現地フリー屋久島おすすめツアーをご紹介>>

東京から【屋久島の縄文杉への行き方】まとめ

東京から【屋久島の縄文杉への行き方】まとめ

東京から縄文杉ってどうやって行くの?

という疑問を解決します。

こちらの記事の内容

東京から屋久島へ行き、縄文杉へ到着するまでの『行き方』や、『ルート』、『ツアー』『格安方法』などをまとめて知ることができます。

屋久島旅行の情報収集を簡単に済ませたい方、ぜひご覧ください。

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

クリックできる目次

東京から屋久島の縄文杉へ行く方法を簡単解説

まず簡単に、東京から縄文杉を目指す方法をご紹介します。

東京から屋久島までは、飛行機で行くのが一般的です。

羽田からJALに乗り、鹿児島空港へ。

そこで、直行便のJAC(日本エアコミューター)へ乗り継いで屋久島へ到着します。

屋久島空港に到着したら、バスに乗り『屋久島の安房エリア』まで行き、ホテルに宿泊します。

  1. 羽田からJALに乗る。
  2. JACへ乗り継いで屋久島へ。
  3. 屋久島空港から屋久島交通バスに乗りホテルへ。

東京→屋久島へのルートは3つあります。

東京から屋久島への行き方で、おすすめなのは鹿児島経由です。

なぜなら、便数が多いので値段も下がりやすく、時間的自由度も高いからです。

ちなみに、屋久島直行便は、高速船やフェリーも鹿児島からのみとなります。

羽田からの飛行機のルート

  1. 大阪伊丹経由→1日1便で時間的自由度が低い為こちらでは割愛します。
  2. 福岡経由→1日1便で時間的自由度が低い為こちらでは割愛します。
  3. 鹿児島経由→1日5便前後あるので、こちらをご紹介します。

屋久島への直行便はJAL系の『JAC(ジャック)』のみの運行です。

鹿児島空港 鹿児島港へ行く場合はここから乗車します。

乗り継ぎと手配を考えると、JAL→JACが簡単です。

ということで、

羽田からJALを利用して、鹿児島でJACに乗り継ぐのが『おすすめの行き方』です。

東京から屋久島への飛行機での行き方については、【東京から屋久島へ】行き方 飛行機(羽田/成田)おすすめ鹿児島経由のご案内 で詳しくご紹介しています。

鹿児島→屋久島を『フェリー』や『高速船』利用をお考えの方へ。

屋久島 宮之浦港 フェリー屋久島2

東京からフェリーを利用する場合、当日中に屋久島入りできません。(鹿児島8時30発のフェリー屋久島2に乗船しなくてはならないので。前泊が必要。)

高速船は、鹿児島空港から1時間ほどかけて鹿児島港へ移動する必要があり、さらに2時間ほど乗船します。(高速船の往復料金は16,600円です。)

鹿児島空港→鹿児島港の移動費バス代(2,500円くらい)を考えると、片道JACが9,550円以下なら飛行機利用の方がお値打ちですし、おすすめです。

屋久島到着後、縄文杉へはどうやったら行けるの?

屋久杉自然館(荒川登山バス)バス停

屋久島到着後はホテルへ。(もし時間があれば、到着日に観光するのもありです。)

縄文杉トレッキングをするためには、ホテルに一泊し、翌日の朝の4時〜5時頃ホテルを出発します。

荒川登山バスに乗るために、『安房エリア』の『屋久杉自然館前のバス停』まで行き、専用の荒川登山バスに乗ります。(冬季は専用バス運行なし。その場合はレンタカーで乗り入れ。)

荒川登山口に到着後、トレッキングをして縄文杉へ。

往復10時間のトレッキングとなります。エスケープできませんので、必ず下山は夕方5時〜7時に。

屋久島到着後の『縄文杉トレッキングをするために必要な情報』は【保存版】縄文杉トレッキングに必要なこと全部まとめました! で詳しくご紹介しています。

東京から屋久島の縄文杉へ行くなら、どのくらい時間がかかる?

東京の羽田空港から鹿児島空港までのフライト時間は、1時間50分前後です。

鹿児島空港から屋久島空港までのフライト時間は35分です。

ということで、飛行機に乗っている時間だけみれば、『羽田→屋久島』は2時間25分です。

とはいえ、ご自宅から空港へ行き、空港でチェックインと保安検査場を通過して搭乗し・・・となると、東京から屋久島までは、最短でも半日かかります。

東京を早朝出発して、昼過ぎに屋久島入りするイメージです。(飛行機のみ利用の場合。)

もし、『車とフェリー』利用をお考えなら、東京から屋久島へ到着するまでに3日かかります。^^;

