MENU

屋久島ファンの人気記事

ツキシマ アサコ
10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。
屋久島ファンがJALツアーをおすすめする理由とは? 詳しく見る

知ってた?屋久島旅行前に『JMB会員』になっとくとお得なワケ

縄文杉トレッキングコース

こちらでご紹介するのは、JALの無料会員になって、『JAL会員限定』のお得な『JMBツアー』を選ぶのが、屋久島旅行はお得ですという話です。
(同じツアー内容なのに、おすすめのジャルパックが、3,000円〜5,000円お得になります。)

申し込み方法は、無料で『JMB会員』になって、JALの『JMBツアー』を選べばよいだけ。
ちなみに、縄文杉や白谷雲水峡トレッキング付きツアーもあり、送迎やレンタルもついてかなり便利です。

でも、なんでANAじゃなくてJALなの?
その前に『JMBツアー』ってなんだ?
『JAL会員』ってどうやってなるの?

ですよね。^^;
ですので、まずは『ANAツアーがない理由』や、『JMBツアー』について、簡単にご紹介します。
そして、『JAL会員=JMB会員』にお得になる方法もご紹介していきます。

私が書きました
ツキシマ アサコ

10年以上、屋久島で観光業に携わっています。
元々旅行者だった筆者ですが、2006年から屋久島へ移住。
11歳の娘と夫の3人暮らし。 東京、名古屋に在住経験あり。

屋久島ファンをもっと詳しく

\関東の方におすすめ/

タップできる目次

屋久島旅行は『JALツアー』が主流のワケ

屋久島空港 JAC(日本エアコミューター)

そもそもなぜ、JAL一択なのか?

その理由は、屋久島への直行便は、JAL系のJAC(日本エアコミューター)のみのだから。

屋久島へのANAの直行便はありません。
ですので、屋久島へのツアーはJAL便利用ツアーが主流です。

屋久島へ行くならJAL系のJAC(日本エアコミューター)は無視できない

屋久島 淀川

屋久島への直行便は、『JAC(飛行機)』以外にも、『高速船』や『フェリー』もあります。ですが屋久島へのJAL直行便の利用が一番効率的で、低リスクです。

なぜなら、時期によっては『高速船』や『フェリー』利用よりも、JACの方が安いから。(←ちょっと衝撃的ですよね。^^;)

しかも、高速船利用は、鹿児島空港から54分かけてバスに乗り、乗船時間が2時間30分かかりますし、フェリー利用は前泊が必要です。

だから屋久島旅行は、JAL便利用ツアーがけっきょく便利で、時間的にも効率的なのです。

ということで、屋久島へ行くなら、まずはJAL系のJAC(日本エアコミューター)を無視することができないということを知っておきましょう。

更に詳しいJAL便利用ツアーのメリットについては、ガイドなしの屋久島ツアーなら 『JAL/楽天/じゃらん』が安心でおすすめ!で、屋久島旅行に多い欠航リスクなどについてもご紹介しています。

JALのJMBツアーとは?

JALの『JMBツアー』とは、JAL会員のみ限定の『JALのパッケージツアー』のことです。

屋久島のJMBツアーには、種類があります。

例えば、『JAL便+宿』に、『縄文杉トレッキング』や『白谷雲水峡トレッキング』を組み合わせたツアーが人気です。

JMB会員になると通常ツアーより3,500円〜5,200円お得になる

『JMBツアー』とは、JMB会員(無料JAL会員のこと)だけしか申し込めないJALのツアーのこと。

では、この『JMBツアー』がどのくらいお得か?ということを見てみましょう。

以下は同条件で、屋久島の『JMBツアー』と『ジャルパックツアー』を比べてみました。

一例ですが、会員の『JMBツアー』と、会員でない『ジャルパック』のツアーと比べると、3,500円〜5,200円お得なのです。(値段は、時期やツアー内容によります。)

もちろん、宿やその他のサービス内容は同じ

だったら、『JAL会員』=『JMB会員』になった方がいいですよね。もちろんJMB会員になるのにお金はかかりません。

無料で『JAL会員=JMB会員』になる方法

『JAL便利用のJMBツアーがどうやら、いいらしい。』ということが、なんとなく分かってきたところで、次はそのJAL会員の入会方法をご紹介します。

JAL会員=JMB会員

JMBとは、『ジャル マイレージ バンク』の略のこと。

繰り返しますが、JAL会員は、JAL会員とは言わず、『JMB会員』と言います。(ややこし^^;)
そして、このJMB会員は、誰でも無料で加入できます。

『JMB会員』を『JAL会員』へ名前変更したら、入会率が上がるのになと、マジで思っている私ですが(←余計なお世話ですね。 笑)

