【名古屋から屋久島へ】飛行機(JAL/ANA/LCC)での行き方 

中部国際空港

名古屋から屋久島へ飛行機(JAL/ANA/LCC)を選ぶポイントとルート・注意点をご案内します。

名古屋といえば、中部国際空港(セントレア)ですが、実は名古屋(小牧)空港が最寄りなら、そちらを利用した方が便利でお値打ちなことも。

また、鹿児島空港へ行かずとも、大阪国際空港(伊丹)まで近鉄などでアクセスし、直行便に乗るというルートもあります。

ちなみに中部国際空港(セントレア)から、大阪国際空港(伊丹)への飛行機はないので注意しましょう。

ということで、まずは屋久島への直行便が就航している3つの空港をご紹介します。
就航している航空会社は、JAL系列の日本エアコミューター(JAC)のみです。

 【屋久島への直航便が就航している空港】
  1. 大阪国際空港(伊丹)
  2. 福岡空港
  3. 鹿児島空港

以上のことを踏まえると、名古屋から屋久島へ考えられるルートは以下の目次にある4つです。

目次順にご紹介していきます。利用したい空港やルートが既にお決まりでしたら、そちらをクリックしてくださいませ。

それではそれぞれ詳しくご紹介していきます。

❶伊丹まで飛行機利用しない→大阪国際空港(伊丹)→屋久島

伊丹空港

名古屋から高速バスや新幹線、近鉄特急などを利用して伊丹空港へ行き、そこから屋久島への直行便に乗るというルートです。

メリットとしては、やはり早くて便利なこと。屋久島まで1時間50分で、乗り継ぎがないのはかなりラクです。
大阪へ出やすいエリアにお住まいなら、『セントレア』へ行くより便利です。

デメリットは、伊丹便は席数が少ないので、すぐに満席になってしまうこと。さらに、お値段があまり下がらない路線ということ。

解決策としては、『JALパック』や『JALダイナミックパッケージ』になどのパッケージツアーにしてしまうことでしょうか。結果的にトータルの旅行費を下げることに繋がります。

❷中部国際空港(セントレア)→鹿児島空港→屋久島

鹿児島空港 JAL乗り継ぎカウンター

中部国際空港(セントレア)から、鹿児島空港へは『ANA』or『ジェットスター』or『スカイマーク』or『ソラシドエア』の就航です。JALは就航していませんので注意しましょう。

鹿児島から屋久島までの飛行機はJACです。JACへの乗り継ぎの際は、鹿児島空港で手続きが必要ですので気をつけましょう。

鹿児島からの行き方は、後ほどご案内します。

ANA利用の場合

セントレアでの搭乗手続きの際、手荷物について確認があります。航空会社が変わります(ANA→JAC)が、ANAの場合は屋久島までそのまま運んでもらえます。

鹿児島空港に到着の際は、JALカウンター(ゲートを出て同じフロアにあります。)へ行けば再度、鹿児島空港でのチェックインの必要ありません。

LCCは再チェックイン(一度外へ出て、保安検査場を通過し直す。)の必要があるので、ANAはJACへの乗り継ぎが便利です。

ただし、ANAの旅作じゃらんパック楽天トラベルなどのダイナミックパッケージツアーをANA利用で予約する場合は、鹿児島→屋久島の交通が一括手配できないので気をつけましょう。

LCC(ジェットスター・スカイマーク・ソラシドエア)利用の場合

LCCの注意点は、鹿児島空港でJACへの乗り継ぎの際、一旦手荷物を受け取り、再度保安検査場を通過し直さなければならないことです。

ですので、LCC→JACの場合は、乗り継ぎの時間に余裕を持って予約する必要があります。(場合によっては180分以上)

とはいえ、LCCを利用すれば片道5,000円前後からあるので、安く行くことができる点は嬉しいですね。

天気がある程度予想がつく直前なら有効と言えます。

鹿児島→屋久島の直航便(飛行機、船)は、荒天で欠航が少なくありません。チケット購入の際は、変更&キャンセルの場合の条件を必ず確認しましょう。
参考:国内格安航空券予約サイト-skyticket.jp –

鹿児島→屋久島 3つのアクセス方法

鹿児島高速船ターミナル

名古屋から鹿児島まで来ることができたら、次は、鹿児島から屋久島へ渡ります。交通機関は以下の3つです。

  1. 飛行機(JAC 日本エアコミューター)
  2. 高速船(トッピー&ロケット)
  3. フェリー(フェリー屋久島2・フェリーはいびすかす)

3つの交通機関にはそれぞれメリット、デメリットがあります。ちなみにフェリーは、翌日到着になるので、のんびり行きたい方向きです。

飛行機で鹿児島まで行くなら、飛行機への乗り継ぎがラクで便利です。鹿児島の空港と港は離れていますので、バスで移動が必要です。(54分 1,250円)

ちなみに、新幹線やバスなどで鹿児島中央駅に到着する場合なら、港が近くなります。(徒歩25分)

と言いつつ^^;色々な事情で『飛行機→高速船』へ乗り継ぐ方もいらっしゃると思いますので、そちらについてもご案内します。

鹿児島から屋久島へのアクセス方法については、以下をご覧ください。
【鹿児島から屋久島へ】3つの行き方(❶飛行機❷高速船❸フェリー)

❸中部国際空港(セントレア)→福岡空港→屋久島

屋久島への直行便は、福岡空港からも出ています。

中部国際空港(セントレア)からは、ANA、ジェットスター、スターフライヤーの3つの航空会社が就航しています。

福岡→屋久島は、JAL系のJAC(日本エアコミューター)ですので、この場合も航空会社が変わることになります。

乗り継ぎの際は、❷の場合と同じく、搭乗手続きのやり直しをします。また、こちらの直行便も1日1便です。
特別な理由がないなら、このルートはメリットが少ないかもしれません。

❹小牧空港→福岡空港→屋久島

名古屋(小牧)空港

そしてちょっとウラワザ的な行き方ですが、名古屋(小牧)空港を利用する方法です。
名古屋空港(小牧)から福岡へは、JALのみの就航となります。

特に名古屋空港(小牧)→福岡空港の便は、利用者が少ないためか、伊丹便の場合よりグッとお得になるケースも。

名古屋(小牧)空港がセントレアより最寄りなら『あり』だと思います。
ちなみに、お得なJAL便利用のパッケージツアーなら、名古屋(小牧)発の『JALパック』は、残念ながら設定がありません。

JAL便利用の『ダイナミックパッケージタイプ』のツアーであれば予約可能です。各旅行会社での取り扱いがありますが、屋久島旅行ならJALダイナミックパッケージじゃらんパック楽天トラベルでぜひ一度チェックしてみてください。

小牧周辺にお住いの方ならおすすめです。鹿児島で高速船へ乗り継ぐ時間と労力や、欠航のリスクを考えると、この方法がベストなのでは。

まとめ

いかがでしたでしょうか。名古屋から屋久島への飛行機での行き方についてご紹介しました。屋久島への直航便はJAL系なので、JAL利用がベストです。

にもかかわらず、セントレアからのJALの就航がないのがイタイです。(私も含め^^;)
そこで中部圏出身の筆者としては解決策に、伊丹or 小牧発のJAL便利用ツアーをおすすめしてます。

ぜひ参考にしていただき、ご自身に合った行き方お選びください。
みなさまのお役に立てば幸いです。

名古屋発のツアー比較はこちらでご紹介しています。
【名古屋発】屋久島ツアー 大手6社を比較しておすすめをご紹介!