今なら 2019/11/28まで 『やくしま応援割引』で最大15,000円引き!詳細はこちら

屋久島移住 失敗したくないならこの方法 ノーコストで働きながら長期滞在がおすすめ

屋久島 平石の岩屋

屋久島に移住してみたいけど、もし移住して失敗したらどうしよう。
なんかいい方法ないかな。

という方へ向けて。

屋久島は、山も海もあって、人が優しい静かな島。あんなところに、のんびり暮らせたらいいよな〜。そう思う方も少なくないはず。

だからといって、簡単に引っ越すのもちょっと考えてしまいますよね。

『どうしよう?移住してみて、もし上手くいかなかったら?』

ということで、簡単に屋久島移住を試す方法をご紹介します。しかも、ほぼノーコスト。これなら失敗しません。

ということで、今回は屋久島移住の失敗が未然に防げる『長期滞在方法』をご紹介します。

ノーコストで働きながら長期滞在する方法

屋久島 シーサイドホテル

こちらでご紹介する方法とは、屋久島へ期間限定(1〜3か月)で、リゾートバイトを利用して短期間働きながら、実際に生活してみる方法のことです。

屋久島はご存知、『世界自然遺産の島』です。なので、『リゾートバイト求人サイト』で募集があります。

『リゾートバイト求人サイト』とは、文字通り、離島や温泉地、スキー場などのリゾート地の求人を専門に扱う『求人サイト』のことです。

この『求人サイト』から登録して、仕事を探して採用が決まれば、屋久島での家賃、食費、光熱費などがほぼノーコストで島に滞在できます。

もちろん、派遣先ではお仕事をしなければなりませんが、ホテルのフロント業務や、レストランのスタッフなど、社会人経験があれば簡単にこなせる仕事ばかりです。

このリゾートバイトを利用して、屋久島にプチ移住してみれば、自分が屋久島で本当に移住生活を続けていけるかを試すことができます。

もし、『やっぱり屋久島に住むのはムリかも。』となっても、屋久島でのリソートバイトを契約期間で終了すれば、すぐに元の生活に戻れます。

契約期間は1ヶ月〜3ヶ月。もちろん1年間などの長期もあります。

リゾートバイトの求人サイトの利用方法


では、ご紹介した『リゾートバイトの求人サイト』はどのようにして利用すればよいのでしょうか。

リゾートバイト求人を利用するには、まず以下の求人サイトからネット登録します。

名前や住所など、基本的な情報の入力なので1分くらいでできます。

すると、電話やメールで求人サイトの方から連絡がきます。その後、面談→本登録となります。自宅から最寄りの支店で面談をします。もし遠くて行くことが難しいなら、Skypeなどで対応してもらえます。

会社の面接のような堅苦しい感じではないので気軽に登録してOKです。

この面談のとき、仕事の内容や、期間、その他の希望を担当者に伝えましょう。

担当者が、あなたの希望をヒアリングした上で、希望に近いお仕事を紹介してくれます。もちろん現地へ行って面接などする必要はありません。

もし希望の仕事がなかった場合は、一旦キャンセルして希望の仕事の求人が出るまで待ってもOK。とりあえず応募登録しておいて、『希望の求人があれば話を進める。』という使い方もアリです。

もちろん、お仕事が決まれば、必要な手配や、持ち物のアドバイスなどもしてもらえます。

屋久島までの交通費は、一旦は自己負担となりますが、後から決まった条件を満たせば戻って来る場合がほとんどです。

現地では、万が一困ったときも、担当者のフォローアップ体制が必ずあるので大丈夫。

滞在費がかからないので、屋久島で稼ぐお金を丸々貯められます。これを引っ越し資金にするのもよいかもしれません。

なにより、ほぼノーコストで屋久島にプチ移住できるのは、かなりおいしいですよね。

移住者からのアドバイス

安房 ヤクスギランド 線からの朝日

ご存知かもしれませんが、屋久島の家探しは大変。

なぜなら、物件が少ないことと、不動産屋を通さないで、直に貸し借りするので、島外者がいきなり来ても簡単に家は見つかりません。ちなみに不動産屋の値段は、屋久島では高すぎる値段設定です。

