屋久島で何ができる?アクティビティと観光のご紹介!

屋久島でできるアクティビティと観光についての情報をお探しの方へ。

『屋久島といえば縄文杉トレッキング、でもそれ以外に何ができるの?』と疑問をお持ちの方も多いのでは。

屋久島でできるアクティビティと観光をご紹介します。

屋久島でのできることが分かれば、旅行の計画も立てやすいですし、屋久島を満喫できるはず。

 屋久島のアクティビティ

屋久島に行ったら何ができるか、簡単にご紹介していきます。

まずは屋久島へ来たら多くの人がするトレッキングスポットについてと、トレッキング以外にできるアクティビティについて。

1、縄文杉や白谷雲水峡などのトレッキング

屋久島 縄文杉

『縄文杉』は推定樹齢2,000年〜7,000年の杉の巨木のこと。年間およそ6万人が目指してトレッキングします。

距離にして25㎞、高低差700mを10時間を歩くロングトレッキング。また、日帰りだけでなく1泊2日で行くガイドツアーもあります。

『白谷雲水峡』は3つのコースからなる、森林レクリエーション施設です。

『もののけ姫の森』として有名な『苔むす森』へなら、入り口から1時間30分程度。絶景の『太鼓岩』へまでなら最短で4時間。お弁当を持っていくなら6時間ほど。

2、縄文杉や白谷雲水峡以外の、宮之浦岳、黒味岳、太忠岳などの登山

屋久島 宮之浦岳頂上

屋久島には九州最高峰の『宮之浦岳』もあり、黒味岳や太忠岳のような日帰り登山から、1泊2日、2泊3日で登山や縦走を楽しめる山やコースもあります。

屋久島の登山で泊まる小屋は全て板張りの避難小屋。宿泊施設は山の上にはないので、シュラフやテントなどの準備が必要です。

3、海でのダイビング、シーカヤック

屋久島は海も美しく、ダイビングも盛んに行われています。ガイドツアーへ参加するのが一般的。

一湊の元浦海岸が一般的なダイビングポイントですが、風向きによっては、栗生で潜ることも。

少ないですが、シーカヤックのガイドツアーもあります。

また、ボートを浮かべ、立って漕ぐ『SUP』のガイドツアーもあります。

4、海でのシュノーケル、海水浴、タイドプール

栗生 塚崎態度プール側   シュノーケルポイント

屋久島にはシュノーケルポイントが何箇所かあります。難しいポイントでなければ、個人ですることも可能です。

また、屋久島には、『一湊海水浴場』、『春田浜海水浴場』、『栗生海水浴場』の3つの海水浴場があります。監視員がつくオープン期間は7月中旬あたりから夏休みの期間の8月です。

屋久島では、海に入れる期間が特に決められているわけではないので、自己責任ですが(^_^;)いつでも入れます。

また、タイドプールは栗生地区の『サンゴの浜海水浴場』と『塚崎タイドプール』、『春田浜海水浴場』のポイントなど、年中楽しめます。

5、川でのリバーカヤック、沢登り

屋久島 沢登り

屋久島の川も大変きれいで、ぜひ楽しんでいただきたいのですが、ガイドツアーへの参加をおすすめします。

屋久島の川は急に増水しやすいです。天候や普段の川の状態を、よく心得ている人の指導のもとでなければ、川へ近づくのは危険です。

リバーカヤックは、安房川が盛んです。また、沢登りはその日の天候などで変わりますが、いくつかポイントがあります。ガイドさんが判断してくれるので大丈夫。

屋久島の観光

屋久島で観光というと、レンタカーで『ドライブしながら巡る。』というのが基本となります。

屋久島の県道77、78号は屋久島をぐるり一周しています。そして県道はこの1本だけです。

ですので、レンタカーで1日かけて一周するというのも『屋久島観光』ならおすすめの方法です。ちょうど1日で回ることができます。

ただし、西部林道エリアはお店もトイレも全くないので、お昼あたりにそこを通過するときは、飲み物や食料を確保しておきましょう。

ドライブしながら、屋久島の気になる観光スポットへ立ち寄りながら回ってみてください。

おすすめの観光スポットについては、私が何度も行きたくなる『屋久島観光スポット10選』 でご紹介しています。

ちなみに、バス利用は1時間に1本程度なので、のんびり回りたい方向けかもしれません。

屋久島のバスで観光スポットへ行きたい方は、【2018】屋久島のバス 時刻表・料金・路線図・乗り放題チケットで、それぞれの観光スポットの『バス停名』も併せてご紹介していますので、参考にしてみてください。

また、屋久島について知りたければ、『屋久杉自然館』と、『屋久島文化村センター』でしょう。

『ボタニカルリサーチパーク』や『志戸子ガジュマル』、『中間フルーツパーク』は、沢山時間があれば・・・^^;行ってみましょう。

まとめ

屋久島でできるアクティビティと観光スポットをご紹介しました。

屋久島は意外に大きな島。移動に時間がかかります。

なので、できるだけ効率的なスケジュールを立てることが、屋久島旅行ではポイントとなります。

ぜひ参考にしていただき、楽しい屋久島旅行をなさってください。

みなさまのお役に立てば幸いです。