宮之浦のおすすめランチスポット『ふるさと市場』のレストラン

ふるさと市場 レストラン お魚づくし定食 1,600円

宮之浦港の近く、お土産屋さん『ふるさと市場』にある『レストラン』のご紹介です。

『ふるさと市場』にあるレストランは、地魚や黒豚などご当地料理が美味しいお店。また限定10食の日替わりランチは島民にも人気です。

ということで、屋久島宮之浦のおすすめランチスポットをご紹介します。

駐車場は広めで県道から入りやすい

宮之浦 ふるさと市場

宮之浦の県道77号沿いで駐車場へも入りやすい場所です。

宮之浦港からも徒歩3分なので、ドライブ途中や乗船前にも立ち寄りやすいです。

お土産屋さんの奥にレストランはあります

ふるさと市場 レストラン入り口

お土産屋さんの奥をのぞくと、レストランの入り口があります。

黒板には、本日のお魚やランチメニューが書かれています。

店内は広いです

ふるさと市場 レストラン店内

店内は広めです。全てテーブル席ですが、お子様用の椅子の準備があります。

ちょっと暗めの落ち着いた雰囲気です。隣の席との距離があるので、ゆっくりできます。

ふるさと市場レストランのメニュー

海鮮料理

ふるさと市場 レストラン メニュー

地魚のお刺身や飛び魚の姿揚げなど、屋久島の魚料理メニューは一通り揃っています。

飛び魚姿揚げ定食が900円なのはお値打ちです。

お肉料理

ふるさと市場 レストラン メニュー

黒豚のステーキや、チキンカツなどこちらも充実したメニューです。

その他は、日替わりランチ、黒豚カレー、うどんなどかなり幅広いメニューです。

この日いただいたお料理

お魚づくし定食

ふるさと市場レストラン お魚づくし定食 1,600円

この日のお刺身は、屋久島近海で獲れた『マダイ』『青ホタ』『カンパチ』でした。身がしまっていて新鮮。

屋久島は鹿児島と同じ甘醤油が主流です。刺身醤油は選べますが、ぜひお刺身は甘醤油で食べてみてください。

また、飛び魚の姿揚げは、背骨だけを残してあとは全部食べられます。けっこうな食べ応えです。

また、屋久島名産のつけ揚げ(飛び魚のすり身を揚げたはんぺんに似たもの)や、はんだま(屋久島ではメジャーな香りがよいお野菜)の天ぷらなども付いて、屋久島感たっぷりです。

島外からいらっしゃるのなら、おすすめの定食です。

日替わり定食

ふるさと市場 レストラン 日替わりランチ コーヒー付き 850円

これでコーヒーが付いて850円なら、大満足ですよね。島の人が11時なると続々とやってきます。笑

この日のメインは、揚げ餃子と手羽にあんを挟んで揚げてあるものでした。白和えもお野菜がシャキシャキしていて、おから?が入っていて凝ったものでした。

お野菜たっぷりで、色々食べられて、女性に人気。

黒豚カツ丼

ふるさと市場 レストラン 黒豚カツ丼 1,100円

お肉も大きくご飯も沢山でボリューム満点でした。男性でもガッツリいけます。意外だったのが、味付けがわりと薄め。関西よりかもしれません。

お味噌汁や小鉢も付いているので満足感は十分。屋久島で食べる豚肉って本当に美味しいんですよね。

屋久島でも養豚をしているので、世の鹿児島産の豚肉って、本当は屋久島産のことなのでは?と密かに思っている私です。笑

ふるさと市場の場所と行き方

宮之浦港からは、屋久島環境文化村センターを右手に、T字の交差点を左に曲がると、向かいにあります。徒歩3分ほど。

また、安房方面からは、徳洲会病院を過ぎてさらに進み、宮之浦川を渡って車なら2、3分ほどです。

松の林が見えてきたら道の左手にあります。緑色の建物『観光センター』の向こう隣りです。駐車場はお店の向こう側にあります。

志戸子、一湊方面からなら宮之浦方面へ向かって走ると、佐川急便やヤマト運輸があります。さらに少し進むと『ヤクデン』というスーパーの先に、T字の交差点があります。交差点を過ぎてすぐ右手にあります。

MEMO
『ふるさと市場』 島の恵み館
所在地: 〒891-4205 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦797−1
売店 8:00〜21:00
レストラン 8:00〜15:00
(ラストオーダー14:30)
電話: 0997-42-3333

まとめ

いかがでしたでしょうか。宮之浦エリアのおすすめランチスポット、『ふるさと市場のレストラン』をご紹介しました。

『ふるさと市場』は、お土産屋さんも『おすすめのお店』として、屋久島ファンではご紹介しています。

ここでしか扱っていないお土産もありますので、是非ランチがてら立ち寄ってみてくださいね。