MENU

旅行サイト クーポン比較

タブをクリックしてお選びください

ダイナミックパッケージクーポン
(クリックして見る)
ックツアークーポン
(クリックして見る)
  • HISのクーポンコード誰でも使える
    国内だとJAL、ANA、LCCのパックツアーや、バス、列車など幅広いラインナップ。現地にオフィスを構えるので「現地アクティビティ+交通+宿」のツアーがおすすめです。屋久島ツアーも充実。
  • クラブツーリズムの割引クーポン
    年齢層が高め。独自のマニアックなツアーも。全国のトレッキングツアーや列車旅が人気。高級海外クルーズツアーが充実しています。会員になるとお得に。
  • オリオンツアーの割引クーポンコード
    屋久島格安ツアーの代表オリオンツアー。バスツアー、スキーツアー、ゴルフツアー、九州・沖縄が強い。最近JAL便利用ツアーに力を入れている。
高級ホテルクーポン
(クリックして見る)
  • 一休の割引クーポンコード
    言わずとしれた高級旅館専門サイト。屋久島に「星のや」はありませんが「星のや」ならこちら。
  • ホテルズドットコムの割引クーポン
    VISAやエポスカード、JCB、マスターカードなどの、クレジットカード会社と連動した割引が定番。屋久島のホテルも対応しています。
  • Reluxの割引クーポン
    古民家やオーベルジュタイプなど、他社とちがった切り口で宿検索できる。観光目的ではなくホテルの滞在自体を楽しむ「ホカンス型」ホテルが充実。
格安ホテルクーポン
(クリックして見る)
温泉旅館クーポン
(クリックして見る)
国内航空券クーポン
(クリックして見る)
バスツアークーポン
(クリックして見る)
新幹線ツアークーポン (クリックして見る)
海外航空券クーポン
(クリックして見る)
  • サプライスの割引クーポン
    HISが運営する海外格安航空券の比較サイト。利用できる航空会社が限定されるけど、海外の格安航空券を探せる。(海外航空券を対象としたクーポンを配布している旅行会社はほぼない。)
海外ホテルクーポン
(クリックして見る)
海外旅行クーポン
(クリックして見る)
現地ツアー体験クーポン
(クリックして見る)
  • じゃらん 遊び・体験の割引クーポン
    じゃらんの遊び体験の割引クーポンの頻度は2週間に1度程度。取得したクーポンはマイページに残るのでまずは取得するべし。縄文杉トレッキングツアーを探すなら。
  • アソビューの初回クーポンコード
    テーマパークや日帰り温泉、エステ、映画館などの割引チケット多数。屋久島だと水系アクティビティが強い。初回クーポンコードあり。
  • アクティビティジャパンの割引クーポンコード
    日本全国の様々なアウトドアスポーツ・文化体験を予約できる予約サイト。屋久島なら縄文杉トレッキングのみならず、釣りもおすすめ。
  • kkdayの割引クーポン
    国内・世界各国の交通パスや周遊チケットWi-Fiレンタル、Simカードなどが格安価格で簡単予約できる。台湾本社の旅行系ベンチャー企業が運営。
  • Klookの割引クーポンコード
    国内・海外の現地ツアーやアトラクションチケット・交通予約が充実。レンタカーからホテル予約まで一括で管理できる。最先端の技術を駆使して大手にはない価格と予約システムを確立しています。
レンタカークーポン
(クリックして見る)
屋久島旅行の手順 詳しく見る

個人手配の仕方【屋久島旅行】メリット・デメリットを旅行会社ツアーとの比較しました。

当ページのリンクには広告が含まれています。

屋久島へ自分で手配するならどうやってするのがいいのかな?現地ガイドツアーってどのタイミングで頼むの?旅行会社のツアーに頼むのとどっちがいいのかな?