JMB会員の入会方法

入会方法は主に2つ。

  1. JALホームページからネット申し込みする方法
  2. 空港のカウンターで申し込みする方法

ということで、こちらでは、ネット申し込みの手順を簡単にご紹介します。

まずはJALホームページを見てみましょう。

❶JALのホームページへ

JALホームページから、『マイレージ&JALカード』を選びます。

❷『マイレージバンクとは』のページへ移ったら下へスクロール

マイレージのページでは、『マイレージ(マイル)』を貯めるメリットについての紹介があります。

下へスクロールしていきます。

クリックすると、3つの無料会員カードが選択できるようになります。

3つの無料会員カード❶JMB JGWカード  ❷MBカード ❸JMB WAONカード どれを選べばいい?

そこで、迷うのが、この3つのうちのどれを選ぶべきかです。

結論を言えば、JMB WAONカードです。

どれを選んでも、無料でJMB会員にはなれるので『JMBツアー』を申し込めるわけですが、違いは付随するサービスの内容です。

この3つの無料カードについて簡単にご説明しますと・・・

  1. JMB JGWカード・・・外貨預金ができる銀行サービスと連携。海外へよく行く方に便利。
  2. JMBカード・・・JMB会員の特典以外は何もなし。
  3. JMB WAONカード・・・イオンのWAONの機能(電子マネー)の利用が可能。

ということで、❸の無料でJMB会員になれて、しかも電子マネー機能&イオンの特典やサービスも付くワオン(WAON)のカードにしておくのがおすすめです。

もちろん、年会費もかかりませんし、入会金も無料。お金をかけず、3,000円〜5,000円安いJMBツアーに申し込めて、さらにイオンの感謝デーなどの特典も受けられます。

JMB会員+WAONサービスの詳細を見てみる

JALの会員である『JMB会員』になるメリット

ということで、JMBツアーにお得に申し込めるだけで既にJMB会員になるメリットはありますが、その他には何かあるの?という方に。

JMB会員の基本特典はJALマイル利用

ちなみにJMB会員になる最大のメリットは、マイルが貯められるようになること。

と言っても、普段飛行機に乗らないので、無関心の方が大半かと思います。(私も屋久島へ移住するまでそうでした。^^;)

ですが『JALマイル』をうまく使えば、屋久島のみならず、日本中、いえ世界中の旅行がお得になります。

それだけでなく旅行に行かずとも、Amazonギフト券へ交換できたり、スターバックスでお得にチャージできたり・・・それ以外のたくさんの特典も受けることができます。

JALは大手企業なので、会員のメリットの幅も広いです。

ということで、ほとんどの方が会員になることで、その恩恵を受けられるのではないでしょうか。

JMB会員+WAONサービスの詳細を見てみる

マイルでご当地グルメと交換

また、飛行機に乗らずとも、旅行した地域のご当地グルメとマイルを交換することもできます。

特に屋久島は、JALの飛行機代が他の地域に比べてかかる離島。イヤでも(!?)マイルが貯まってしまうのです。

ならば『JALのサービスの恩恵』をガッツリ受ける方が、何かとお得だと思いませんか?

ですので屋久島旅行へ行く前に、JAL会員になっておけば、後から屋久島旅行で貯まったマイルで鹿児島のご当地グルメをお取り寄せなんてこともできます。

JMB会員+WAONサービスの詳細を見てみる

おともdeマイルの利用をすれば、屋久島旅行の旅費を10万以上お得にできることも

さらに、屋久島と東京の往復では、我が家の場合は『オトモdeマイル』をよく利用します。

これで、10万円以上飛行機代を浮かせて往復できることも。

この方法については、別記事の【屋久島格安】『おともdeマイル』利用で126,000円割引に!利用方法をご紹介で詳しくご紹介していますが、

これにもまずは、JMB会員になり、さらに『JALカード』をつくる必要があります。

ということで、屋久島へJAL利用をするために最初にまずすることは、『JMB会員』になること、なんです。

JMB会員+WAONサービスの詳細を見てみる

さらに詳しい『JMB WAON カード』については、屋久島へ格安で行きたい!【イオンJMBカード】をつくる メリット・デメリットでご紹介していますので、気になる方はどうぞ。

屋久島旅行を格安で行くためのマイルの貯め方

なんとなく、意味は分かるけど、そもそも『マイルなんて貯めたことないけど。』という方へ向けて、ノーコストでマイルを貯める方法もご紹介しています。

こちらのブログ『屋久島ファン』としては、オタク化した陸マイラー(←我が夫 笑)でなく、普通のオバハン(←私 笑)でも、分かるように、マイルの貯め方や、利用方法などをご紹介しております。

ということで、興味がある方は、マイルを貯める第一歩を『JALWAONカード』からはじめてみてはいかがでしょうか?(今ならキャンペーン中で、最大5,500マイルがもらえます!)

