MENU

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

現地遊び体験のクーポン

  • じゃらん 遊び・体験の割引クーポン
    じゃらんの遊び体験の割引クーポンの頻度は2週間に1度程度。取得したクーポンはマイページに残るのでまずは取得するべし。
  • アソビューの割引クーポン
    テーマパークや日帰り温泉、エステ、映画館などの割引チケット多数。屋久島だと水系アクティビティが強い。
  • アクティビティジャパンの割引クーポン
    日本全国の様々なアウトドアスポーツ・文化体験を予約できるサービス。屋久島なら釣りがおすすめ。
  • kkdayの割引クーポン
    国内・世界各国の交通パスや周遊チケットWi-Fiレンタル、Simカードなどが格安価格で簡単予約できる。台湾本社の旅行系ベンチャー企業が運営。
JALタイムセール限定 割引クーポン 詳しく見る

【子供の屋久島シュノーケル】服装と装備(リーフツアラーレビューあり)

 ※ 当ページのリンクには広告が含まれています。

栗生 塚崎タイドプール こぶら瀬側  シュノーケルポイント

屋久島で子供とシュノーケルをお考えなら、ぜひ参考にしてみてください。

屋久島でのシュノーケルに必要な服装と装備のご紹介です。
さらに娘が使用している『リーフツアラー』のレビューも併せてご紹介します!

私が書きました

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
14歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

もくじ

屋久島のシュノーケル必要アイテムのご紹介

シュノーケルをするには、基本のシュノーケルマスクなどの基本アイテムがあればシュノーケルができます。
さらにマリンシューズなどのプラスアイテムがあれば心強いですね。

内容を、それぞれをご紹介していきます。

基本アイテム

シュノーケルで基本となるアイテムです。

  • シュノーケルマスク
    ゴーグルの役割をはたす『マスク部分』に、口で呼吸するための『シュノーケル部分』がセットになったもの。
    これがあるから、水の中を長く観察できるのですね。
  •  フィン
    足に装着して、早く泳ぐためのもの。
    泳ぎ回らない場合はなくても可。
  •  浮力体(ふりょくたい・シュノーケリングベスト、ライフジャケット)
    こちらもなくてもシュノーケルはできますが、、安全のためにも着用をおすすめします。

プラスアイテム

プラスアイテムといいつつ、ラッシュガードやマリンシューズは屋久島では必要です。

  • ラッシュガード・レギンス
    屋久島なら、日差しが強いので、できるだけ着用ををおすすめします。
  •  マリンシューズ
    着用しましょう。サンダルも可ですが、ストラップがあり、着用したまま泳げるものでないと危ないです。
  •  マリングローブ
    軍手でも可。

屋久島【子供】この日の娘のシュノーケル服装

栗生 塚崎タイドプール こぶら瀬側  シュノーケルポイント

最初に水着を着ます。その上にラッシュガード。
ボトムは、アウトドア用のレギンスとショートパンツを履いています。

使用しているシュノーケルアイテムは、色違いですが以下でご紹介しているものです。

ちなみにグローブは島の『ドラックストアモリ』で300円くらいのをGET。
ライフジャケットは利用しているものと同じものが、完売でないようなので、人気でお手頃なものをご紹介しています。

子供のシュノーケルアイテムレビュー

娘が実際に使ってみてよかったアイテムをご紹介します。

シュノーケルマスク、フィン、マリンシューズは全て『リーフツアラー』です。

子供のものなので、すぐ使えなくなるであろうことを考えると、そんなに高価なものは買えないですよね。^^;

かといって、なんでもいいわけでなく、それなりに使えるものでなければ、購入の意味がなくなってしまいます。

そもそも使いにくければ、子供は嫌がってシュノーケルをしない可能性も。(子供はムズカシイ・・^^; )

その点を踏まえると、リーフツアラーはコストパフェーマンスは高いと言っていいと思います。

シュノーケルマスク

屋久島 一湊海水浴場

シュノーケルといえば、これがなければ始まりません。

『2点セット』となっているのは、マスクと空気を吸うためのパイプの部分のシュノーケルが分かれているため。

娘に聞いたところ、隙間から水の侵入などなく、使いやすいとのこと。変な匂いや味もしないそうです。(←これ大事です。)

マスクは、スーパーなどに置いてある、もっと簡単で安いものもありますが、ちゃんとシュノーケルするなら、このくらいのは必要かも。

こちらは劣化しずらいシリコン製、さらに安心の日本製でこのお値段はお値打ちです。

フィン

娘のマリンシューズは21㎝で、フィンのサイズはMを使用。脱着もしやすく使いやすいとのこと。

こちらのフィンはMサイズならマリンブーツ着用で24㎝までOKなので、サイズが23㎝の私もたまに借ります。

私は普段ダイビング用のも(GULL)のを持っていますが、リーフツアラーはコンパクトなのにしっかり水をかけて、こちらの方がいいなと思ったほど。

ちなみに大人サイズにも対応。

コンパクトなので、水中でバタ足がラクにできます。素足でもマリンブーツ着用でも利用できるのは便利。

フィンを屋久島に持って来るのは難しいかもしれませんが、一応ご紹介しておきます。もちろんなくてもシュノーケルはできます。

【サイズ目安(素足・ソックス着用時)】
■Sサイズ:18~22cm
■Mサイズ:22~26cm
■Lサイズ:26~30cm
【サイズ目安(マリンブーツ着用時)】
■Sサイズ:16~20cm
■Mサイズ:20~24cm
■Lサイズ:24~28cm