という疑問にお答えします。

こちらでは自分で『屋久島旅行』を手配する『方法』と『手順』をご紹介します。

また、『旅行会社のツアー』へ申し込みした場合の比較、メリットデメリットについても、後ほどご紹介していきますので、屋久島旅行をお考えなら、ぜひ参考にご覧ください。

私が書きました

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
14歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

目次

屋久島旅行 自分手配の仕方

まずは、ざっくり手順を把握しておきましょう。
順番は、優先順位の高いものから上にします。


STEP.1
屋久島へ行く日程を決める

縄文杉へ行くなら最低2泊3日必要です。(どうしても参加したい現地ガイドツアーがある場合は、この時点で問い合わせを。仮予約で押さえてもらえる場合も。)

STEP.2
屋久島でやりたいことを決める

『縄文杉や白谷雲水峡へ行く。』『ウミガメを見に行く。』など。やりたいことを決めることで、屋久島のどこに宿泊したらよいかが決まります。

STEP.3
泊まる場所を決める

屋久島は意外に広いので移動に時間がかかります。できるだけ移動時間を少なくするために、やりたいことに一番便利なエリアに宿泊します。

STEP.4
宿を手配する

人気の宿はすぐ予約でいっぱいになります。宿は、宮之浦・安房エリアに多く集まってあります。空港エリアは多くなく、また尾之間〜南エリアは点在してあります。

STEP.5
交通を手配する

直航便の飛行機は、席数の少ないプロペラ機なので早めに予約しないとすぐ満席に。高速船やフェリーは、直前でも比較的空いていますが、念の為予約はしておきましょう。

ざっくり手順を把握したところで、次はそれぞれを詳しくご紹介していきます。
くりかえしますが、順序はご自身の優先順位の高いものにして、並び替えてお考えいただければよいと思います。

STEP.1 屋久島へ行く日程を決める

縄文杉トレッキングコース

屋久島の人気観光である『縄文杉トレッキング』は、前泊、後泊をしないとできないトレッキング

ということで、屋久島へは、2泊3日〜3泊4日が主流です。

また、縄文杉トレッキングは、その他、荒川登山バスのチケットや、お弁当などの事前準備が必要です。

詳しいことは、【保存版】縄文杉トレッキングへ行くために必要なことを全部まとめました!でご紹介しています。

屋久島旅行は、1泊2日で行くことも可能ですが、アクセスのよくない離島まで、わざわざ時間と交通費をかけて行くのは、もったいないかもしれませんね。

もし2泊3日、〜3泊4日の日程で、屋久島旅行をお考えなら以下の観光モデルプランを参考にしてみてください。ちなみに1泊2日観光モデルプランもつくってみました。

STEP.2 屋久島でやりたいことを決める

白谷雲水峡 苔むす森(もののけ姫の森)

やりたいこと、行きたい所は2つくらいまでに。その2つを優先した後、まだ余裕があればその他の場所へ。(長期滞在ならもちろん色々できます。)

トレッキングは、積雪がなければ、ほぼ年間通して可能です。海水浴、シュノーケルは6月〜9月上旬までです。

年間を通しての、目的別でのベストシーズンは、屋久島観光のベストシーズンはいつ?おすすめ時期【季節別まとめ】を参考にしてみてください。

また、単純に気温や雨の時期について知りたい方や、服装が気になる方は「屋久島の年間の天気と気温」 雨が少ない時期や服装をまとめました!で希望のシーズンを選んでご確認ください。

STEP.3 泊まる場所を決める

『縄文杉』へ行くなら、『安房エリア』が便利です。

『白谷雲水峡』や『ウミガメを見に行く』のであれば、『宮之浦エリア〜永田エリア』になります。

温泉の良い宿でゆっくりしたいなら尾之間エリアです。

ご自身が決めた『やりたいことを』するために、一番便利な場所をまず決めましょう。

屋久島でできる観光についてはこちらでご紹介しています。

現地のガイドツアーへ申し込む場合はこのタイミングで。

じゃらん 遊び・体験予約

国内最大級のレジャー・アクティビティ予約サイト。クーポンを利用すれば、現地ツアーもお得になります。

じゃらん 遊び・体験予約公式ページ

asoview!(アソビュー)

