今なら 2019/11/28まで 『やくしま応援割引』で最大15,000円引き!詳細はこちら

【名古屋から屋久島へ】行き方 鹿児島経由『新幹線・高速バス・フェリー』


名古屋から飛行機を利用しないで屋久島へ行く方法を考えてみました。

名古屋から屋久島まで、飛行機を利用しない場合は、必ず鹿児島経由になります。

まずは鹿児島まで何らかの交通手段を使って行き、鹿児島からは、飛行機、高速船、フェリーのどれかに乗り換えることに。

そこで新幹線、高速バス、フェリーを利用した場合の、おおよその料金と時間を比較してみました。また、それぞれの行き方についてもご紹介しています。

名古屋から鹿児島へ 新幹線・高速バス+フェリー・飛行機の料金と所要時間比較

名古屋から鹿児島へ、可能な交通機関で、料金と所要時間を一覧にしてみました。

名古屋→鹿児島 交通機関別の料金・所要時間の比較(大人1人)

交通機関 片道料金 所要時間
①新幹線

(名古屋駅〜鹿児島中央駅)

24,410円〜25,970円 およそ5時間10分
②高速バス 10,400円〜18,860円 およそ15時間〜24時間

(途中乗り継ぎあり)

③高速バス+フェリー

(注:志布志着)

8,100円 およそ19時間
参考:飛行機 (ジェットスター) 4,490円〜29,990円  1時間15分

※料金は2018/1調べのものです。変更されている場合がありますので、あくまでもおおよその目安と考えてください。

①名古屋から鹿児島へ  新幹線での行き方

鹿児島中央駅 九州新幹線

新幹線利用なら、名古屋駅から鹿児島中央駅まで新幹線を利用し、鹿児島港から飛行機or高速船orフェリーで屋久島へ入るルートが一番スムーズです。

鹿児島中央駅に到着したら、高速船ターミナルまでは、タクシーで1,000円ほど。徒歩なら30分ほどです。バスも出ています。

鹿児島中央駅から空港が遠いので、この場合は、鹿児島港から高速船がおすすめです。

ちなみに『フェリー屋久島2』に乗るためには、港を朝8時30分出発なので、鹿児島市内に1泊するしか方法はありません。

名古屋から新幹線に乗る場合の注意点は、必ず指定席をとったほうがよいことです。
早めに行き、自由席の車両に並んでも、東京⇆大阪のビジネスマンが多くて自由席は座れない可能性が高いためです。

鹿児島中央駅から乗車する場合は、始発駅なのでよほどのことでない限り指定席は必要なく『自由席』で座れます。

②名古屋から鹿児島へ  高速バスでの行き方

高速バスだけで行く場合は、鹿児島までの直通のバスがありません。ですので、途中で大阪や福岡、熊本などで乗り継ぎながら鹿児島へ行きます。(経由地は選ぶバスによります。)

注意点は、電車のように時間が正確ではないので(渋滞時など)、次の乗り継ぎは余裕をもったスケジュールがよいでしょう。

途中の博多や熊本などへ寄りながら、鹿児島へ向かうのも楽しいかもしれませんね。

③名古屋から鹿児島へ フェリーでの行き方

ふぇりーさんふらわあ

フェリーを利用したい場合は、名古屋から鹿児島行きのフェリーがない為、大阪から鹿児島のへ行くことになります。

名古屋からは、近鉄や高速バスなどを利用して大阪港まで行き、大阪港から『フェリーさんふらわあ』を利用して鹿児島へ行くことになります。

フェリーは車も乗せて行くことができるので、自家用車で屋久島まで行きたい方はおすすめです。高速に乗って運転するよりずっとラクで快適です。

注意点は、到着港が『高速船』と『フェリー屋久島2』が発着する『鹿児島港』ではなく、『志布志港』なので気をつけましょう。

『志布志港』から『鹿児島港』は移動が必要です。

鹿児島から屋久島への行き方

鹿児島から屋久島へは、飛行機、高速船、フェリーの3つの方法で行くことが可能です。

これらの3つのアクセス方法については、別ページで詳しくご案内していますので、そちらを参考になさってください。

飛行機、高速船、フェリーの所要時間と運賃についてや、乗り継ぎの仕方などもご紹介しています。
『鹿児島』から『屋久島』への3つの行き方(❶飛行機❷高速船❸フェリー)

まとめ

いかがでしたでしょうか。名古屋から新幹線と高速バスやフェリーを利用しての行き方についてご紹介しました。

時間的にゆとりがあれば、交通機関の選択肢も広がりますね。
鹿児島経由ならば、鹿児島観光も一緒にするのもオススメです。

名古屋発の格安パッケージツアーも併せてご紹介しています。
【名古屋発】屋久島ツアー おすすめ5社を比較してご紹介!