豪雨の影響について 通常通り『縄文杉トレッキング』可能になりました!  

屋久島空港のレストラン『エアポートやくしま』でランチしてきました!

屋久島空港内にレストランがあるって知ってましたか?

食券を買うシステムで、レストランというか、どちらかといえば食堂的な雰囲気なのですが、屋久島の郷土料理が楽しめて美味しいです。

ちなみにコーヒーやジュースが、380円で60分飲み放題。のんびり飛行機を眺めながら待ち時間を過ごすのもよいのでは。

屋久島空港 『エアポートやくしま 』窓から飛行機がすぐ近くに見えます。

屋久島空港のレストラン『エアポートやくしま』は空港の一番奥

屋久島空港の入り口を入るとすぐ目の前に受付カウンターがありますが、そのまま左を見ると見えます。

まずは入り口手前で食券を買うシステム。

屋久島空港 レストラン『エアポートやくしま』入り口手前

メニューはこんな感じです。

定食や丼物が充実してますが、屋久島の代表的な郷土料理である『飛び魚』や『鹿肉』などのメニューも豊富。

『かめの手』は屋久島の浜で採れる貝で、ウチの娘の大好物です。美味しいのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

あとは、ピラフやカレー、麺類、トーストサラダなんてモーニングメニューもあったりします。

エアポートやくしま メニュー

店内はわりと広めです

店内はわりと広めです。窓側のカウンター席は飛行機が目の前。この日は曇っていて分かりずらいですが海も見えると思います。

エアポートやくしま 店内

エアポートやくしま 窓際の席

コーヒーやマンゴージュースなど飲み物はセルフ制

コーヒーやジュースはセルフサービスです。しかも冒頭でも記載しましたが、380円で60分飲み放題。

きっと飛行機待ちの方へ向けてのサービスですね。

飲み物はセルフサービス

『屋久島御膳』と『屋久島うどん』を注文してみました。

『屋久島御前』

飛び魚の唐揚げ、屋久島鹿肉と屋久島の郷土料理の代表格が並びます。

飛び魚はカラッとあがっていてヒレまで食べられます。(えびせんみたい。)

鹿肉もくさみがなく美味しかったです。

屋久島御前 1850円

『屋久島うどん』

鯖節とつけ揚げが入っています。さらに、飛び魚の唐揚げとやくとろ(屋久島のとろろ)が付いて1,000円。

だしの味は九州らしくちょっと甘め?で、こちらも屋久島感満載です。

屋久島うどん 1,000円

管理人からひとこと

屋久島空港内のレストラン。外観がちょっと古いので入るのをちょっと躊躇しますが^^;『エアポートやくしま』かなりよいと思いました。

屋久島の地元のおばちゃんが調理していて、なんだか店内はのんびりな雰囲気。

美味しい『これぞ屋久島の郷土料理』も食べられるので、旅行中食べそびれたものを味わうのもいいかもしれません。

屋久島空港の周りの徒歩圏内の飲食店は少ないので、空港のレストランでのんびりランチは正解ですよ。

ちなみにレンタカーがあるなら、もう少しお店もありますので別ページで紹介しますね。

【屋久島空港】ランチスポット 7店まとめてご紹介(地図あり)