格安で屋久島へ行くためにマイルをためるなら『JALカード』は必要?


屋久島旅行するのに格安で行く方法ってないかな?
屋久島に格安で行くのに『JALカード』って必要なの?
『JALカード』を持つ特典ってなんだろう?

という方へ向けてのご紹介です。

『JALカード』は、『飛行機に乗らなくてもマイルを貯めやすいクレジットカード』として今や人気のクレジットカード。

そして、このJAL会員のメリットとクレジットカード機能を併せもつ『JALカード』は、屋久島へ格安で行くために『必須』と言っても過言でないくらい、特典があり、メリットが高いカードと言えます。

ではそのJALカードの『具体的な特典やメリットとは何か?』をご紹介していきます。

MEMO
JALマイルが貯まるクレジットカードは、JALが発行しているカード以外にも、カードで貯まったポイントをマイルへ変えられるカードもあります。

1、JALカードにしかない特典

屋久島空港 JAC

厳密に言えば、JAL会員になるためには、『JALカード』をつくらなくてもなれます。

ですが、『JALマイル』を貯めるなら、『JALカード』は1枚は持っておくべきです。

なぜなら、

クレジットカード機能が付く『JALカード』を持たないと、得られない特典があるからです。(もし、他のクレジットカードでマイルを貯めているなら、『JALカード』との2枚持ちがよいかもしれません。)

当たり前ですが、飛行機を飛ばしている航空会社が発行するクレジットカードなので、独自の強みを特典として付けることで、他のクレジットカードとの差別化を計っているわけです。(そこが人気の秘密なのですが。)

以下に『これは嬉しいかも。』と思える、『JALカード』だけの特典をピックUPしてみました。

JALカード独自の特典
  1. JALカード家族プログラムを利用できる。
  2. 『先得割引』の航空券を、一般発売の2日前に先行予約できる。
  3. ディスカウントマイルの特典航空券を500マイルお得に交換できる。
  4. 搭乗ボーナスマイルがもらえる。(入会搭乗ボーナスは1回、最初の利用時に毎年。)
  5. 国内JALパックツアーが5%割引になる。
  6. 『CLUB-Aカード』から上のグレードなら、年会費(家族会員分も)をマイルで支払える。

最近はLCC(格安航空会社)などの航空会社が増えたことで、JALも顧客の囲い込みに必死です。ですので年々サービスは向上しています。

また、JALが大手の航空会社だからこそ、ここまでサービス内容を充実させることができるのだとも言えますね。

ずらりと並んだメリット。ザッと読んだだけでは、なかなか理解しにくいので、サービス内容をそれぞれご紹介します。

❶JALカード家族プログラムを利用できる。

『JALカード家族プログラム』とは、JALカードを持つ家族のマイルを合算して利用できるサービスのことです。

例えばですが、JALの『おともdeマイル割引』を利用するには、10,000マイルが必要です。

夫が6,000マイル、妻が4,000マイルそれぞれ持っているとしたら、このままでは、どちらも10,000マイルに満たないので、『おともdeマイル割引』は利用できません。

ですがこの『JALカード家族プログラム』を利用すれば、家族のマイルを合算して利用できるため、足して10,000マイルにできるワケです。

ですので、家族、夫婦でJALカードを持つと早くマイルを貯めて利用することができます。

利用条件など、詳細についてはJAL公式サイトをご覧ください。JALカード家族プログラム

❷先得割引の航空券を、一般発売の2日前に先行予約できる。

年末年始やGWなどの人気期間や人気路線は、先得割引の席が発売されると、競争率が高いのですぐなくなります。

屋久島への飛行機なら、そもそも席数が少ないのも原因の1つですが、GWや夏休み期間中はすぐ満席になります。そんなときにもこのサービスは有効かもしれません。

❸ディスカウントマイルの特典航空券を500マイルお得に交換できる。

年に2度発売されるディスカウントマイル(通常より少ないマイルで利用できるサービス。)ですが、JALカード会員だと、さらに500マイル少なく利用できます。

ちなみに、2018年の2度目発売は12月1日〜2019年2月28日まで。屋久島への『JAC』も対象路線となっています。

❹搭乗ボーナスマイルがもらえる。(入会搭乗ボーナスは1回、最初の利用時に毎年。)


もし年に1度だけでもJALに乗る可能性がある方はメリットが高いです。カードのグレードによってもらえるマイルが違いますが、普通カードでも1,000マイルもらえます。

