MENU
ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

JALタイムセール限定 割引クーポン 詳しく見る

屋久島トレッキング 安全に帰ってくるための『持ち物リスト』日帰り編


縄文杉、白谷雲水峡、ヤクスギランドなど、屋久島の日帰りトレッキングする予定の方へ。

必ず準備したい持ち物をご紹介します。

屋久島だからこそ準備しなければならないものや、屋久島だからこそ必要ないものもあります。

それぞれ詳しくご案内いたしますので、屋久島でトレッキングが初めてならぜひご覧ください。

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

タップできる目次

屋久島トレッキングの持ち物(日帰り編)

縄文杉トレッキング トレッキングコース
縄文杉トレッキング トレッキングコース

屋久島のトレッキングで、最低準備したい持ち物リストです。それぞれのアイテムについては、後ほど詳しくご案内します。

屋久島トレッキング持ち物リスト(日帰り編)

  1. レインウェア
  2. ザック(リュック)
  3. 昼弁当(必要な場合)
  4. 行動食(おやつ)
  5. 水筒orペットボトル
  6. 手ぬぐいorタオル
  7. 帽子
  8. ヘッドライトor懐中電灯

❶、レインウエア

レインウエアはゴアテックス製のものを選びましょう。ビニール製やナイロン製のカッパは屋久島の雨には、太刀打ちできません。

屋久島の山の上は、雨に濡れれば夏でも凍えることも。購入すると結構なお値段なのでレンタルしてもOKです。

参考商品です♪






島の登山アイテム販売・レンタル屋さん

  • ナカガワスポーツ(宮之浦)0997-42-0341
  • 屋久島観光センター(宮之浦)0997-42-0091
  • 登山レンタルやくしま屋(宮之浦)0997-42-1608
  • 山岳太郎ショップ(安房)0997-49-7112
  • レンタルの山下(安房)0997-46-4255

❷、ザック(リュック)30Lぐらい

外側は防水カバーをかけた方が賢明。最近は防水素材のザックも出ています。

ザックの中は、雨が降った時、濡れてはいけないものは必ずビニール袋やジップロックへ入れてザックの中へ。精密機器はタオルに巻くこと。また、防水バックがあるなら尚可。

参考商品です♪



❸、昼弁当(必要な場合)

島内に24時間営業のコンビニはありません。トレッキングへ早朝から出発の場合は、前日までにお弁当屋さんへ予約しておき、取りに行く必要があります。

宿で手配してもらえたり、宿の朝食をお弁当へ振り替えるサービスがある場合も。

島の登山弁当屋さん

  • 島むすび(宮之浦)0997-42-0770
  • 八百八(宮之浦)0997-42-0414
  • できたて屋2(安房)0997-46-3071(2020,3月閉店)
  • あさひ弁当(安房)0997-46-4007
  • かもがわ(安房)0997-46-2101(朝6時30分open)

❹、行動食(おやつ)

チョコやおせんべいなど、普通の?お菓子でOK。
いざという時は非常食となりますので、必ず持ちます。

また、縄文杉トレッキングだと早朝から歩くので、10時頃すでにお昼にしたい感じに。

朝食弁当や、パン、おにぎりなど多めに準備した方がよいでしょう。

❺、水筒orペットボトル

縄文杉、白谷雲水峡、ヤクスギランドとも、沢水をパイプでひいてあったり、直接飲めるポイントがあります。
ですので、大量の水を準備する必要はありません。500mlのペットボトルが1本あればOKです。
せっかくなので、屋久島の美味しい水を飲みながら行きましょう!
参考商品です♪

❻、手ぬぐいorタオル

首に巻いたり、汗をふいたり、怪我をしたときには応急処置的に利用もできるので一本持っておくと安心。

首の日焼け対策、寒い季節は寒さ対策にも有効です。
参考商品です♪

❼、帽子

屋久島はかなり日差しが強いです。冬でもお天気の日はあなどれません。
つばがある帽子なら、レインウエアーでフードを被ったときは視界確保に。
参考商品です♪

❽、ヘッドライトor懐中電灯

念のため、懐中電灯やヘッドライトなどを持っていきましょう。(日が落ちる前に森から出てこられなくなった場合に。)
日が落ちれば森の中は闇です。縄文杉・白谷雲水峡・ヤクスギランドの3箇所とも過去に遭難者ありです。
参考商品です♪

あると便利なプラスαしたい持ち物

あると尚良いものを挙げてみました。

必要に応じて準備してください。

あると便利なプラスαしたい持ち物リスト

  1. 折り畳み傘
  2. ストック
  3. 医薬品・応急セット
  4. 手袋・トレッキンググローブ

1、折りたたみ傘

折りたたみ傘は人が少なければさして歩けますし、写真撮影やお弁当の際などに役立ちます。
参考商品です♪

2、ストック

なくても歩けます。でも、あると使えます。初心者は1本の方が歩きやすいかも。
参考商品です♪

3、医薬品、応急セット

特に縄文杉トレッキングは10時間歩き続けるので、思わぬトラブルも。痛み止めは持っておくと心強いです。

ロキソニンはどこの痛みにも使えるので使えます。(薬なので使用上の注意を守りましょう。分からないことは購入するお店の薬剤師さんへ。)
参考商品です♪

4、手袋・トレッキンググローブ

冬季は保温のために必ず持って行った方がよいです。軍手も可。
参考商品です♪

屋久島トレッキングの季節ごとの服装

屋久島トレッキングの服装の準備はすでにお済みでしょうか?

