屋久島の ★Go To トラベルキャンペーン★ はコチラ 

『無料JAL会員』になって屋久島へお得に行く方法

縄文杉トレッキングコース
https://yakushima.fun/yaku/wp-content/uploads/2018/11/1020851.jpg

無料JAL会員になったら、屋久島旅行がどうお得になるの?

という方へ向けてのご紹介です。

こちらでご紹介する方法とは、JAL会員になって、『JAL会員限定』のお得な『JMBツアー』を選ぶ方法です。

ですので、要するにJAL会員になれればよいのです。

でも、なんでANA利用のツアーはないの?
その前に『JMBツアー』ってなんだ?

ですよね。笑
ですので、まずは『ANAツアーがない理由』や、『JMBツアー』について、簡単にご紹介します。

屋久島旅行は『JALツアー』がほとんどの理由

屋久島空港 JAC(日本エアカミューター)

屋久島への直行便は、JAL系のJAC(日本エアコミューター)のみです。

屋久島へのANAの直行便は就航がありません。ですので、屋久島へのツアーはJAL便利用ツアーが主流です。

屋久島へのアクセスの種類

屋久島への直行便は、『JAC(飛行機)』の他には、『高速船』や『フェリー』もありますが、屋久島への直行便の利用が一番効率的で、低リスク。

そして、お値段も最近、『JAC(飛行機)』の値段が下がっているので、時期によっては『高速船』や『フェリー』利用よりも、JAL便ツアーの方が安いのです。(←ちょっと衝撃的ですよね。^^;)

さらに詳しい各地からの屋久島への行き方については、屋久島への行き方を参考にしてみてください。

【各地から屋久島への行き方】飛行機・フェリー・高速船 etc 詳しくご紹介!

JALのJMBツアーとは?

JALの『JMBツアー』とは、JAL会員のみ限定の『JALのパッケージツアー』です。

屋久島のJMBツアーには、種類があります。

例えば、『JAL便+宿』に、『縄文杉トレッキング』や『白谷雲水峡トレッキング』を組み合わせたツアーが人気です。

また、『JMBツアー』には、トレッキング付きツアーではなく、『JAL+宿』に、『現地周遊プラン』や『贅沢スパ』を組み合わせた、ちょっと他にはない『屋久島ツアー』もあります。

どのくらいお得かというと・・

以下は同条件で、『JMBツアー』と『JALパックツアー』を比べてみました。

一例ですが、会員の『JMBツアー』と、会員でない『JALパック』のツアーと比べると、3,500円〜5,200円お得なのです。(値段は、時期やツアー内容によります。)

もちろん、宿やその他のサービス内容は同じ。だったら、『JAL会員』=『JMB会員』になった方がいいですよね。

さらに詳しいJMBツアーについては、JAL会員なら【屋久島JMBツアー】がおすすめ!(お値打ちトレッキングvs贅沢癒し系)を参考にしてみてください。

JAL会員なら【屋久島JMBツアー】がおすすめ!(お値打ちトレッキングvs贅沢癒し系)

無料で『JAL会員=JMB会員』になる方法

『JAL便利用のJMBツアーがどうやら、いいらしい。』ということが、なんとなく分かってきたところで、次はそのJAL会員の入会方法をご紹介します。

JAL会員=JMB会員

JMBとは、『ジャル マイレージ バンク』の略のこと。

実は、JAL会員は、JAL会員とは言わず、JMB会員と言います。(ややこし^^;)

私の勝手な見解ですが、『JMB会員』を『JAL会員』へ名前変更したら、入会率上がるのになと、マジで思っている私ですが(←余計なお世話ですね。 笑)

そして、このJMB会員は、誰でも無料で加入できます。

JMB会員の入会方法

入会方法は主に2つ。

  1. JALホームページからネット申し込みする方法
  2. 空港のカウンターで申し込みする方法

ということで、こちらでは、ネット申し込みの方法をご紹介します。

❶JALのホームページへ

JALホームページから、『マイレージ』を選びます。

❷マイレージのページを下へスクロールして以下のバナーを見つける

マイレージページを下へスクロールしていくと、以下のバナーがでてきます。こちらをクリックします。

❸『マイレージバンクとは』のページへ移ったら下へスクロール

マイレージのページでは、『マイレージ(マイル)』を貯めるメリットについての紹介があります。

下へスクロールしていくと、以下のバナーがでてきますので、選択して入会します。

どうせなら、自分にとってメリットの高い無料会員がいいので、2つのバナー下の『カード詳細』をクリックして、カードの特典を比べて申し込めばOKです。

1のJMB JGWカード  2のJMBカード 3のJMB WAONカード のどれを選べばいいの?

そこで、迷うのが、この3つのうちのどれがよいかですよね。

結論を言えば、JMB WAONカードです。

どれを選んでも、JMB会員にはなれるので『JMBツアー』を申し込めるわけですが、違いは付随するサービスの内容です。

簡単にご説明しますと

  1. JMB JGWカード・・・海外へよく行く方に便利。
  2. JMBカード・・・JMB会員の特典以外ななにもなし。
  3. JMB WAONカード・・・WAONの機能(電子マネー)の利用が可能。

JMB会員の最大の特典はマイル

ちなみにJMB会員になる最大のメリットは、マイルが貯められるようになること。

と言っても、普段飛行機に乗らないので、無関心の方が大半かと思います。(私も屋久島へ移住するまでそうでした。^^;)

ちょっとした工夫で格安に旅行ができるのです!

でも、実際はマイルを利用して、ちょっとした工夫で、屋久島旅行や、国内外の旅行が格安になるのです。

でも、みなさん忙しいから、めんどくさいことを調べて、ややこしいことは考えたくないですよね。vv

普通のオバハンが分かることを紹介します!

なので、こちらのブログ『屋久島ファン』としては、オタク化した陸マイラー(←我が夫 笑)でなく、普通のオバハン(←私 笑)でも、分かるように、マイルの貯め方や、利用方法などをご紹介したいと考えております。vv

ということで、興味がある方は、マイルを貯める第一歩を『JMB WAONカード 』からはじめてみてはいかがでしょうか?

もちろん、興味がなければ、何もついていない『JMBカード』を選んで申し込めばOKです。

『JMB WAONカード』を使ってノーコストでマイルを貯める方法


『マイルなんて貯めたことないけど。』という方へ向けて、ノーコストでマイルを貯める方法を、こちらでご紹介してます。

海外旅行へ、行くならJGWカードは便利。
でも、そんなに頻繁に行かないなら、国内でのお得度が高いWAON機能付き『JMB WAONカード』がおすすめです。

ということで、詳しくは、【年会費無料】の「イオンJMBカード」のメリットデメリット・利用の仕方・申し込み方法でご紹介してますので、興味がある方はどうぞ。

【年会費無料】の「イオンJMBカード」のメリットデメリット・利用の仕方・申し込み方法

『無料JAL会員』になって屋久島へお得に行く方法 まとめ

いかがでしたでしょうか。JALの無料会員である、JMB会員になって、屋久島へお得に行く方法をご紹介しました。

そもそも、屋久島旅行の場合、JALパックはおすすめ。

欠航リスク回避やお値段、宿の内容からして、トレッキング付きツアーならばおすすめなのです。(この辺は、他のツアー比較でご紹介してます。)

ぜひ参考にしていただき、希望にあった屋久島旅行をなさってくださいね。