入会搭乗ボーナスは1回のみですが、今からカードをつくるなら方なら、このボーナスマイルももらえて、メリットが高いですね。

JALカードを持っておけば、屋久島への旅行の際も、フライトマイルが一緒に貯まりますね。

❺JALパックツアーが最大5%割引

『JALパック』の国内、国外の対象のパックツアーを申し込むと、国内なら5%割引に。海外なら3〜5%割引。もちろん同行者の分もです。

『JALパック』とは、航空券やホテル、日程が決まっており、日程などの条件が合えば申し込むだけの楽チンツアーです。

ですが、航空券やホテル代が全て含まれるのでトータル金額は結構高額に。この金額から5%割引になるのでかなりお得です。

❻『CLUB-Aカード』から上のグレードなら、年会費(家族会員分も)をマイルで支払える。

4つの種類のうち、一番ポピュラーな『普通カード』は対象外になってしまいますが、それ以上のカードならOKです。
年会費や家族会員費をマイルで支払えるって、けっこう嬉しい特典です。

年会費をマイルで払えるのは、もちろんJALカードだからですよね。

2、飛行機に乗らなくてもOK!『お買い物で』マイルが貯まる特典


そして嬉しいことに、『JALカード』はお買い物でマイルを貯めやすい特典が充実しています。

JAL特約店が52,000店あり、JAL特約店でお買い物すれば、マイルが倍になったり、それ以外の嬉しいサービスも。

このサービスを活用すれば、飛行機に乗らなくても、というか飛行機に乗るよりマイルを貯められるかもしれません。

では、このお買い物でマイルが貯めやすい特典を詳しくご紹介します。

JALカードのマイルを貯めやすい特典
  1. 『JALカード』でお買い物するだけで自動的にマイルが貯まる。
  2. 『JALカード』特約店(イオンやローソンなど)でのお買い物ならマイルが2倍に。
  3. 『JALカード』の『ショッピングマイル・プレミアム』に入会すればマイルが2倍で貯められるようにできる。
  4. 『ショッピングマイル・プレミアム』に入会して、特約店でお買い物するとマイルが4倍に!

❶『JALカード』でお買い物するだけで自動的にマイルが貯まる。

『JALカード』を利用してお買い物をすれば、100円=0.5マイルでマイルが自動的で貯まっていきます。ですので、日々のお買い物をJALカードで支払うだけで、マイルが貯まります。

貯まったマイルを把握するには、JALホームページからご自身の『お得意様番号』を入力してログインすれば、マイルが表示されます。

また、ログインした状態で、航空券を予約すれば、ご自身の貯まったマイルを利用することができます。

  • 10,000円利用すると50マイル貯まります。

❷JALカード特約店(イオンやローソンなど)でのお買い物ならマイルが2倍に。

JALカードと提携する特約店が、日本全国に約52,000店舗あります。この特約店で『JALカード』利用するだけで、マイルが2倍になります。

お店の内容を見るとイオングループや、ENOS、ローソン、マクドナルドなど、使えそうなお店ばかり。ということは、無理せず、普段の生活の中で貯められるということですね。

  • 10,000円利用すると100マイル貯まります。

❸JALカードの『ショッピングマイル・プレミアム』に入会すればマイルが2倍で貯められるようにできる。

『ショッピングマイル・プレミアム』とは、『100円=0.5マイル』で貯まるところを、『100円=1マイル』貯まるようにするサービスです。

4種類あるJALカードのうち、2つの上のグレードの『CLUB-Aゴールドカード』と『プラチナカード』は、申し込まなくても自動的にこの『ショッピングマイル・プレミアム』のサービスを受けています。

でもグレードが高い2つのカードは年会費が高くなるので、年会費はそのままで、プラス3,240円払えば『100円=1マイル』で貯まるように変えられるというものです

マイルを貯めるために『JALカード』をつくるのであれば、こちらは入っておいた方が良いサービスです。

  • 10,000円利用すると100マイル貯まります。

❹『ショッピングマイル・プレミアム』に入会して、特約店でお買い物するとマイルが4倍に!


そしてすごいのは、❸の『ショッピングマイル・プレミアム』に申し込むor『CLUB-Aゴールドカード』と『プラチナカード』で、❷でご紹介した特約店でお買い物すると、マイルが4倍になります。

特約店はイオン系列のお店や、ローソン、ファミリーマート、ENOS、、ウェルシア、マクドナルド、吉野家など、普段の生活の中でちょっと工夫するだけでマイルが4倍で貯まります。

『JALカード』は持っておくとマイルが貯まりやすいというのは、こういったところですね。

  • 10,000円利用すると200マイル貯まります。

JALカードの種類・年会費とサービス比較

なるほど。JALカードはJALマイルが貯めやすいクレジットカードなのね。
でも、『JALカード』って4つグレードがあるみたいだけど、どれを選べばいいの?