日本全国のレジャーを約300種類・15,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイトです。

アソビュー公式ページ

STEP.4 宿を手配する

宮之浦 ザ・ホテル屋久島 オーシャン&フロント
宮之浦 ザ・ホテル屋久島 オーシャン&フロント

屋久島の宿は、『ホテル』『民宿』『素泊まり』の3タイプで『民宿』が多めです。

屋久島でイチオシなのは、温泉のよい尾之間エリアの『ホテル屋久島』(2023にJRホテル屋久島から、ホテル屋久島へ変わりました。施設は同じです。)です。

縄文杉トレッキングを第一目的にするなら、安房エリアの『グリーンホテル』。

白谷雲水峡やウミガメ観察をするなら、宮之浦エリアの 『田代別館』『THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST(旧名称:シーサイドホテル屋久島』や『民宿たけすぎ』が便利でおすすめです。

詳しくは、屋久島の『おすすめホテル・宿』と『失敗しない選び方』でご紹介しています。

各エリアの紹介とそれぞれの「おすすめ宿」もご紹介しています。

STEP.5 交通を手配する

屋久島空港 JAC(日本エアコミューター)

交通手段といっても、まずは自宅からどのルートでどの交通機関を利用すべきかを決定しなければなりません。ということで、行き方を確認しましょう。

屋久島へは、鹿児島経由が基本になります。

屋久島への直航便は『飛行機or高速船orフェリー』。

飛行機ならJAL系のJAC、高速船は鹿児島港へ移動して乗船します。

フェリーは鹿児島泊→翌日到着ですので気をつけましょう。

各地からの行き方については、以下でご紹介しています。

ちなみに、屋久島はフェリーや高速船利用でも格安にはなりません。一番おすすめは、鹿児島経由で飛行機利用です。

よろしければ、参考にしてみて下さい。→屋久島へ【LCC+フェリー】vs【JAL楽パック】なんで差額がこれだけ?

各地からの行き方はこちら

飛行機を利用なら

飛行機利用で、行き方とルートがお決まりなら、航空券比較サイトで検索してみましょう。

とはいえ、宿と飛行機をパックツアーにしてしまった方が、屋久島旅行の場合は、欠航リスクを最小限にできます。

詳しくは、屋久島旅行なら この5社の『ダイナミックパッケージ』ツアーが安心でおすすめ で詳しくご紹介しています。

高速船を利用なら

高速船は1日6〜7便程度。便によって、『宮之浦港』と『安房港』へ分かれて到着するので、港と宿との位置関係を把握しておきましょう。

例えば、安房に宿泊するなら、安房着の高速船を選ぶなど。(宮之浦港から安房港はバスで45分の移動が必要です。

高速船の詳しい情報と手配方法はこちらでご確認ください。

フェリー利用なら

屋久島へのフェリーは、2種類ありますが『フェリー屋久島2』が基本です。

最短の4時間で鹿児島から屋久島へ行くことができます。ただし朝8時30分に『鹿児島港』を出発なので、港近くの市内に前泊が必要となります。

個人手配の メリット・デメリット

白谷雲水峡

結論からいえば、『個人手配』vs『旅行会社ツアー』のどちらがいいのかというのは、一概に言えないのが正直なところ。

なぜなら旅行する時期、人数、旅の仕方によって、変わってくるからです。

また、その人の価値観によってどちらをよいと思うかが違います。

ちなみにですが、値段だけで考えても、個人手配がお値打ちな場合も、旅行会社のツアーの方がお値打ちな場合も、屋久島の場合は、どちらもあります。

じゃあ、個人手配のメリットデメリットって、結局なんなの?

ですよね。^^;

個人手配のメリットは、利用する交通機関やルートを自由に組み合わせられるところ。

また自分の好みで旅をアレンジできるところ。

そして、『マイルを利用したい方』や『株主優待を受けたい方』も、ツアーにするよりそのメリットを最大限に活かせます。

逆に、個人手配のデメリットは、手間がかかること。そして屋久島旅行の場合は、思ったほど格安にはならないこと。

さらに屋久島の全ての直行便に多い、欠航&遅延の際は、個別に手配していると、それぞれに変更手続きや、キャンセル対応をしなくてはいけなくなるところ。

台風で交通がストップして屋久島へ入れない場合、宿のキャンセル料がかからない宿を選ばないと、個別でキャンセル手配が必要な上に、キャンセル料までかかることもあります。

