【 安房】屋久島の王将?おすすめランチ&食事スポット『万福』をご紹介!

安房 万福

最近安房にできた新しいお店(ラーメン&中華料理&食事)『万福』へ行ってきました。

場所は、安房の中心地。ラーメン、餃子、酢豚など中華がメイン。でもカレーやエビフライ定食なんかもあって、がっつりランチしたい場合もおすすめかも。

良心的なお値段設定。お店はカウンター席があって女性1人でも入りやすい感じです。

ということで、安房の『万福』ご紹介します!

安房 万福 店内

安房 万福 店内

以前は居酒屋だった『ぶらり』の店舗を利用しているためか、落ち着いた雰囲気です。カウンター席が多めでテーブル席は3つ。

店主はなんと屋久島出身者。『万福』をオープンする前は、静岡で中華料理をつくるお仕事をされていたのだとか。窓からのぞく風貌は貫禄あります。

安房 万福 店内 お水はセルフです。

安房 万福 店内 カウンター側

各テーブルには、醤油、ラー油、酢、コショウとなどと一緒に、『ぎょうざのたれ』がありました。お水とおしぼりはセルフ形式です。そして今時珍しい喫煙OKのようです。

また、カウンター側には、枝豆や茹でピーナッツなどのメニューも。居酒屋的な利用の仕方もありですね。

新しいお店だから当たり前かもしれませんが、とても清潔感があり、1つ1つに行き届いた感じがありました。なんだか居心地よかったです。

安房 万福 メニュー

安房 万福 メニュー

ラーメン650円は屋久島ではかなり安い方です。ちょっとびっくりしました。かつ丼やカレーなどもあるのがちょっと面白いですよね。なんか『男子の好きなもの集めました!』的なラインナップ。笑

安房 万福メニュー

お酒の種類はそんなに多くないようです。でも餃子には生ビールがあればいいのか・・?とか。笑

安房 万福 この日食べたもの

ラーメン

万福 ラーメン 650円

ということで、まずは基本のラーメンをチョイスしてみました。温度がアツアツでなかったので、ちょっと残念。

ですが、太めの麺、煮卵、チャーシュー、メンマ、1つ1つ全部美味しいです。ラーメンってスープが注目されがちですが、私は麺がいつも気になります。麺が美味しい♡

後悔しているのが、スープの出汁を何でとっているのかを聞けなかったこと。予想としては、鶏ガラに醤油でしょうか。魚介の香りもしたので、ブレンドしてるかも。(お店の方が忙しそうだったので・・・次回確認しますm(__)m)

味噌ラーメン

万福 みそラーメン 800円

『みそラーメン』は野菜たっぷりで、なんだかヘルシー?こちらはアツアツでした。チャーシューや煮卵は入っていません。ちょっと『ちゃんぽん』っぽいかも。しっかりとした味付けで、ボリューム満点です。

みそのお味は、甘くないです。でもなんか懐かしい味でした。

餃子

万福 ぎょうざ 500円

とってもフンワリした餃子です。パリッとはしてませんが、皮がうすくて、やわらかでジューシーです。

醤油さしに入っていた『ぎょうざのたれ』そのままでいただきました。あっさりめで、こちらも美味しい。

安房 万福 行き方と地図

行き方

宮之浦方面からであれば、県道77号の安房の橋手前に『モスバーガー』(左側)があります。そこを左へ曲がります。そのまま道なりに進むと、道の外れ右側に『万福』があります。

ちなみにモスバーガーのはす向かいに、『屋久島ファン』でもご紹介してます『かもがわ』があります。

尾之間方面からであれば、屋久島山荘ホテルを越して、安房の橋を渡ってすぐ右にモスバーガーがあります。モスの手前の道を右へ曲がります。

安房港の方面からも行くことができますが、道がややこしいので割愛します。m(__)m

駐車場はお店のはす向かいにあります。道が細いですが、レンタカーでもお店の前まで行けます。

安房 万福 駐車場

安房 万福 前の道

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は屋久島の安房エリアのラーメンが美味しい中華&お食事処『万福』をご紹介しました。

最近この『万福』の並び界隈のお店が増えてきました。この辺りは素泊まり系の宿も多いので、もし宿泊するならぜひ行ってみてくださいね。ちなみに縄文杉へ行くなら最寄りの宿泊エリアです。

その他の新しいお店も近々レビューしますのでお楽しみに。(^^)

安房のその他の食事スポットは以下でご紹介してますので、参考にしてみてください。 安房 ランチ&食事&居酒屋スポットをまとめてご紹介!【地図あり】

安房のおすすめ宿はこちらです。 【安房】移住者がオススメする宿5選