今なら 2019/11/28まで 『やくしま応援割引』で最大15,000円引き!詳細はこちら

夏の屋久島をご紹介!(気温、服装、混雑、おすすめ観光、レンタカー、注意点)

屋久島 いなか浜

夏の屋久島ってどんな感じなんだろー? 混雑はどのくらいかな?観光は何ができるのかな?レンタカーって予約必要?

といった疑問にお答えいたします。

こちらでは『屋久島の夏』の気温、服装、混雑状況、おすすめ観光、レンタカー、注意点などに焦点を当てて、ご紹介します。

この夏、屋久島旅行をお考えの方、ぜひ参考にご覧ください。

屋久島の夏の気温と服装

屋久島 淀川

屋久島の夏は、梅雨明け(6月下旬〜7月中旬)から、9月の中旬頃までです。

屋久島の夏の気温は、里地でも森が多いので、都会のように気温が上がりすぎることはありません。

また、屋久島の気温は、里地と山岳部とで違います。以下の表を参考にしてみてください。縄文杉や白谷雲水峡あたりは、標高1,000m辺り。里地より−6℃ほど下がります。

山岳部は、標高が上がり気温が下がるので、避暑地のように涼しいです。

屋久島 最低気温(平均) 屋久島 最高気温(平均)
里地 標高1,000m付近 里地 標高1,000m付近
6月 20.7 15.6 26.8 21.3
7月 23.7 17.6 30.4 24.8
8月 24.2 18.2 30.6 26.2
9月 22.6 17.6 28.7 23.6
【縄文杉コース】標高600m〜1,300m
【白谷雲水峡】標高600m〜1,000m  【ヤクスギランド】標高1,000m〜1300m

屋久島 里地の服装

白谷雲水峡 8月

里地での服装は、本土とほぼ同じと考えてよいでしょう。

ただし、緯度が下がるので、日差しが強いです。帽子や日焼け止めなど、日差し対策をしっかりしましょう。また、雨の多い屋久島。折りたたみ傘も忘れずに。

参考:屋久島の天気と気候に合わせて準備したい持ち物

屋久島 トレッキングの服装

また、トレッキングの場合ですが、縄文杉トレッキングコース、白谷雲水峡、ヤクスギランド は、ほぼ標高1,000付近。このあたりに行く場合は、服装は共通で大丈夫です。

里地より随分涼しくなります。早朝はひんやりします。雨が降り風が吹けば、凍えることもあるほど。

夏のトレッキング時のアウターは、ゴアテックスのレインウエアでOKですが、それとは別に、長袖の羽織りものは必ず持ちましょう

さらに詳しいトレッキングの服装については、【縄文杉・白谷雲水峡・ヤクスギランド】の季節ごとの気温と服装でご紹介していますので、参考にしてみてください。

屋久島の夏の混雑状況

縄文杉トレッキングコース

屋久島の夏はハイシーズン。1年の中では最もにぎわう季節です。

ですので、人気の宿やガイドツアーはすぐ満員になります。特にお盆期間は早めの予約が必要です。

縄文杉トレッキングコースを歩くなら、1列に連なって歩く感じになります。また、白谷雲水峡の駐車場(無料)は朝の8時には満車に。

『縄文杉トレッキング』は、10時間のロングトレッキング。どうしても、皆同じ時間に歩き始めることになるので、同じ行動パターンになり、混雑することになります。

『白谷雲水峡』は、『苔むす森(もののけ姫の森)』や、『太鼓岩』などの人気スポットがあるので混み合います。ですが、『ヤクスギランド 』は比較的空いています。静かに屋久島の森を楽しみたいのなら『ヤクスギランド』 がおすすめです。

また、海や川も人が増えます。とはいえ、『屋久島の夏が混み合う』といっても、都会の渋滞や、行列に比べれば、ゼンゼン大したことないのかも。

屋久島の夏のおすすめ観光

安房川 カヤックツアー

屋久島の夏の観光は、やはり海と川のアクティビティがおすすめです。水の透明度が素晴らしいです。

海なら、海水浴、ダイビング、シュノーケル、シーカヤック、タイドプール、ウミガメ観察など。川は、リバーカヤック、シュノーケル、沢登りなど。

また、トレッキングにもよい季節。山の上は、歩けば汗ばみますが、都会にいるよりずっと涼しいです。がっつりトレッキングするなら『縄文杉』。屋久島の森を楽しむなら、『白谷雲水峡』と『ヤクスギランド』です。

トレッキングも海や川のアクティビティもガイドツアーが盛んです。できれば、信頼できるガイドツアーへ参加しましょう。

屋久島の夏のレンタカー事情

日産レンタカー 空港前店

レンタカー利用するなら予約が必要です。屋久島のバスは、1時間に1本程度。あとはタクシーしかありません。

特に、ご家族など、人数が増えるほどレンタカーにした方が割安に。また、効率よく、屋久島をまわりたい場合も、レンタカーは必須でしょう。

屋久島の夏 注意点

増水する白谷川

屋久島の夏は、毎年といっていいほど、水難事故や、山での遭難、レンタカーの事故が発生しています。

屋久島の川は、経験のあるガイドなどの同行がなければ、単独で入ることはおすすめしません。(急な増水があるため。)

海は、外海へは絶対出てはいけません。また、それぞれの海の看板にある注意事項を守って楽しみましょう。

山は、ガイドツアーへ参加しない場合は、必ず登山届けを出し、しっかりした装備と持ち物で。トレッキングシューズと、ゴアテックス製のレインウエアは、レンタルでよいので準備しましょう。

また、暗くなる前までに森を出られなかったことを想定して、必ずヘッドライトか懐中電灯を。

屋久島の台風について

屋久島の夏、7、8、9月は台風の確率が高くなります。この期間に屋久島旅行をお考えなら、台風について知っておいた方が良いと思います。

屋久島の夏の旅行は、海も山もおすすめです。ただし、台風の来る可能性が高い季節でもあるので、『台風が来た時どうするか。』ということも決めておくと安心です。

詳しくは以下でご紹介してます。ぜひご覧ください。
【屋久島天気と観光】台風が来る時期はいつ?台風の対応をご紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか。夏の屋久島の気温、服装、混雑、おすすめ観光、レンタカー、注意点などについてご紹介しました。

屋久島は本土より南に位置しますが、山だけでなく、都会に比べれば里地も涼しいです。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってください。

その他の季節や観光についてご紹介してます♪