JALカードのグレードは4種類です。それぞれの年会費とサービスの内容は以下の通りです。

選ぶカードによってもちろん特典やサービスが変わってくるわけですが、やはり気になるところは年会費。

年会費とサービスの内容のバランスから、どれがよいかご案内します。


『JALカード』4つのグレードの違い


『普通カード』は初年度は年会費が無料で2年目からは2,160円。そして次の上のグレードの『CLUB-Aカード』になると、年会費が10,800円に跳ね上がります。

グレードが上がれば年会費が上がり、サービスがよくなるというのは、当然ですし上の表を見れば分かると思います。

違いのポイントは、『CLUB-Aカード』から上のグレードは、『ボーナスマイル』や『空港免税店での割引き率』、『旅行保険の保証金額』などがグッとよくなるので、ここにメリットを感じるなら『CLUB-Aカード』にしましょう。

また、『CLUB-Aゴールドカード』と『プラチナカード』にする大きなメリットは、『ラウンジが利用』できるところです。

ラウンジサービスは飛行機の利用をたくさんする方ならかなり良いサービスです。空港での『待つ』というストレスを軽減してくれます。ラウンジでの飲み物(時にご当地焼酎やビールなども!)や、おつまみなどは無料で楽しめます。

どのカードにするか迷うなら、普通カードで十分です。でもできれば、先ほどご紹介した『ショッピングマイル・プレミアム』をプラス3,240円払って入って2倍にしてマイルを貯められるようにしておいた方が断然貯まり方がちがいます。

『普通カード年会費 2,160円』+『ショッピングマイル・プレミアム 3,240円』=5,400円を毎年支払うメリットがあるか?


それでは、『JAL普通カード』をつくって、ポイントが2倍でたまる特典が着いた『ショッピングマイル・プレミアム』をオプションを付けるとします。

すると、『普通カード年会費 2,160円』+『ショッピングマイル・プレミアム 3,240円』=5,400円を毎年払うことになるのですが、この年会費を払っても、それ以上のメリットがあるのか?

ここ、一番重要ですよね。

ちょっと計算してみましょう。
例えばですが、毎月JALカードで10万円支払うとします。スーパーでの買い物や、光熱費や携帯代、国民年金などを集約すればそのくらいになると思います。

それを1年続けてみると、どのくらい貯まるのでしょうか?

『普通カード』+『ショッピングマイル・プレミアム』で毎月10万円のカード支払いしたと仮定します。

『100円=1マイル』→10万円支払い→毎月1,000マイル獲得となりますね。これを1年間続けると12,000マイル貯まります

10,000マイルあれば、『おともdeマイル』を利用できます。

おともdeマイル』といえば、我が家が家族3人で、伊丹⇄屋久島を126,000円割引にできたサービスです。

また、鹿児島から屋久島への必要なマイルは、ちょうど『1人往復:12,000マイル』です。鹿児島から屋久島への往復代金を見てみると28,200円(往復割引適応)。

ということは、『普通カード年会費』+『ショッピングマイル・プレミアム』の5,400円を払って、1年間で貯めたマイルを利用することで28,200円の割引を受けられるとも、考えることができます。

当たり前ですが、『普通カード年会費』+『ショッピングマイル・プレミアム』の5,400円を払って、後から28,200円の割引を受けた方がお得だと思いませんか?

また、2名以上で屋久島へ行くのであれば、10,000マイルを使って『おともdeマイル』割引利用も可能です。この場合は割引金額は未知数。うまく利用すれば、我が家のように126,000円割引で飛行機に乗ることも可能なのです。

ですので、結果的に『JALカード』は屋久島旅行を格安にするために十分メリットがあるといえます。

只今【JALマスターカード】がキャンペーン中です!(〜2019/3/31期間限定)


JALカードの提携先をマスターカードで申し込みすると、2019/3/31まで、キャンペーン中なのでボーナスマイルが何かと付きます。

JALカードの提携先は、VISA、マスター、JCBなどクレジットカード会社の提携先を選ぶことができます。特別にどこかお気に入りの提携先がなければ、マスターカードがおすすめです。

カードをつくるだけで、最大14,050マイルがもらえるので、それだけ屋久島行きが近づきます。

キャンペーン中に申し込めば初年度の年会費が無料に。カードを持ってみて、メリットを感じない場合は、1年以内に解約すればノーコストです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。JALカードの特典について詳しくご紹介しました。

屋久島へ行くにはお金がかかります。でもマイルをうまく利用する方法を身につければ、かなり格安になるはずです。

そしてこれは、屋久島旅行だけでなく、世界中どこへ旅するにも役立つ術ともいえます。

ぜひ参考にしていただき、お得な旅を実現させてくださいね。