と、屋久島旅行の場合は、個人手配で格安にならないのに、手間がかかるという点が特徴です。

個人手配のメリット

  • 旅を自由に組み合わせ、アレンジ自由な点。
  • マイル利用・株主優待を利用したい場合は、個人手配がお値打ちに。

個人手配のデメリット

  • 手間がかかる。(その割に格安にならない場合もある。)
  • 欠航&遅延の際は、それぞれに変更手続きや、キャンセル対応が必要。

『旅行会社ツアー』vs『個人手配』の比較

屋久島 一湊海水浴場 9月

既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが ^^; 

こちらのブログ『屋久島ファン』では、上述の通り『JAL便利用』で『旅行会社のツアー』をおすすめしています。

なぜなら『便利&リスクを減らせる』から。

そして、多くの場合『お得になるor自分手配とほとんど差額がない』から。

差額が10,000円以内なら、便利でリスクが少ない方がいいと思いませんか?

『便利&リスクを減らせる』については、屋久島への全ての交通機関が荒天で欠航することが多いことに関係します。

JAL便利用のツアーにすれば、手配が一括でできて時短になりますよね。(屋久島直行便はJAL系のJACしか飛行機がないので、JAL便利用ツアーが屋久島は一般的)

しかも、もし後から荒天で変更やキャンセルが必要になった場合にも、手続きが一括で済ませられます。

また、条件を満たせば、キャンセル料もかかりません。

想像してみてください。出発空港で屋久島直航便が欠航していると分かったときのことを。

個人手配だと、『屋久島行きの判断』も含め、飛行機だけでなく、宿、現地ガイドツアー、レンタカーなど、諸々の『手続き&連絡』をその場でしなくてはなりません。

もちろん、ツアーに申し込むと、個人手配に比べて自由度が下がる点はデメリットです。

でも、これは『固定型パッケージツアー』を選ばなければ回避できます。

ということで『飛行機』と『宿』を自由に組み合わせる『現地フリーのダイナミックパッケージタイプツアー』なら、欠航時のリスクも減らせ屋久島旅行には最適といえます。

さらに『ダイナミックパッケージタイプツアー』を詳しく知りたい方は、屋久島へは『現地フリーのダイナミックパッケージ』のツアーがおすすめ その理由とは?を参考にしてみてください。

もしトレッキング付きの屋久島ツアーをお探しなら、ガイド付きおすすめ「屋久島トレッキングツアー」5社を比較(縄文杉・白谷雲水峡)でご紹介しています。

【PR】

おすすめの交通+宿の屋久島フリープラン

  1. JALダイナミックパッケージ【直行便/ 一人旅】
    最寄りの出発空港を自由に選べます。屋久島の宿のラインナップがよいので安心。乗り継ぎや屋久島直行便に多い遅延、欠航にも対応がよい。屋久島のおすすめホテルならお得に予約できることがほとんど。→今すぐ使えるJALクーポンJALの次回タイムセール予想
  2. ジェイトリップ【直行便/格安/一人旅】
    JAL便専門の格安ツアー旅行会社(羽田・伊丹・福岡空港発のみだから安い)縄文杉などのトレッキングやレンタカーを後付けオプションで付けられる。JALダイナミックパッケージで予算オーバーの方は、こちらで格安宿を選べば『格安トレッキング付きJAL便利用ツアー』もできます。一人旅OK。→J-TRIPクーポンJ-TRIP評判
  3. JTBツアー【直行便/JAL/ANA/JR】
    交通+宿を組み合わせただけのダイナミックパッケージタイプ。今年から「新幹線+高速船+屋久島の宿」の組み合わせが可能に。割引クーポンをGETできればお得になる。→JTBの割引クーポンJTB新幹線クーポン
  4. 楽天トラベル【直行便/ 一人旅/ANA】
    宿のラインナップが豊富。誰でも利用できるクーポンが豊富。『お値打ち宿』+『JAL便』にすれば、JALよりお値打ちなダイナミックパッケージツアーに。現地フリーツアーのみ取り扱う。楽天ポイント利用可能。
    ※ANA利用OKだけど鹿児島→屋久島間は別手配必要で注意。
  5. じゃらんパック【直行便/ 一人旅/ANA】
    宿のラインナップが豊富。JAL便と格安宿の組み合わせなら格安ツアーになる。こちらもじゃらんクーポンやポンタ、dポイントなどのクーポンを利用したい方に。現地フリーツアーのみ取り扱う。
    ※ANA利用OKだけど鹿児島→屋久島間は別手配必要で注意。
  6. 近畿日本ツーリスト【直行便/JAL/JR】
    2名〜から申し込み可。近ツーは、JAL、ANA、LCCなど提携していますが、屋久島の場合はJAL利用となります。→近畿日本ツーリストクーポンコード