もし、少しでも不安があるならこちらで詳しくご紹介します。

具体的なアイテム紹介もしていますので、手持ちアイテムが使えるかどうか迷ったときも、参考になるはず。

屋久島で15年以上実績のあるガイドさん監修でご紹介します。

屋久島トレッキングの服装(縄文杉・白谷・ヤクスギランド)季節と山の気温からご紹介!

屋久島の日帰りで行けるトレッキング情報

屋久島トレッキングはどこへ行くご予定でしょうか?やっぱり縄文杉?それとも宮之浦岳?

屋久島で日帰りのトレッキングをこちらでご紹介します。

白谷雲水峡やヤクスギランドの詳しい情報もありますが、黒味岳や太忠岳、モッチョム岳のアクセス方法や難易度なども参考になるかと思います。

ガイドなしなら必要な「屋久島トレッキング」情報をまとめてみました!

レンタルありのガイド付き屋久島トレッキングツアーのご紹介!

持ち物リストをご覧になって、レインウエアとかトレッキング用のザックとか、レインウエアとか、準備がちょっと大変だなとお感じなら、レンタルありのガイド付きツアーへ申し込んでしまえば、諸々の手配はおしまいです。

詳しくは、ガイド付き「屋久島トレッキングツアー」おすすめ5社を比較(一人旅OKあり)でご紹介します。

屋久島のトレッキング 記事一覧

さいごに:屋久島トレッキングの持ち物はヘッドライトを忘れないで!

いかがでしたでしょうか。縄文杉、白谷雲水峡、ヤクスギランドの日帰りトレッキングに必要な持ち物をご紹介しました。

トレッキング早朝出発の場合は、お弁当の手配が前日に必ず必要です。

また、レンタルを島でするなら、これも前日に準備しておく必要があります。

荷物はできるだけ軽くが鉄則、そして屋久島でトレッキングは必ず防水をしっかりすること。

飲み水は、ペットボトル1本程度でOKです。

途中の沢水を継ぎ足していきましょう。

朝晴れていても、急に雲ができて、ザッと降ることも珍しくありません。

万全な準備で楽しいトレッキングを是非なさってください。

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

  • URLをコピーしました!

カテゴリメニュー

ここからは観光旅行ブログ「屋久島ファン」のカテゴリーメニューをご紹介します。

屋久島ツアー 関連情報

各旅行会社が「独自割引クーポン」を出していますので先にチェックを。旅行会社セール情報もあります。>>割引クーポンとセール情報

屋久島のツアー(交通+宿)は、屋久島旅行に強い(力を入れている)旅行会社がおすすめです>>屋久島ツアー比較

屋久島へどの交通でどのルートがいいのかが分からない場合に。交通手段の比較や注意点も盛り込みました。>>屋久島への行き方

希望のホテルを探したい方のために、屋久島ホテル情報をご紹介します。>>おすすめホテル・宿

屋久島 観光情報

全て屋久島の現地に足を運び、撮影した写真と体験記事です。屋久島旅行計画や滞在にぜひお役立てください。>>屋久島の観光

縄文杉や白谷雲水峡など日帰り登山の持ち物や服装、また注意点、ルート、難易度などをご紹介します。>>トレッキング

屋久島 現地情報

屋久島島内のランチや食事スポットやカフェと実食レビューです。>>食事/カフェ/パン屋

おすすめのお土産とお土産屋さんのご紹介です。>>おみやげ/お土産屋さん

屋久島旅行の手順

屋久島旅行計画を考える順番に沿って、必要情報の紹介記事を並べてみました。

屋久島旅行の手順を見る(クリックしてください)
STEP
屋久島へ行く日程を決める

屋久島へ「いつ」「何日間」行くかを決めましょう。トレッキングは年中可能です。(積雪時以外)海水浴は6月〜9月いっぱいまで。

屋久島のベストシーズン

屋久島の年間の天気や雨の特徴と気温

屋久島旅行には何日必要かを解説

屋久島のモデルコース(2泊3日〜3泊4日)

STEP
屋久島滞在で何をするかを決める

屋久島はトレッキングが人気ですが、ダイビングやカヤックもいいですし、ウミガメ観察や滝巡りもおすすめ。最近は、ワーケーションやプチ移住など長期滞在も人気です。

屋久島の観光スポット紹介

屋久島で何ができる?アクティビティ紹介

屋久島の日帰りトレッキング難易度の紹介

屋久島トレキングに必要な情報

STEP
宿泊するエリアを決める

屋久島は広く移動時間に時間がかかるため、何をするかによって最適エリアが決まります。また、屋久島ならではのサービスや気をつけたい点なども知っておくと宿選びを間違いません。

屋久島のエリア紹介

屋久島滞在の予備知識

屋久島のホテル紹介

屋久島の交通(移動手段)

屋久島旅行をお得に予約

屋久島旅行の手配に必要な交通、ホテル、ツアーなどを予約できるリンクをまとめました。

屋久島旅行予約ページへ>>

タップできる目次