【大阪〜屋久島】飛行機での行き方と注意点(直航便/JAL/ANA/LCC)

大阪国際空港(伊丹)

大阪国際空港(伊丹)関西国際空港を利用し、JAL,ANA,LCCの3つの飛行機の行き方と、実際に利用してみて感じた注意点をご紹介します。

ちなみに、屋久島への直航便は、大阪国際空港(伊丹)から、日本エアコミューター(JAC)が出ています。ですがもし、直航便に乗らない場合は、JAL、ANA、 LCCを利用して鹿児島経由が基本となります。

希望のルートや飛行機がある方は、以下の目次をクリックしてお選びください。

それでは、大阪から屋久島への飛行機での行き方と注意点をご紹介します。

ルートのご紹介

屋久島への直行便伊丹、福岡、鹿児島の3空港からの就航で、飛行機は、JAL系の日本エアコミューター(JAC)のみとなります。

ですので、大阪から屋久島へ飛行機で行くには、2つのルートのどちらかになります。

  1. 伊丹空港から直行便に乗るルート。
  2. 伊丹or関西国際空港から鹿児島へ行き、鹿児島空港で、直航便に乗り継ぐルート。

また鹿児島空港到着後、屋久島へは、飛行機(JAC)、高速船、フェリーの3つの交通機関から選ぶことが可能です。

大阪から屋久島へのルートが分かってきたところで、次はそれぞれの空港から就航している飛行機と、利用時の注意点についてご紹介します。

【大阪国際空港(伊丹)→屋久島】直行便に乗るルート

屋久島空港 日本エアコミューター(JAC)

メリットは最も早く、乗り継ぎがなくラクちんなこと。さらに、屋久島直航便に多い、欠航や遅延対応はJALが一番よいのでおすすめです。

例えば、伊丹空港へ行き、チェックインの際にはじめて、「JACが欠航している」と知ることも。そんな時は、その場で便の変更が可能です。(空席があれば、鹿児島便JAL+屋久島便JACへの変更手続きが、一括で完了できます。)

デメリットは、1日1便で時間的選択肢がないこと。また、席数の少が少なく、すぐ満席になる点。そして料金が比較的高めの設定なことです。

解決策としては、『JALパック』や『JALダイナミックパッケージ』のパッケージツアーにすると、屋久島旅行のトータル金額が下がりやすくなります。

【大阪国際空港(伊丹)→鹿児島→屋久島】ルート

鹿児島空港 JAL乗り継ぎカウンター

大阪国際空港(伊丹空港)から鹿児島へは、JALかANAのどちらかの航空会社利用となります。

所要時間は1時間15分〜25分です。JALとANA、料金的な違いは殆どのありません。ちなみに大阪国際空港(伊丹)からはLCCの就航はありません。

鹿児島空港へ到着したら、そのまま鹿児島→屋久島の飛行機(JAC)に乗り換える方法がおすすめです。なぜなら、高速船に乗る鹿児島港は、バスに乗り換え、港まで移動が必要だからです。(54分1,250円)

鹿児島からの飛行機、高速船、フェリーのアクセス方法について詳しくは【鹿児島から屋久島へ】の3つの行き方(❶飛行機❷高速船❸フェリー)でご紹介していますので、よろしければご覧ください。

また、具体的な『鹿児島空港→バス→高速船ターミナル』までの乗り継ぎ方法は【鹿児島空港→バス→鹿児島港】飛行機から高速船への乗り換えの仕方で詳しくご紹介してます。

ANAからJACへの乗り継ぎ 注意点

JALで鹿児島まで行く場合は、飛行機を降りたらそのまま屋久島行きの搭乗口を確認して待ちましょう。

ANA利用の場合は、鹿児島へ到着しゲートを出たらJALの乗り継ぎカウンターへ行きましょう。荷物については伊丹空港でANAチェックイン時に確認があります。荷物もそのまま屋久島まで運んでもらえるので大丈夫です。

気を付けたいのが、ANA→JACへの乗り換えの際、鹿児島空港のANAとJACの搭乗口が離れている場合があること。乗り継ぎ時間に余裕を持ちましょう。(30分以上
以前、乗り継ぎ時間が10分しかないことがあり、案内のCAさんと全力で走った経験があります。^^;

【関西国際空港→鹿児島→屋久島】ルート

関西国際空港

関西国際空港から鹿児島空港へは、LCC(ピーチ)のみです。大阪方面から鹿児島へ入るなら、最安値で行くことが可能です。

ピーチで鹿児島空港まで行き、屋久島行きのJAC(日本エアコミューター)へ乗り継ぎする場合は注意点があります。

LCC→JAC乗り継ぎ 注意点

鹿児島空港で、チェックインのやり直しが必要です。

具体的には、鹿児島到着後、まず手荷物を受け取り、出口を一旦出ます。そして再度JALの受付カウンターでチェックイン手続きをします。
鹿児島空港でもう1度、保安検査場で検査を受けなければならないため、乗り継ぎ時間の余裕が必要となります。(場合によっては180分以上。)

また屋久島への直航便、JACや高速船が欠航、遅延となった場合を想定し、キャンセル、変更の場合の条件を必ず確認しましょう。

鹿児島到着後、高速船へ乗り継ぐ場合は、空港連絡バスで港まで54分(1,250円)かかります。

鹿児島→屋久島の高速船は、1日6便ほど。時間は2時間30分程です。予約なしでも乗ることが可能ですが、満席の可能性もあるので、事前に予約しておくと安心です。

料金や時間の比較については、【鹿児島から屋久島へ】の3つの行き方(❶飛行機❷高速船❸フェリー)で詳しくご紹介しています。

また、具体的な『鹿児島空港→バス→高速船ターミナル』までの乗り継ぎ方法は【鹿児島空港→バス→鹿児島港】飛行機から高速船への乗り換えの仕方で詳しくご紹介してます。

もし『LCC利用+高速船』の格安ツアーを探されるなら、HISで取り扱いがあることが多いです。格安を探す方におすすめです。

おすすめの屋久島旅行の仕方

屋久島への旅行といっても色々ですが、おすすめは、JAL利用のパッケージツアーを予約してしまうことです。

理由は3つ。1つ目予約手配も、荒天時の変更手配も、一括で済むこと。例えば、飛行機、高速船の予約、宿の予約、ガイドツアーなどの予約を、別々に手配するのは手間がかかります。

さらに屋久島便に多い飛行機欠航時は、連絡&手続きをそれぞれしなくてはなりません。そのような諸々の手続きが一括で済ませられるのは、かなり便利&時間の節約となります。

2つ目乗り継ぎがラクでスムーズ。鹿児島での乗り継ぎは、JAL→JACがラクでスムーズです。

3つ目飛行機と宿を別々に手配するより、お得になることが多いから。多くの場合、別手配よりパッケージにすることでお得になります。

ですので、屋久島へは、JAL便利用のパッケージツアーがおすすめなんです。

ということで、大阪発のパッケージツアーを比較してみました。参考にぜひご覧ください。
【大阪発】屋久島ツアー 大手6社を比較しておすすめをご紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか。大阪エリアの2つの空港(大阪国際空港、関西国際空港)から、屋久島への飛行機(直航便、JAL、ANA、LCC)での行き方をご紹介しました。

筆者は、中部圏出身ですので、本来はセントレア利用なのですが・・・セントレアは、JALの就航がないので、伊丹空港をよく利用させていただいてます。(^^)
なので、名古屋の人も利用する『伊丹発の直航便』は争奪戦なんですよね・・・

ぜひ、参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってください。
みなさまのお役に立てば幸いです。

飛行機以外の行き方もご紹介してます。