※屋久島のホテルが選べない場合は おすすめホテル15選からお選びください。
※屋久島の現地フリーツアーについては屋久島の現地フリープラン比較で詳しくご紹介しています。

※キャンセル料がかからない場合には条件があります。予約前に必ず確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋久島旅行の個人手配の仕方、手順、メリットとデメリットをご紹介しました。

また、旅行会社のツアーとの比較、ご紹介もしました。

どちらの方法で旅行するにしても、せっかく時間とお金を使って行くのですから、満足のいく旅行にしたいですね。

屋久島の場合は、交通のアクセスがあまり良いとはいえず、さらに欠航が多いことが、他のエリアへ旅行へ行く時とは違う点かもしれませんね。(←移住者としては、まじで改善して欲しいです。(;_;))

ぜひ参考にしていただき、思い通りの屋久島旅行をなさってくださいね。

こちらの記事が皆様のお役に立てば幸いです。

JAL便利用なのに!格安の最強屋久島ツアー

「トレッキング付き」も「なし」もどちらもあり!
一人旅専用ツアーあり!
屋久島に多い直行便欠航時はJALツアーと同じで安心!

羽田、伊丹、福岡発限定

\ トレッキング付きでJAL便で格安 /

★広告費を極力抑えIT化しているから格安★
国際航空運送協会(IATA)の公認代理店認可で安心の「JAL便利用専門」格安旅行会社です。

旅行サイト クーポン比較

タブをクリックしてお選びください

ダイナミックパッケージクーポン
(クリックして見る)
ックツアークーポン
(クリックして見る)
  • HISのクーポンコード誰でも使える
    国内だとJAL、ANA、LCCのパックツアーや、バス、列車など幅広いラインナップ。現地にオフィスを構えるので「現地アクティビティ+交通+宿」のツアーがおすすめです。屋久島ツアーも充実。
  • クラブツーリズムの割引クーポン
    年齢層が高め。独自のマニアックなツアーも。全国のトレッキングツアーや列車旅が人気。高級海外クルーズツアーが充実しています。会員になるとお得に。
  • オリオンツアーの割引クーポンコード
    屋久島格安ツアーの代表オリオンツアー。バスツアー、スキーツアー、ゴルフツアー、九州・沖縄が強い。最近JAL便利用ツアーに力を入れている。
高級ホテルクーポン
(クリックして見る)
  • 一休の割引クーポンコード
    言わずとしれた高級旅館専門サイト。屋久島に「星のや」はありませんが「星のや」ならこちら。
  • ホテルズドットコムの割引クーポン
    VISAやエポスカード、JCB、マスターカードなどの、クレジットカード会社と連動した割引が定番。屋久島のホテルも対応しています。
  • Reluxの割引クーポン
    古民家やオーベルジュタイプなど、他社とちがった切り口で宿検索できる。観光目的ではなくホテルの滞在自体を楽しむ「ホカンス型」ホテルが充実。
格安ホテルクーポン
(クリックして見る)
温泉旅館クーポン
(クリックして見る)
国内航空券クーポン
(クリックして見る)
バスツアークーポン
(クリックして見る)
新幹線ツアークーポン (クリックして見る)
海外航空券クーポン
(クリックして見る)
  • サプライスの割引クーポン
    HISが運営する海外格安航空券の比較サイト。利用できる航空会社が限定されるけど、海外の格安航空券を探せる。(海外航空券を対象としたクーポンを配布している旅行会社はほぼない。)
海外ホテルクーポン
(クリックして見る)
海外旅行クーポン
(クリックして見る)
現地ツアー体験クーポン
(クリックして見る)
  • じゃらん 遊び・体験の割引クーポン
    じゃらんの遊び体験の割引クーポンの頻度は2週間に1度程度。取得したクーポンはマイページに残るのでまずは取得するべし。縄文杉トレッキングツアーを探すなら。
  • アソビューの初回クーポンコード
    テーマパークや日帰り温泉、エステ、映画館などの割引チケット多数。屋久島だと水系アクティビティが強い。初回クーポンコードあり。
  • アクティビティジャパンの割引クーポンコード
    日本全国の様々なアウトドアスポーツ・文化体験を予約できる予約サイト。屋久島なら縄文杉トレッキングのみならず、釣りもおすすめ。
  • kkdayの割引クーポン
    国内・世界各国の交通パスや周遊チケットWi-Fiレンタル、Simカードなどが格安価格で簡単予約できる。台湾本社の旅行系ベンチャー企業が運営。
  • Klookの割引クーポンコード
    国内・海外の現地ツアーやアトラクションチケット・交通予約が充実。レンタカーからホテル予約まで一括で管理できる。最先端の技術を駆使して大手にはない価格と予約システムを確立しています。
レンタカークーポン
(クリックして見る)
  • URLをコピーしました!

