【大阪から屋久島へ】行き方『新幹線・高速バス・フェリー』

フェリーさんふらわあ

大阪から屋久島まで、飛行機を利用しない場合は、必ず鹿児島経由になります。

そして鹿児島から屋久島へは、飛行機、高速船、フェリーのどれかに乗り換えることに。

ということで、大阪から屋久島まで、飛行機を利用しない場合の行き方についてご案内します。

大阪→鹿児島  新幹線・高速バス・フェリーの料金と所要時間の比較

大阪から鹿児島へ、新幹線、高速バス、フェリーのおおよその料金と時間を比較してみました。

またそれぞれの行き方についてもご紹介します。

料金(片道)  所要時間
新幹線 片道  14,400〜31,260円 3時間46分〜4時間2分
高速バス 片道  6,500円〜(乗り継ぎあり) 15時間〜24時間くらい
フェリー 片道  8,500円〜  15時間〜(船中泊)

※2018・5月調べ。変更になっている場合がありますので、利用する場合はご自身で再度ご確認ください。

大阪から鹿児島まで新幹線利用の場合

九州新幹線 みずほ

新大阪〜鹿児島中央駅まで新幹線を利用の場合、直通に乗る場合は『みずほ号』か『さくら号」に乗ります。

料金は普通車自由席で21,380円。自由席は、大阪の始発に並べばほぼ座れます。

 新大阪〜鹿児島中央駅 所要時間  料金(指定席)
みずほ号 3時間46分  22,210円
さくら号 4時間2分  21,900円

※2018・5月調べ。変更になっている場合がありますので、利用する場合はご自身で再度ご確認ください。

鹿児島中央駅から港や空港へ行く場合は鹿児島中央駅からバスに乗ります。ちなみに高速船やフェリーが発着する鹿児島港ならタクシーでもワンメーターほどです。

鹿児島中央駅から空港へは1時間以上かかるので気をつけましょう。

大阪から鹿児島まで高速バスを利用する場合

高速バス

大阪から高速バスを利用するとなると、お値段は7000円〜10,000円でLCCと変わらないお値段です。

一度福岡や熊本で乗り継ぎするのが一般的。

大阪を夜出発して朝博多に到着、乗り換えて博多から鹿児島までトータルで15時間〜24時間ほど。

乗り継ぎの間で観光したりしながら、屋久島へ向かう旅もよいかもしれません。

大阪から鹿児島までフェリーを利用する場合

『フェリーさんふらわぁ』で大阪港から鹿児島の『志布志港』までフェリーが出ています。

夕方17時55分(日曜のみ17時)に出発して、翌日8時55分(土曜のみ9時40分)に到着します。

もちろん車やバイクやペットもOKです。(別途料金必要)

注意点は『志布志港』着なので、屋久島行きの『フェリー屋久島2』(鹿児島港)と『フェリーはいびすかす』(谷山港)が出発する港とはそれぞれ違います。

車ならそれぞれの港へ移動して乗船。徒歩なら志布志から鹿児島中央駅までセットになっているプランがあるのでそちらが便利でしょう。

『フェリーさんふらわあ』の運賃など詳細についてはこちらをご覧ください。
フェリーさんふらわあ【公式】ホームページ

鹿児島から屋久島への行き方

鹿児島港 フェリー屋久島2

鹿児島から屋久島へは、飛行機、高速船、フェリーの3つの方法で行くことが可能です。
これらの3つのアクセス方法については、別ページで詳しくご案内していますので、そちらを参考になさってください。

飛行機、高速船、フェリーの所要時間と運賃についてや、乗り継ぎの仕方などもご紹介しています。

大阪から格安で行くなら

もしも大阪から格安で行く方法を探しているなら、『HISのツアー』が格安です。縄文杉トレッキングなどのトレッキングツアーもセットになったツアーが主流です。手軽で簡単に、格安に屋久島の旅を手配したい方には最適です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。大阪から新幹線、高速バス、フェリーを利用した場合の鹿児島までの行き方をご紹介しました。

時間的に余裕があるなら、大阪からフェリー利用もおすすめ。『さんふらわぁ』くらい大きな船になると揺れもほとんど気にならなくなります。

自家用車も一緒に乗せて行けば、屋久島のみならず、鹿児島観光もできて旅行の幅も広がりますね。

参考にしていだだき楽しい屋久島旅行をなさってください。
その他の行き方はこちらをご覧ください。