【子供の屋久島シュノーケル】服装と装備(リーフツアラーレビューあり)

栗生 塚崎タイドプール側  シュノーケルポイント

屋久島でのシュノーケルに必要な服装と装備をご紹介します。
さらに娘が使用している『リーフツアラー』のレビューも併せてご紹介します。

屋久島で子供とシュノーケルをお考えなら、ぜひ参考にしてみてください。

シュノーケルするのに必要なものとは?

シュノーケルをするには、基本のシュノーケルマスクなどの基本アイテムがあればシュノーケルができます。
さらにマリンシューズなどのプラスアイテムがあれば心強いですね。

内容を、それぞれをご紹介していきます。

基本アイテム

シュノーケルで基本となるアイテムです。

  • シュノーケルマスク
    ゴーグルの役割をはたす『マスク部分』に、口で呼吸するための『シュノーケル部分』がセットになったもの。
    これがあるから、水の中を長く観察できるのですね。
  •  フィン
    足に装着して、早く泳ぐためのもの。
    泳ぎ回らない場合はなくても可。
  •  浮力体(ふりょくたい・シュノーケリングベスト、ライフジャケット)
    こちらもなくてもシュノーケルはできますが、、安全のためにも着用をおすすめします。

プラスアイテム

プラスアイテムといいつつ、ラッシュガードやマリンシューズは屋久島では必要です。

  • ラッシュガード・レギンス
    屋久島なら、日差しが強いので、できるだけ着用ををおすすめします。
  •  マリンシューズ
    着用しましょう。サンダルも可ですが、ストラップがあり、着用したまま泳げるものでないと危ないです。
  •  マリングローブ
    軍手でも可。

この日の娘のコーディネイト

栗生 塚崎タイドプール側  シュノーケルポイント

下に水着を着ます。その上にラッシュガード、ボトムは、アウトドア用のレギンスとショートパンツを履いています。

使用しているシュノーケルアイテムは、色違いですが以下でご紹介しているものです。

ちなみにグローブは島の『ドラックストアモリ』で300円くらいのをGET。ライフジャケットは同じものが完売でないようなので、人気でお手頃なものをご紹介しています。

子供のシュノーケルアイテムレビュー

娘が実際に使ってみてよかったアイテムをご紹介します。

シュノーケルマスク、フィン、マリンシューズは全て『リーフツアラー』です。

子供のものなので、すぐ使えなくなるであろうことを考えると、そんなに高価なものは買えません。

かといって、なんでもいいわけでなく、それなりに使えるものでなければ、購入の意味がなくなってしまいます。そもそも使いにくければ子供はシュノーケルをしなくなってしまいます。

その点を踏まえると、リーフツアラーはコストパフェーマンスは高いと言っていいと思います。

屋久島 一湊海水浴場

シュノーケルマスク

シュノーケルといえば、これがなければ始まりません。『2点セット』となっているのは、マスクと空気を吸うためのパイプの部分のシュノーケルが分かれているため。

娘に聞いたところ、隙間から水の侵入などなく、使いやすいとのこと。変な匂いや味もしないそうです。

マスクは、スーパーなどに置いてある、もっと簡単で安いものもありますが、このくらいのものがないと、ちゃんとシュノーケルは難しいかも。

こちらは劣化しずらいシリコン製、さらに安心の日本製でこのお値段はお値打ちです。

フィン

娘のマリンシューズは21㎝で、フィンのサイズはMを使用。脱着もしやすく使いやすいとのこと。

こちらのフィンはMサイズならマリンブーツ着用で24㎝までOKなので、サイズが23㎝の私もたまに借ります。

私はダイビング用のものを持っていますが、コンパクトなのにしっかり水をかけて、こちらの方がいいなと思ったほど。ちなみに大人サイズにも対応。

コンパクトなので、水中でバタ足がラクにできます。素足でもマリンブーツ着用でも利用できるのは便利。

フィンを屋久島に持って来るのは難しいかもしれませんが、一応ご紹介しておきます。もちろんなくてもシュノーケルはできます。

【サイズ目安(素足・ソックス着用時)】
■Sサイズ:18~22cm
■Mサイズ:22~26cm
■Lサイズ:26~30cm
【サイズ目安(マリンブーツ着用時)】
■Sサイズ:16~20cm
■Mサイズ:20~24cm
■Lサイズ:24~28cm

マリンシューズ

サイズは普段の靴と同じサイズか、ワンサイズ上でよいと思います。

こちらも大人サイズがあり、実は私も同じものを購入しました。以前使っていたものはファスナーがついたものでしたが、こちらの方が脱着がラクで軽いです。

しかもほどよくフィットし、靴裏のグリップも効くので滑りにくくおすすめです。

屋久島の砂浜の海水浴場(一湊、春田、栗生)以外に行くなら、屋久島でマリンシューズは履いていた方がいいですね。というか履かないと、足が熱くて歩けません。^^;

怪我だけでなく、危険な生き物からも足を守ってくれます。

軽いので旅行にも持ち歩けます。屋久島のタイドプール観察にも使えます。

ラッシュガード

屋久島の日差しは本当に強いです。日焼け対策はしっかりしましょう。

屋久島でシュノーケルをするポイントはほぼ岩場なので、びっしり岩場についた貝などで怪我をしやすいです。日差しだけでなく、怪我からも体を保護してくれます。

ライフジャケット

ずりあがらないようクロッチベルトが付いていると、幼児には使いやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋久島でのシュノーケルアイテムをご紹介しました。屋久島は、海の透明度が素晴らしく、シュノーケルにおすすめです。

注意点としては、本土よりかなり日差しが強いこと。場所によっては必ず子供は浮力体を着用すること。外海には絶対に出ないことです。

参考にしていただき、楽しいシュノーケルを是非屋久島でなさってくださいね。

みなさまのお役に立てば幸いです。

屋久島の海の紹介
屋久島おすすめのシュノーケルスポットをご紹介します♪
屋久島の海 一覧