もちろん、興味がなければ、何もついていない『JMBカード』を選んで申し込めばOKです。

屋久島旅行のマイルの貯め方 一覧

屋久島旅行におすすめのJALツアーを比較してご紹介します

そもそも、屋久島旅行の場合、JALツアーがおすすめ。

欠航リスクを最小限にでき、さらに宿のラインナップもよく、トレッキング付きツアーとガイドなしツアーとどちらもあります。

ということで、屋久島旅行だからこそ、『JALツアー』にするメリットが高い理由と伴に、2つのJALツアーを屋久島旅行の観点で比較してご紹介します。

さいごに:屋久島旅行へ行く前に『JMB会員』になっておくのが賢い選択です。

いかがでしたでしょうか。JALの無料会員である、JMB会員になって、屋久島へお得に行く方法をご紹介しました。

やはり、JALは大手企業なので、『JALマイル』は、色々使えます。
ということを、知っていると、お金を特別かけなくても、JMB会員の恩恵を受けることができます。

そう、JALを1度でも利用するのであれば、JALの無料会員は、ならなければ損なのです。

だって、JMB会員のサービス分も、JALのフライト料金に含まれてるってことですからね。

だから、JMB会員でJALの恩恵を最大限に受けている人は、当然のサービスを受けているってこと。知らないでJMB会員のサービスを受けていない人の方が損なのです。

って書いている自分はやはり、お金に細かい名古屋人なんだな〜とつくづく思います。(笑)

ぜひ参考にしていただき、お得に屋久島旅行をなさってくださいね!

  • URLをコピーしました!

おすすめの屋久島ツアー紹介

ガイドなしで屋久島観光するならおすすめの3ツアー

1→JALダイナミックパッケージ(現地フリー)
JALの飛行機と宿を自由に組み合わせて予約できるツアー。屋久島便に多い欠航対応がピカイチで安心。「屋久島のおすすめ宿を選ぶなら」お値打ち。一人旅OK。

2→楽天トラベル
楽天の宿とJAL便をツアーにして『JAL楽パック』にできます。格安宿を選べば、JAL便利用の格安ツアーにできる。楽天ポイント割引利用可能。ラ・クーポンで割引も。欠航時の対応はJALとほぼ同じ。一人旅OK。

3→じゃらんパック
じゃらんの宿とJAL便をツアーにして『じゃらんパック』にできます。クーポン割引あり。格安宿を選べば、JAL便利用の格安ツアーにできる。じゃらん限定ポイントや、ポンタポイント、dポイントなども利用可能。欠航時の対応はJALとほぼ同じ。一人旅OK。

2泊3日〜3泊4日のトレッキング付きのおすすめ4ツアー

1→JALダイナミックパッケージ(トレッキング付き)
縄文杉や白谷雲水峡トレッキングを組み合わせた「トレッキング付きツアー」(2泊3日〜3泊4日) 。おすすめ宿+トレッキング付きならお得。登山アイテムレンタル(有料)や送迎付き&周遊バスチケット付きで他にないサービスはさすが。2名以上の申し込み必要。飛行機欠航時はキャンセル可で安心。

2→HIS屋久島ツアー
縄文杉や白谷雲水峡のトレッキング込みのツアーのみならず、その他のアクティビティにも対応。JAL便利用やLCCや高速船利用ツアーも取り扱う。登山アイテムのレンタルや送迎付きで便利。一人旅限定ツアーが特徴的。

3→クラブツーリズム国内ツアー
森歩き付きのバス周遊ツアーならイチオシ。森歩きもしつつ観光スポットを網羅的に巡ってくれます。ツアー催行日が決定して参加者を募るタイプで日程が合う方に。ガッツリ歩く縄文杉トレッキングツアーも取り扱いあり。

4→ジェイトリップ(J-TRIP)
JAL便利用専門の『格安ツアー旅行会社』。縄文杉や白谷雲水峡などのトレッキング、またレンタカーなどをオプションで付けられるツアー。JALダイナミックパッケージで予算オーバーの方は、こちらで格安宿を選べば『格安トレッキング付きJAL便利用ツアー』ができます。キャンセルについてはポイントで全額保証。一人旅におすすめ。

タップできる目次