屋久島の一人旅事情 おすすめの方法(トレッキング現地情報あり。)

白谷雲水峡 苔むす森(もののけ姫の森)

屋久島へ一人旅ってどんな感じ?
縄文杉って一人で行っても大丈夫かな?おすすめの一人旅の方法を知りたいな。

という方へ向けてのご紹介です。

屋久島は男女問わず、一人旅する人が多い島です。

かく言う私も、人生初めての一人旅は屋久島でした。(すでに屋久島へ移住して13年が経ちますが・・・^^;)

屋久島って一人旅にちょうどいいんですよね。なぜなら、海外へ一人旅はちょっとハードルが高すぎる。かといって近くの温泉に一人で行ってもな〜と、なりませんか?

せっかく屋久島へ行くのだから、『縄文杉』へも行ってみたいし、『白谷雲水峡』も行きたい。でも、『一人でトレッキングしても大丈夫?』『みんなどうやって屋久島旅行してるのかな?』

ということで、屋久島の一人旅事情をご紹介すると伴に、おすすめの屋久島一人旅の方法をご紹介します。

屋久島での一人旅事情

モッチョム岳からの眺め

それにしても、なぜ屋久島は一人旅が多いのでしょうか?

理由をあげるとすれば、屋久島はハワイのような華やかな雰囲気がなく、静かなのが特徴。あまりカップルで来る雰囲気でもないので、一人で行動しやすい所なのかもしれません。

ですので屋久島では、一人旅どうし、宿や山で意気投合して『トレッキング仲間』になるということも珍しくありません。

さらにトレッキングやダイビングなど、『自然』&『アクティビティ』が好きな人が集まる島なので、共通の話題で盛り上がれたりすることも理由と言えそうです。

屋久島に限らず、一人旅は自分がコニュニケーションをとらなければならないので、必然的に旅先で、知らない誰かと話す機会が増えるというのも理由かもしれません。

トレッキングについて

白谷雲水峡 増水する白谷川

トレッキングが好きで、屋久島をチョイスする方も多いのは?

ですが一人でトレッキングとなると、ちょっと不安になりますよね。

結論をいえば、できるだけガイドツアーへ参加することをおすすめします。なぜなら遭難の可能性があるからです。といっても、じゃあ二人ならいいのかというと、そう言うわけでもないのですが^^;

屋久島で人気のトレッキングスポットについて、簡単にご紹介しますと以下の通りです。

屋久島のトレッキング人気スポット
  • 縄文杉トレッキングコース・・・1日10時間かけて歩くロングコース。合計で登山道は4時間、トロッコ道は6時間。道迷いの可能性は低いですが、トロッコ道を一人で黙々と歩けるかどうか。
  • 白谷雲水峡・・・3つのコースがあります。看板や目印などもあるので、よほど大丈夫といえそうです。ですが、過去にの遭難者が出ています。白谷は沢が増水したときの対応が難しいです。正しい対応の仕方は白谷雲水峡へ行くなら知っておきたい【コース時間・持ち物・服装・注意事項・アクセス】でご紹介しています。
  • ヤクスギランド ・・・5つのコースがあります。150分と210分のコースは過去に遭難者ありです。1人で行くとしたら30、50、80分コースまでに。
  • 上記以外のトレッキング・・・太忠岳や黒味岳など、体力的には初心者でもチャレンジできるトレッキングコースもあります。もし1人で行くなら、地図が読め、コンパスが使える中級者以上になります。
ということで、一人トレッキングは絶対ダメではないのですが、できれば、現地ガイドのツアーへの参加をおすすめします。

さらに詳しい情報については、以下でご紹介しています。

おすすめの屋久島一人旅の仕方

屋久島 宮之浦港

屋久島でおすすめの一人旅の仕方は、『ダイナミックパッケージツアー』と『現地ガイドツアー』を上手に利用して、一人で安全にトレッキングしながら、快適に旅を楽しむ方法です。

もし、あれこれ調べて予約手配が面倒なら、旅行会社のHISで一人限定のツアーがあります。このツアーは一人限定で旅行者を募り、現地では他の参加者と一緒に縄文杉トレッキングするというもの。