カテゴリメニュー

ここからは観光旅行ブログ「屋久島ファン」のカテゴリーメニューをご紹介します。

屋久島ツアー 関連情報

各旅行会社が「独自割引クーポン」を出していますので先にチェックを。旅行会社セール情報もあります。>>割引クーポンとセール情報

屋久島のツアー(交通+宿)は、屋久島旅行に強い(力を入れている)旅行会社がおすすめです>>屋久島ツアー比較

屋久島へどの交通でどのルートがいいのかが分からない場合に。交通手段の比較や注意点も盛り込みました。>>屋久島への行き方

希望のホテルを探したい方のために、屋久島ホテル情報をご紹介します。>>おすすめホテル・宿

屋久島 観光情報

全て屋久島の現地に足を運び、撮影した写真と体験記事です。屋久島旅行計画や滞在にぜひお役立てください。>>屋久島の観光

縄文杉や白谷雲水峡など日帰り登山の持ち物や服装、また注意点、ルート、難易度などをご紹介します。>>トレッキング

屋久島 現地情報

屋久島島内のランチや食事スポットやカフェと実食レビューです。>>食事/カフェ/パン屋

おすすめのお土産とお土産屋さんのご紹介です。>>おみやげ/お土産屋さん

屋久島旅行の手順

屋久島旅行計画を考える順番に沿って、必要情報の紹介記事を並べてみました。

屋久島旅行の手順を見る(クリックしてください)
STEP
屋久島へ行く日程を決める

屋久島へ「いつ」「何日間」行くかを決めましょう。トレッキングは年中可能です。(積雪時以外)海水浴は6月〜9月いっぱいまで。

屋久島のベストシーズン

屋久島の年間の天気や雨の特徴と気温

屋久島旅行には何日必要かを解説

屋久島のモデルコース(2泊3日〜3泊4日)

STEP
屋久島滞在で何をするかを決める

屋久島はトレッキングが人気ですが、ダイビングやカヤックもいいですし、ウミガメ観察や滝巡りもおすすめ。最近は、ワーケーションやプチ移住など長期滞在も人気です。

屋久島の観光スポット紹介

屋久島で何ができる?アクティビティ紹介

屋久島の日帰りトレッキング難易度の紹介

屋久島トレキングに必要な情報

STEP
宿泊するエリアを決める

屋久島は広く移動時間に時間がかかるため、何をするかによって最適エリアが決まります。また、屋久島ならではのサービスや気をつけたい点なども知っておくと宿選びを間違いません。

屋久島のエリア紹介

屋久島滞在の予備知識

屋久島のホテル紹介

屋久島の交通(移動手段)

屋久島旅行をお得に予約

屋久島旅行の手配に必要な交通、ホテル、ツアーなどを予約できるリンクをまとめました。

屋久島旅行予約ページへ>>

目次