『荒川登山バス』へ 『屋久杉自然館』からの乗り換えの仕方と『荒川登山口情報』

『屋久杉自然館』(荒川登山バス専用駐車場)

『縄文杉トレッキング』をする方へ向けて、『荒川登山バス』への乗り換えの仕方荒川登山口情報を詳しくご案内します。

縄文杉トレッキングの出発地点である『荒川登山口』へ行くために知っておきたいことは以下の3つ。

  1. 荒川登山口へは、3/1〜11/30の期間中一般車両の乗り入れ規制があり、バスかタクシーでしか行くことができません。
  2. バスで荒川登山口へ行くためには、『屋久杉自然館』から出発する『荒川登山バス』に乗らなければなりません。
  3. 12月〜2月の期間は『荒川登山バス』の運行はなく、レンタカーorタクシーで行くことになります。

ということですので、バスorレンタカーorタクシーで屋久杉自然館(荒川登山バス駐車場)に到着してから、荒川登山口に到着して歩き始めるまでを順にご案内します。

バスを利用して『屋久杉自然館』へのアクセスや、『登山バスチケット詳細』についてはこちらをご覧ください。
【2018】屋久島のバス 時刻表・料金・路線図・乗り放題チケット

レンタカーを利用して『屋久杉自然館』へのアクセスはこちらをご覧ください。
【屋久杉自然館】荒川登山バス専用駐車場へのレンタカーでのアクセス 写真付き道案内

『荒川登山バス』への乗り換えの仕方

荒川登山バスを待つ人たち  奥にチケット購入窓口があります。

『屋久杉自然館』(荒川登山バス専用駐車場)に到着したら、まずはバスを待つ列に並びましょう。

バス停の手前には、屋根のあるスペースがあります。そこに、先に到着した登山客や、現地のガイドさんたちが並んで次のバスを待っています。

バスを待つ間に、おにぎりやパンなど簡単な朝食をする登山客も。ちなみにバス停横にも、『荒川登山バスチケット』の購入窓口があります。

トイレはその屋根の向かって左隣りです。

お盆や連休時の登山客が多い時は、並んでいても乗り切れず次回の便になることも。早めの行動を心がけましょう。

また、運行する道路は山道です。早朝で寝不足だったり、空腹だったりすると酔う場合もありますので、酔いやすい方は対策を。

荒川登山口の情報

『荒川登山バス 』  荒川登山口で下車する人たち 早朝なのでまだ薄暗い

荒川登山口には、トイレと登山届けを出すポストがあります。公衆電話、自動販売機、売店などはありませんので気をつけましょう。

携帯の電波は、登山口付近なら繋がります。(ドコモ・au確認済み)ですが、縄文杉トレッキングコースは殆ど繋がりませんので、電源を切るか、機内モードにしておきましょう。(縄文杉付近は繋がります。)

下山後もしも、戻りの荒川登山バスに間に合わなかった場合は、荒川登山口からタクシーを呼びます。(20時まで駐在員がいますので、その方にお願いしてタクシーを手配してもらうこともできます。)

料金は下車する場所によりますが、荒川登山口〜屋久杉自然館までなら5,000円前後でしょう。

荒川登山口 登山届けを出すポスト

荒川登山口 トイレ

まとめ

いかがでしたでしょうか。『荒川登山バスへの乗り換えの仕方』と『荒川登山口情報』も併せてご案内しました。

荒川登山口での情報についてもぜひ参考にしてみてください。どうぞ安全で楽しい縄文杉トレッキングを。

よろしければこちらもどうぞ♪
【保存版】縄文杉トレッキングへ行くために必要なことを全部まとめました!

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。