登山アイテムもレンタルできて、送迎付きなので便利です。ですが、こちらは申し込むだけなので今回は割愛します。

話を戻しますと、『ダイナミックパッケージツアー』とは、滞在中はフリーで【交通+宿】だけを予約できるツアーです。お値段もお値打ちで、一括手配でラクです。JAL便利用なら乗り継ぎも便利で快適。

JALダイナミックパッケージじゃらんパック楽天トラベルなどで取り扱いがあります。

さらに詳しいメリットや特徴については、屋久島『現地ガイドツアーなし』or『自分で選ぶ』なら『ダイナミックパッケージ』がおすすめ!でご紹介してますので、参考にしてみてください。

そしてトレッキングやアクティビティは、送迎付きの少人数制ガイドツアーに申し込みます。これなら、一人旅感も満喫でき、尚且つ安全にトレッキングやその他のアクティビティもできます。

私もこの方法で屋久島へ一人旅しました。送迎付きガイドツアーに参加する場合、宮之浦エリア〜安房エリアなら、送迎範囲内のことがほとんどなので、この範囲の宿だけに絞るのがポイントです。

また、レンタカーは予約しなくてOKです。宿へはバスで行くか、送迎付きの宿を選びます。

おすすめの一人旅の方法のPoint
  1. 滞在中はフリーにして【交通+宿】だけを予約できる、『ダイナミックパッケージ』タイプのツアーにする。
  2. 宿は宮之浦〜安房エリアにする。
  3. 滞在中のトレッキングなどのアクティビティは、現地ガイドツアーへ個別で手配。
  4. 送迎付きのガイドツアーを選ぶので、レンタカーは利用しない。

宮之浦エリアと安房エリアのおすすめの宿についてはこちらを参考になさってください。

屋久島の現地ガイドツアーの探し方

屋久島はトレッキングやダイビング、カヤックなどアクティビティのガイドツアーが盛んな場所。

大手旅行会社のトレッキング付きガイドツアーは、少人数制ではない場合が多く、これだと一人旅感は薄れてしまうかもしれません。

現地ガイドツアーにお願いするメリットは、まずは❶安全面。そして❷宿までの送迎サービスがあること。また、ガイドショップによっては❸トレッキングレインウエアやザックのレンタルがある場合も

ダイビングやカヤック、沢登りなどは、ガイドツアーへ参加すれば❹道具も借りられることも利点です。そして、❺屋久島の自然を素人では気づかない視点で教えてくれるところ。

でも、たくさんいる屋久島のガイドさんを選ぶのは結構大変。何を手がかりに選べばよいのか?

選ぶポイントは月並みかもしれませんが、ホームページの印象とガイドさんのプロフィールをチェックしてみてください。

ホームページ全体にそのガイドさんや、お店のカラーが出ています。また、ツアー代金が安すぎるガイドツアーは避けたほうが無難です。

そして、ツアー料金に何が含まれているのかもチェックしてみます山岳部環境保全協力金やお弁当代、荒川登山バス代、障害保険料など、ガイドショップにより違いますので気をつけましょう。

屋久島の現地ガイドツアーをたくさん取り扱うのは、『じゃらん』か『アソビュー』です。

じゃらん 遊び・体験予約

国内最大級のレジャー・アクティビティ予約サイト。じゃらんクーポンを利用すれば、現地ツアーもお得になります。

asoview!(アソビュー)

北海道から沖縄まで、日本全国のレジャーを約300種類・15,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイトです。
アクティビティだけでない体験プランもあります。

登山アイテムのレンタルについて

白谷雲水峡 ゴアテックス製のレインウエアは必須です。

屋久島は雨の多い島。トレッキングするための装備に、必ずゴアテックス製のレインウエア が必要となります。もちろん足元は登山靴です。

自分に合ったものを準備できればよいのですが、なかなか難しいこともありますよね。

そんな時に便利なのが、『登山アイテムのレンタル屋さん』です。もしくは、『登山アイテムのレンタルできる宿』や、『無料レンタルのあるガイドツアー』もありますので、上手に利用しましょう。

どこで屋久島のどこで登山アイテムを借りたらよかお困りならこちらをどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋久島一人旅の仕方について情報やおすすめの仕方をご紹介しました。

屋久島の人は知らない人同士でも、『知ってる人?』というくらい親しげに話します。

また、静かで優しい人が多いように思います。

ぜひ参考にしていただき、充実した一人旅をなさってくださいね。