マリンシューズ

サイズは普段の靴と同じサイズか、ワンサイズ上でよいと思います。

こちらも大人サイズがあり、実は私も同じものを購入しました。以前使っていたものはファスナーがついたものでしたが、こちらの方が脱着がラクで軽いです。

しかもほどよくフィットし、靴裏のグリップも効くので滑りにくくおすすめです。

屋久島の砂浜の海水浴場(一湊、春田、栗生)以外に行くなら、屋久島でマリンシューズは履いていた方がいいですね。というか履かないと、足が熱くて歩けません。^^;

怪我だけでなく、危険な生き物からも足を守ってくれます。

軽いので旅行にも持ち歩けます。屋久島のタイドプール観察にも使えます。

ラッシュガード

屋久島の日差しは本当に強いです。日焼け対策はしっかりしましょう。
(ちなみに、屋久島の小学校はラッシュガードを着て水泳の授業を受けるのが当たり前なんです。)

屋久島でシュノーケルをするポイントはほぼ岩場なので、びっしり岩場についた貝などで怪我をしやすいです。

日差しだけでなく、怪我からも体を保護してくれます。

ライフジャケット

ずりあがらないようクロッチベルトが付いていると、幼児には使いやすいです。

ライフジャケットは、身体にフィットしてないと安定が悪く危ないので、身体にあったサイズ選びをしてあげてください。

大人の海の服装やシュノーケルアイテム

屋久島の海のご紹介

屋久島の観光スポット紹介

屋久島の観光スポットや観光地を厳選して私が何度も行きたくなる屋久島観光スポット 25選(穴場あり)でご紹介しています。在住者ならではの穴場も入れていますのでよかったら参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋久島でのシュノーケルアイテムをご紹介しました。屋久島は、海の透明度が素晴らしく、シュノーケルにおすすめです。

注意点としては、本土よりかなり日差しが強いこと。必ず子供は浮力体を着用すること。外海には絶対に出ないことです。

参考にしていただき、楽しく安全なシュノーケルを屋久島でなさってくださいね。

みなさまのお役に立てば幸いです。

【旅行に使えるお得なクーポンとセール情報】

タブをクリックしてお選びください

現地遊び体験のクーポン

  • じゃらん 遊び・体験の割引クーポン
    じゃらんの遊び体験の割引クーポンの頻度は2週間に1度程度。取得したクーポンはマイページに残るのでまずは取得するべし。
  • アソビューの割引クーポン
    テーマパークや日帰り温泉、エステ、映画館などの割引チケット多数。屋久島だと水系アクティビティが強い。
  • アクティビティジャパンの割引クーポン
    日本全国の様々なアウトドアスポーツ・文化体験を予約できるサービス。屋久島なら釣りがおすすめ。
  • kkdayの割引クーポン
    国内・世界各国の交通パスや周遊チケットWi-Fiレンタル、Simカードなどが格安価格で簡単予約できる。台湾本社の旅行系ベンチャー企業が運営。
  • URLをコピーしました!

カテゴリメニュー

ここからは観光旅行ブログ「屋久島ファン」のカテゴリーメニューをご紹介します。

屋久島ツアー 関連情報

各旅行会社が「独自割引クーポン」を出していますので先にチェックを。旅行会社セール情報もあります。>>割引クーポンとセール情報

屋久島のツアー(交通+宿)は、屋久島旅行に強い(力を入れている)旅行会社がおすすめです>>屋久島ツアー比較

屋久島へどの交通でどのルートがいいのかが分からない場合に。交通手段の比較や注意点も盛り込みました。>>屋久島への行き方

希望のホテルを探したい方のために、屋久島ホテル情報をご紹介します。>>おすすめホテル・宿

屋久島 観光情報

全て屋久島の現地に足を運び、撮影した写真と体験記事です。屋久島旅行計画や滞在にぜひお役立てください。>>屋久島の観光

縄文杉や白谷雲水峡など日帰り登山の持ち物や服装、また注意点、ルート、難易度などをご紹介します。>>トレッキング

屋久島 現地情報

屋久島島内のランチや食事スポットやカフェと実食レビューです。>>食事/カフェ/パン屋

おすすめのお土産とお土産屋さんのご紹介です。>>おみやげ/お土産屋さん

屋久島旅行の手順

屋久島旅行計画を考える順番に沿って、必要情報の紹介記事を並べてみました。

屋久島旅行の手順を見る(クリックしてください)
STEP
屋久島へ行く日程を決める

屋久島へ「いつ」「何日間」行くかを決めましょう。トレッキングは年中可能です。(積雪時以外)海水浴は6月〜9月いっぱいまで。

屋久島のベストシーズン

屋久島の年間の天気や雨の特徴と気温

屋久島旅行には何日必要かを解説

屋久島のモデルコース(2泊3日〜3泊4日)

STEP
屋久島滞在で何をするかを決める

屋久島はトレッキングが人気ですが、ダイビングやカヤックもいいですし、ウミガメ観察や滝巡りもおすすめ。最近は、ワーケーションやプチ移住など長期滞在も人気です。

屋久島の観光スポット紹介

屋久島で何ができる?アクティビティ紹介

屋久島の日帰りトレッキング難易度の紹介

屋久島トレキングに必要な情報

STEP
宿泊するエリアを決める

屋久島は広く移動時間に時間がかかるため、何をするかによって最適エリアが決まります。また、屋久島ならではのサービスや気をつけたい点なども知っておくと宿選びを間違いません。

屋久島のエリア紹介

屋久島滞在の予備知識

屋久島のホテル紹介

屋久島の交通(移動手段)

屋久島旅行をお得に予約

屋久島旅行の手配に必要な交通、ホテル、ツアーなどを予約できるリンクをまとめました。

屋久島旅行予約ページへ>>

もくじ