022年4月より、JALダイナミックパッケージに、『トレッキング付きツアー』と、これまで通りの『現地フリーツアー』と2つの種類ができました。尚、これまであった『ジャルパック』は2022年3月で販売終了となります。

屋久島旅行の手配に必要なリンク集

屋久島旅行手配の便利リンク集

【参考】
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ
国内格安航空券・LCCの比較・予約なら【トラベリスト】
屋久島への高速船(トッピー&ロケット)

【安房】移住者がオススメする宿5選
【宮之浦】移住者がオススメする宿5選
【尾之間エリア】移住者がオススメする宿4選

屋久島空港前の便利なおすすめホテル3選

じゃらんの屋久島ガイドツアー予約
アソビューの屋久島ガイドツアー予約
屋久島のレンタカー

じゃらん 遊び・体験予約

国内最大級のレジャー・アクティビティ予約サイト。クーポンを利用すれば、現地ガイドツアーもお得になります。

じゃらん 遊び・体験予約公式ページ

asoview!(アソビュー)

日本全国のレジャーを約300種類・15,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイトです。

アソビュー公式ページ

※ もし屋久島の観光情報をかんたんに知りたい場合は、『屋久島の観光』を在住者がかんたん解説します!をご覧いただくと良いかと思います。

まとめ 屋久島観光の『1泊2日モデルプラン』は、レンタカー利用がおすすめ

いかがでしたでしょうか。屋久島観光の『一泊二日モデルプラン』をご紹介しました。

屋久島は意外に広いので、到着エリアや宿泊エリアをしっかり選ばないと、無駄に移動することになります。

ということで、一泊二日で屋久島の見どころを、いかに効率的に回るかに重点を置いてご紹介しました。

屋久島を観光するなら、レンタカーを利用することがおすすめです。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってくださいね。

屋久島ファンの人気記事

  • URLをコピーしました!
もくじ
トップへ
クリックできる目次
閉じる