また仕事についても、腰を据えてじっくり探せます。屋久島は広いので、住む家のすぐ近くに職場があるとは限りません。『家は南のお気に入りエリア。でも職場が北エリアの宮之浦。車で往復2時間、毎日通えるかなあ・・・。』移住者にありがちな失敗談です。

また、ハローワークや求人サイトに出ない求人が、島内放送や人伝いであることも珍しくありません。

屋久島は、家や仕事などの情報がほとんど島外には出ませんので、島内にいて情報を集める方が有効なのです。

プチ移住で、とりあえず『住む家』と『収入源』を簡単に手に入れられる、『リゾートバイトのシステム』は利用の価値ありです。

屋久島のリゾートバイト&派遣に強い求人サイトをご紹介

ということで、屋久島のリゾートバイト&派遣に強い求人サイトをご紹介します。

屋久島の仕事案件は正直、少ないです。ですので、とにかく全部登録して、希望に合う仕事や、条件を探すのが賢い方法です。

リゾートバイト.com


高い時給や、スタッフ満足度が高いのが特徴。さらに、『リゾートバイト.com』で実績を積めば、時給UPも望めます。

ネットがつながらない寮の場合は、wifiのデータ端末の貸し出し(有料)があったり、バイト先でお金がピンチの時は、お給料の前借り制度もあります。

リゾバ.com


上の求人サイトと名前が似ているので注意です。『リゾバ』で働いた経験を生かしてキャリアを積めば、無期雇用の月給制という待遇も用意されています。

細やかなサービスとサポート体制が特徴。常時2000件以上の仕事件数は業界No.1です。

アルファ・リゾート


健康保険・厚生年金保険・雇用保険や労災保険の社会保障制度がしっかりしていて安心です。

一定期間就業するとTポイントがもらえたり、述べ1年以上働くとspecialカタログの特典あり。

はたらく・どっと・こむ


「90日間の期間限定・アナタだけの上京体験」トーキョー90DAYSや、「資金・語学力ゼロでOKの留学プラン」ZEROから留学など、リゾートバイト以外にも幅広いサポート体制有り。

またお友達紹介すると紹介した人も、された人も、1万円もらえるキャンペーン中です。2019/4/30日までなので、とりあえず登録して友達を探しても。

いまの現状を変えたいなら

上述の通り『長期移住』をやってみて、『なんか違う』ということなら、もちろん元の生活にすぐ戻ることもできます。

または、そのまま、別の島へ移ってリゾートバイトを続けることも可能です。

逆に『やっぱり都会でもう一度頑張りたい。』もしくは、この職種でもっと頑張りたいという場合でも、サポート体制のある求人サイトを選べば、その後の方向転換や、キャリアアップも望めます。

もし屋久島へ移住したい理由が、『屋久島が好きだから。』以外に、『今の現状を変えたい。』という思いがあるのであれば、何かしらの『きっかけ』にも。

さらに今の生活圏では知り合えない『人』との出会いも期待できます。

同じ場所を選ぶということは、思考が自分と似ているということ。派遣先では、気の会う友達もできそうです。もちろん素敵な出会い♡があることも。

かく言う私も、今の主人とは屋久島で知り合っているので、まじめにある話です。

こちらでご紹介した求人サイトは、全て登録料無料です。登録しても損はしないので、これを機にぜひ試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リゾートバイト求人を利用しての長期滞在のご提案をしました。

屋久島は、本土とは何かと微妙に違う離島。だから実際に住んでみるのが何よりも手っ取り早いです。

とにかく、気になることがあるなら、どんどんやった方がいいです。

やらなかったことは後悔でしかありませんが、行動を起こして自ら経験することは、必ず役立つ確かな情報となります。

ネットやSNSでいくら情報を集めても、実際に経験して得た情報にはかなわないのです。

行動を起こして、次へ進みましょう!