また、鹿児島から屋久島まで、高速船利用なら、鹿児島空港から屋久島到着まで4時間は必要となります。

『飛行機とフェリー』利用は、東京出発日から翌日到着となります。

参考

縄文杉トレッキングに必要な日数は2泊3日

ここまで読まれて、『屋久島へ到着して、すぐに縄文杉へ行けないの?』と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

縄文杉へは、往復10時間かけてトレッキングをしなければ行くことができませんので(短縮ルートや、車での乗り入れ、ロープウェイなどもありません。)まる1日必要となります。

また、屋久島へ向かう交通、全てをみても、午前9時を過ぎないと到着しませんし、出島するにも、縄文杉トレッキングから戻ってから、最終の便にも間に合いません。

ですので、東京から屋久島へ行き、縄文杉トレッキングをするには、必ず『2泊3日』必要となります。

参考

東京から屋久島の『縄文杉トレッキング』するならおすすめの方法とは?

屋久島 縄文杉

ここまで簡単に、『東京からの屋久島への行き方』と、『縄文杉へのアクセス』についてご紹介してきました。

そこで、疑問が出てくるかと思います。

例えば、

『じゃあ、まずは屋久島へ飛行機の手配が必要?』

『縄文杉トレッキングをするなら、ガイドツアーに参加するべき?』

『旅行会社のツアーに申し込むのと、個人手配とどっちがお値打ち?』

など、など。

結論を先に言ってしまえば、東京の方が屋久島へ行き『縄文杉トレッキング』をするのなら、『JALパック』に申し込むのが一番、簡単で便利でお得です。

『え?なんで?JALのツアーなんて使ったら高いんじゃない?』

と思いますよね。^^;

でも、それは昔の話。

他のエリアのことは分かりませんが、屋久島のツアーについては、JALのパッケージツアーの値段が下がっています。

しかも、『屋久島の直行便に多い欠航』に対しての対応がピカイチです。

それ以外にもおすすめな点は、諸々あるのですが・・・

ってゆーか、『JALパック』って何?ですよね。(笑)

『JALパック』とは以下の内容をパッケージツアーにしたものです。

JALパックの特徴

  1. JALの飛行機
  2. 屋久島の宿
  3. 縄文杉のトレッキングツアー(白谷雲水峡トレッキングもあり)
  4. 縄文杉トレッキング当日の送迎
  5. 縄文杉トレッキングに必要な登山アイテムのレンタル(有料)

以上のような手配が一括で済みますので、ラクチンなのもおすすめの理由ですが、

その他の『JALパック』を申し込むメリットをご紹介しますと

JALパックを選ぶメリット

  1. JAL便利用で乗り継ぎがラク&時短
    JALからJAL系のJACが一番乗り継ぎがスムーズです。また、最短時間で屋久島へ到着しますので、翌日の縄文杉トレッキングの体力温存の為にもおすすめです。
  2. ホテルが良いので安心。
    屋久島の宿は個人経営の宿が主流。当たり外れがあるのは否めません。そんな中で、JALの提携するホテルなら安心して宿泊できます。
  3. 多くの場合お値打ち価格。
    飛行機を運行しているJALのパッケージツアーなので、実は同じグレードのホテルなら『JALのツアー』が他の旅行会社と比べてもお値打ち。
  4. 『縄文杉トレッキング』も『登山アイテムレンタル』も同時に申し込めるので手間が省ける。
    縄文杉トレッキング当日は、ホテルまで送迎も付いて、トレッキングアイテムのレンタルもできます。
  5. 屋久島に多い荒天での欠航時は、一括手続きでキャンセル可能。
    JALのツアーは、荒天で飛行機が欠航になった際の手続きが簡単。しかも条件を満たせば、全額返金可能です。(屋久島は荒天で交通の欠航が日常茶飯事です。)

ということで、『JALパック』がおすすめです。(←しつこい笑)

とはいえ、いきなり『JALパック』をすすめられても・・・

と戸惑う方もいらっしゃるかとおもいますので、おすすめ7社を比較!【東京発】屋久島ツアー(トレッキング付き/一人/格安/フリープラン) で、東京発のその他のツアーも比較してご紹介してます。

よろしければそちらも参考にしてみてください。

ちなみに、『JALパック』のデメリットもご紹介しますと、

  • 空港が選べない。(関東圏なら羽田発しかない。)
  • スケジュールが固定されている。
  • 選べる宿の数が少ない。

という点です。

要するに、飛行機ツアーで時短&安心宿でも、

自由度が低い分『お値打ち』ということですね。

\登山アイテムレンタルありで便利/

おすすめの縄文杉トレッキング付きツアーJALパック

東京から『格安』で縄文杉トレッキングをするなら?

