MENU
屋久島ファンの人気記事

屋久島旅行をかんたん手配

屋久島のホテルおすすめ

屋久島行き方まとめ

屋久島の観光をざっくり

ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。
屋久島の全国旅行支援おすすめツアーのご紹介詳しく見る

屋久島トレッキング(縄文/白谷 etc)【服装・持ち物・レンタル】まとめ

屋久島 縄文杉コース トロッコ道

屋久島で『日帰りトレッキング』(縄文杉・白谷雲水峡・ヤクスギランド・黒味岳・太忠岳・宮之浦岳etc)をする際の、服装と持ち物をご紹介します。

『屋久島トレッキングならでは』の、『服装』と『持ち物』をご紹介します。
注意点も含めご紹介します。

初心者の方も、そうでない方も、屋久島で初めてトレッキングをされるなら、ぜひ参考にご覧ください。

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

タップできる目次

屋久島トレッキング 天気と気温から【服装】をご紹介

屋久島の山の天気と気温から、屋久島トレッキングの服装をご紹介

あわせて読みたい
【季節別】屋久島の気温と服装「普段着と登山用」まるっとご紹介!ユニクロがNGなワケ 屋久島のトレッキング服装の例  こちらでは、屋久島の年間を通して季節・月別で気温と服装を詳しくご紹介していきます。 もちろん屋久島旅行での普段着のみならず、縄...

屋久島の標高1,000m付近の気温と気候から、屋久島トレッキングの基本的な服装選びのポイントをご紹介します。

具体的な月別の気温もご紹介していますので、どのくらいのアイテムが必要か想像しやすいと思います。

屋久島トレッキング【持ち物】

あわせて読みたい
屋久島トレッキング 安全に帰ってくるための『持ち物リスト』日帰り編 縄文杉、白谷雲水峡、ヤクスギランドへトレッキングする予定の方へ。必ず準備したい持ち物をご紹介します。 この3箇所とも実は標高1,000m前後。日帰りトレッキングなら...

屋久島だから必要なものと、必要ないものがあります。
必要なものは、ガイドツアーに参加しないなら、ヘッドライトor懐中電灯は必須です。(万が一明るいうちに森から出てこられなかった場合に。)

また、大量の水は屋久島トレッキングでは必要ありません。沢の美味しい水を汲み足していきながら行きましょう。

屋久島トレッキングの防水方法

あわせて読みたい
屋久島トレッキングの防水方法(荷物・レインウエア ・登山靴) 屋久島でトレッキングする際の、荷物・レインウエア・登山靴の防水方法を詳しくご紹介します。特にトレッキング初心者の方はご覧ください。 ご存知の通り、屋久島は雨の...

屋久島トレッキングでは、思いがけず1日中雨の中を歩くことになることも。また全身ずぶ濡れも珍しくはありません。

フツウの?防水方法では太刀打ちできないことも。
もちろん自分自身もですが、それ以上に?笑 絶対濡らせないものもあるはず。ちょっとした工夫ですが、知っておくと便利です。

宮之浦と安房 『おすすめレンタルショップ』

あわせて読みたい
屋久島おすすめレンタル屋さん【宮之浦】登山・トレッキングアイテム  おすすめの登山・トレッキングアイテムのレンタル屋さんを、宮之浦と安房エリアから1店ずつご紹介します。 お店の場所の地図や、営業時間などお店の情報も掲載しますの...

『1度だけのトレッキングだけのために、高価なゴアテックス製のレインウエアは買えません。』という方に。
宮之浦エリアと安房エリアに1店ずつ、おすすめのアウトドアレンタル屋さんをご紹介します。

宮之浦と安房と尾之間 『レンタルありの宿』

あわせて読みたい
【屋久島】縄文杉登山に最適!おすすめのホテル・宿をご紹介 屋久島 宮之浦 THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST(旧名称:シーサイドホテル屋久島) レンタルコーナー こちらでは縄文杉トレッキングに必要なレインウエアや...

屋久島は、意外に大きな島なので、レンタル屋さんへ足を運ぶのもけっこう大変です。

『レンタルあり』の宿なら、借りる時も、返却する時も、手間を省けます。

【子供】のトレッキング服装

あわせて読みたい
【屋久島の春・夏・秋】子供のトレッキングの服装を詳しくご紹介! 白谷雲水峡 苔むす森まで行くならレインウエア やトレッキングシューズは必要です。 屋久島の子供のトレッキングに何を着せたらよいかお困りの方へ。屋久島で使える、...

目安は、『縄文杉トレッキング』や白谷雲水峡なら『太鼓岩コース』、ヤクスギランドなら『80分コース〜』へ行く場合に装備が必要となってきます。

それよりライトなコースなら、動きやすい服装+スニーカーでOKです。

ロングトレッキングならば、トレッキングシューズをぜひ履かせてあげてください。それだけで、子供の歩ける距離が全く違います。

また、屋久島は雨が多いので、シューズも防水性にしてあげると良いですよ。

屋久島トレッキング【服装・持ち物・レンタル】 筆者からひとこと

いかがでしたでしょうか。屋久島トレッキングの際の、服装や持ち物、レンタル情報などもご紹介しました。

屋久島は、鹿児島より南に位置しますが、沖縄や奄美大島のような、南国ではないです。(確かに暖かいですが(^^))

ただでさえ、屋久島へ何を着ていけばよいのか分からないのに、標高が上がり気温の下がる山での服装なんて、想像しにくいですよね。

ということで、分かりやすいように具体的なアイテムもご紹介しました。

また、屋久島は雨が多い島。トレッキングでゴアテックス製のレインウエアは必須です。

『それは、分かるけど、上下セットで20,000は下らないレインウエアを1度きりかもしれないトレッキングに、購入はちょっとムリ。』

多くの方は、きっとそうかと思いますので、(^^;

おすすめレンタル屋さんと、レンタルのある宿をご紹介しました。
ちなみに、屋久島の場合、レインウエアのレンタル付きガイドツアーもあります。

ぜひ、参考にしていただき、万全な装備で安全な屋久島トレッキングをなさってくださいね。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次