★JALの割引クーポンあり★ おすすめの 屋久島 ツアー (ホテル+交通)紹介

【大阪から屋久島】『フェリーさんふらわあ』でのアクセス方法を詳しくご紹介!

ふぇりーさんふらわあ

大阪から屋久島へ、『フェリーさんふらわあ』を利用してのアクセス方法を詳しくご紹介します。

フェリーでのんびり船旅を楽しみたい方、車やバイクも一緒に、屋久島へ行きたい方などに最適。

また、関東、中部エリアなど、遠方から『フェリー利用』で屋久島へ行く場合にも使えるアクセス方法です。

【大阪から屋久島】ルートと船

クリックすると港名が表示されます。

まずは、ルートと利用する船についてご紹介します。

大阪から『フェリーさんふらわあ』を利用した後は、鹿児島港からは、3種類の船(高速船orフェリー)のどれかを選ぶことになります。

❶徒歩で大阪からフェリーに乗る

高速船(トッピー&ロケット)屋久島 宮之浦港

大阪港では『大阪南第2ターミナル』から『フェリーさんふらわあ』に乗船します。『フェリーさんふらわあ』では、船中泊となり、翌朝に鹿児島『志布志港』へ到着します。

『フェリーさんふらわあ』を利用した後は、陸路を移動して鹿児島港まで行き、『高速船(トッピー&ロケット)』に乗り継ぐことになります。

フェリーへの乗り継ぎは翌日になる

もしくは、『フェリー屋久島2』に乗り継ぐことも可能ですが、朝8時30分出発のため時間的に間に合いません。(→鹿児島市内宿泊で翌日乗船)

『志布志港』から『鹿児島港』は無料のシャトルバスがある

鹿児島『志布志港』から出発している『無料シャトルバス』を利用して、『高速船ターミナル』へアクセスするのが便利です。(所要時間 約2時間)

高速船ターミナルのある『鹿児島港』からは、屋久島行きの『高速船トッピー&ロケット』に乗船して、屋久島へ。(2時間30分)

大阪から屋久島へ高速船利用の移動スケジュール

こちらは、『フェリーさんふらわあ』から、鹿児島で高速船へ乗り換えて、当日中に屋久島入りするスケジュールです。

STEP.1
大阪港 南第2ターミナル
夕方出航
船中泊
STEP.2
鹿児島『志布志港』
朝到着
無料シャトルバスで高速船ターミナルへ(約2時間)昼頃到着
STEP.3
鹿児島港 高速船ターミナル
『高速船トッピー&ロケット』に乗船。約2時間30分で屋久島へ
STEP.4
屋久島 宮之浦or安房港へ到着

❷自家用車orバイクで大阪から『フェリー屋久島 2』に乗る

屋久島 宮之浦港 フェリー屋久島2

徒歩の場合と同じく、大阪『大阪南第2ターミナル』から『フェリーさんふらわあ』に夕方乗船します。

船中泊し、翌朝に鹿児島『志布志港』に到着。

その後は、陸路を移動して(約2時間)『鹿児島港』まで行き、『フェリー屋久島2』に乗り継ぎます。(高速船ターミナルのすぐ側に乗船場所はあります。)

『フェリー屋久島2』利用の場合の注意点

『フェリー屋久島2』利用の場合は、注意点があります。

それは、上述の通り、鹿児島市内で宿泊が必須となることです。

なぜかというと、『フェリー屋久島2』は朝8時30分の出航なので、『フェリー屋久島2』の出航時間に間に合わないからです。

幸い、鹿児島港は、鹿児島中央駅や天文館のある、鹿児島市の中心エリアに近いです。(港まで徒歩25分)

このエリアに宿泊→翌朝『鹿児島港』から『フェリー屋久島2』へ乗船するというのがスムーズなルートでしょう。

屋久島へは、4時間の乗船で、お昼の12時30分到着です。

❸自家用車orバイクで大阪から『フェリーはいびすかす』に乗る

屋久島行きのフェリーには、『フェリーはいびすかす』もあります。

鹿児島の志布志港までは同じアクセス方法です。

まず、大阪『大阪南第2ターミナル』から『フェリーさんふらわあ』に夕方乗船します。

船中泊し、翌朝に鹿児島『志布志港』に到着。

そこから陸路で、鹿児島の谷山港へ。

フェリーはいびすかす利用の注意点

『フェリーはいびすかす』に乗船する場合は、『鹿児島港』ではなく、鹿児島の『谷山港』を利用します。

しかも、船中泊となります。

『フェリーはいびすかす』は夕方出航ですので、時間的には当日中に間に合います。

ですので、鹿児島市内に宿泊しないで、こちらに乗船するというのもありですね。

屋久島到着は翌朝7時到着になります。

【大阪から屋久島】フェリー利用のメリットとデメリット

鹿児島港 フェリー屋久島2に乗船する場所

屋久島へフェリー利用のメリットは、途中必ず鹿児島を経由するので、鹿児島観光なども絡めた旅行も可能な点でしょうか。

お値段については、『フェリー屋久島2』利用の場合は、途中鹿児島市内で宿泊が必須なので、宿泊費がかかり格安にはならないかもしれません。

『フェリーはいびすかす』利用なら、片道3,900円と格安ですが、船内で売店や、シャワー等の施設はないので注意しましょう。

そしてやはり、『フェリーさんふらわあ』+『フェリー』の場合は、大阪から2泊3日かけて屋久島へ到着することになり、時間がかかることがデメリット。

とはいえ、時間をかけてのんびり旅ができるので、ある意味贅沢な旅ともいえるのかもしれません。

もし、屋久島で自家用車やバイクを利用できる場合は、レンタカーを借りる必要がないのも嬉しいメリットですね。

単に格安狙いなら格安ツアーがよいかも

単に格安狙いでフェリー利用を考えるのであれば、格安ツアーへ申し込んだ方が、旅行トータルではお値打ちかもしれません。

屋久島への格安ツアーなら、楽天トラベルじゃらんパックで、格安な宿を選んで、JAL便とセットにすると最安値を狙えます。

もし、トレッキング付きのツアーなら、J-TRIP( ジェイトリップ) が格安です。

参考

屋久島の『格安ツアー』を比較してみました! 【名古屋発】格安ツアーを比較してみました!(トレッキング付き&現地フリー) 屋久島へ【LCC+フェリー】vs【JAL楽パックツアー】なんで差額がこれだけ?

こちらで大阪発の格安ツアーをご紹介しています。
おすすめ6社を比較【大阪発】屋久島ツアー(トレッキング付き/格安/一人/フリープラン)

まとめ

いかがでしたでしょうか。大阪から屋久島へのフェリー利用のアクセス方法をご紹介しました。

鹿児島からは、高速船とフェリーの3種類から選ぶことができます。

『フェリー屋久島2』利用の場合は、さらに鹿児島市内にもう1泊しなくてはならない点、『フェリーはいびすかす』は船中泊となる点を考慮して計画を立てましょう。

鹿児島は、霧島や指宿(いぶすき)も温泉があり、良いところです。また、市内からも見える、桜島も外せませんね。

ぜひ参考にしていただき、楽しい旅をなさってくださいね。

大阪発の飛行機やその他の行き方はこちらよりお選びください。