実は屋久島の場合、フェリーや高速船を乗り継いで時間と労力をかけても格安にはなりません。

ちょっと、意外かもしれませんね。

屋久島へ【LCC+フェリー】vs【JAL楽パック】なんで差額がこれだけ? では、一番格安が実現しそうな『LCC&フェリー利用』と、『JAL便利用ツアー』とを実際に内訳を出して比較してます。

『格安』にこだわる方は参考にしてみてください。

屋久島旅行の『格安ポイント』は『ホテルのグレード』と『予約時期』です。

屋久島 いなか浜から見える口永良部島

屋久島旅行を格安にするポイントは、『宿のグレード』を下げることと、『早く予約すること』です。

そうすれば『東京発』の『縄文杉トレッキング付き屋久島ツアー』をつくることができます。

『個人手配』vs『現地フリーツアー』の比較

『現地フリーツアー』とは『ダイナミックパッケージツアー』のことです。

『じゃあ、個人で個別に手配するのとどっちがお得なのかな?』という点も気になってきますよね。

答えは、『変わらない』 or 『ダイナミックパッケージツアーがお得』となります。

個人手配は、飛行機が欠航したときに、交通や宿、レンタカーなどそれぞれにキャンセル連絡するのが大変なので、値段が変わらないならツアーがおすすめです。

縄文杉トレッキングは『自力で行く』なら おすすめの『格安ツアー』

そこで、『東京』から屋久島観光旅行で、ガイドツアーへは参加せず、

『自力で縄文杉トレッキング』する場合に、『格安』となる方法についてご紹介します。

まずJALダイナミックパッケージを選ぶこと

JALツアーには、『JALパック』とは別の、『JALダイナミックパッケージ』というのがあります。

詳しい違いは、JALパックとJALダイナミックパッケージの違いとは?をで詳しくご紹介していますが、

『JALダイナミックパッケージ』とは、簡単に説明すると『飛行機』と『宿のみ』を組み合わせただけの『JAL』の『現地フリーツアー』のことです。

JALダイナミックパッケージよりもっと格安にしたいなら

JALダイナミックパッケージ』なら、屋久島のグレード高めの宿で申し込みたいなら、ほぼ最安値です。

でも、それよりもっと安くする方法があります。

それは、先程申し上げた、屋久島の宿のグレードを下げることです。

そこで、『JAL便+格安宿』 のツアーを作ることができる、

現地フリーの『楽天トラベル』か、『じゃらんパック』で、『格安宿』を選べば、格安で売るオリオンツアーより値段が下がります。

根拠は、屋久島の格安ツアーを比較してみました で実際に比較してますので、気になる方はどうぞ。

そして、もっと下げたいなら、できるだけ『早く』予約する(75日以上前)というのが、格安の方法です。(オニだな・・・笑)

現地フリーなら縄文杉へは現地ガイドさんを予約するか、自力で行くことになります。

とはいえ、『現地フリー』ですので、縄文杉へは自力で行くことになります。

ですので、レンタカーを別に手配&トレッキングアイテムのレンタルなどが必要となります。

ということで、その辺は以下の記事でご紹介しています。

縄文杉トレッキング付きツアーの格安

そして最後に『JALパックのような縄文杉トレッキング付きで、宿安の格安ツアーってないの?』という方に向けて。

結論を申し上げるなら『JAL便+格安宿+縄文杉トレッキングツアー』の『ジェイトリップ』に申し込むのが格安ですね。

その場合も、格安の宿を選んで、さらにできるだけ早く予約してください。

上述の格安の根拠についても、屋久島の『格安ツアー』を比較してみました! で、格安で売り出す旅行会社とお値段を、徹底比較してます。

memo

縄文杉トレッキングをする為に一番便利な場所は、屋久島の安房エリアです。

おすすめの屋久島安房の宿については、【安房】移住者がオススメする「ホテルと宿」6選 を参考にしてみて下さい。

関連記事

まとめ:東京から屋久島へ行くならJAL利用ツアーが安くて便利です

いかがでしたでしょうか。

東京から縄文杉へ行く行き方や方法についてご紹介しました。

屋久島は、行き方が色々ありますし、ルートも色々あります。

旅行を格安にしたい場合、一般的には、『時間と労力をかければ安くなる』と考えがちですが、屋久島の場合それは当てはまりませんので注意です。

どちらかといえば、屋久島への『行き方』を格安にすることより、『屋久島旅行をトータルで下げる』ことを考えた方が得策といえます。

また、屋久島ならではの縄文杉トレッキング付きツアーですが、自力で行くことと比べてもお得ですし便利です。(トレッキングアイテムのレンタルや送迎が付くので。)

ということで、『JALパック』や『ジェイトリップ』をご紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、屋久島で縄文杉トレッキングを楽しんでくださいね。

こちらの記事がみなさまのお役に立てば幸いです。

屋久島のおすすめ観光 関連記事

よかったらシェアしてね!
クリックできる目次
閉じる