屋久島の宿は『ホテル』『民宿』『素泊まり』の3タイプ それぞれを詳しくご紹介

屋久島 いわさきホテル

屋久島の宿は大きく分けて、『ホテル』、『民宿』、『素泊まり』の3タイプに分かれます。

どのタイプに宿泊するかによって、宿泊するお部屋、受けられるサービスや料金が違います。それぞれの特徴とメリット、デメリットをご紹介します。

屋久島のホテル

ホテルならプライベートが確保されてアメニティも揃っています。

屋久島でホテルというと、芸能人御用達の『sankara hotel&spa 屋久島』や『屋久島いわさきホテル』。

温泉が最高の『JRホテル屋久島』、縄文杉トレッキングに便利な『屋久島グリーンホテル』、宮之浦港に便利な『シーサイドホテル屋久島』でしょうか。

どのホテルも屋久島の素晴らしい眺めを楽しめます。

基本的なサービスの内容は本土のホテルと同じです。

お部屋は『ホテルサンカラ』のような1軒づつ独立しているお部屋や、洋室、和室などホテルによって異なります。

料金は、『民宿』や『素泊まり』と比べるとやはり高くなります。

1泊2万円前後から30万を超えるものまで。

屋久島の民宿

屋久島の宿は民宿タイプが多い

屋久島には沢山の民宿があります。

本館と別館があるワリと大きな規模の民宿もありますし、家族経営のこじんまりとした民宿もあります。

規模が小さいほど、宿の方との距離も近くなり、屋久島の生活を肌で感じることができます。

お部屋は一室づつ区切られてはいても、食事やトイレ、お風呂などが共同のことが多いです。

サービスというか、色々なちょっとしたことが、その時の状況や、宿の方の采配で決まることが多いので、迷ったり困った時は、とにかく宿の方に相談してみるとよいかもしれません。

料金は4,000円台から。シーズンや食事の有無などで変動します。

屋久島の素泊まり

素泊まりは個室とドミトリーの2タイプ

『素泊まり』とはまさに文字通り、泊まるだけでその他のサービスはないという意味。

お部屋は個室が1名から利用できる宿と、部屋が空いている時に限り個室の場合と、必ずドミトリー(相部屋)になる場合と色々あるようです。

キッチン、トイレ、シャワーなどを共同で利用することが多いですが、最近は安房のcohotel SORAのように、食事などのサービスはない(泊まるだけ)ですが、ビジネスホテルのようにプライベートが守れるタイプもあります。

一方、屋久島の人気の素泊まりの宿『晴耕雨読』は、キッチンやリビングが共同で、自然と他の宿泊客との交流ができるようなシステムになっています。

素泊まりは一人旅も多く、新たな出会いがあったりすることも。

ただし貴重品の取り扱いは念のため注意した方がよいかもしれません。

料金は3,000円台から。

宿選びのポイント

まずは、①屋久島旅行で何をするかを決めましょう。次に②屋久島でそのやりたいことをする為に一番便利なエリアを考えます

屋久島の各エリアについては宿の場所に迷ったら!屋久島の各エリア紹介【宮之浦・空港・安房・尾之間】で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

その次にその便利なエリアの中で、予算と好みに合ったタイプの宿を探すと失敗しません。

あともう1つポイントをあげると、③屋久島へ入るときにどの地区に到着するかもポイントになります。といことは利用する交通機関も関係してきますね。

フェリーなら宮之浦地区ですし、飛行機なら小瀬田地区です。高速船は時間によって宮之浦着と安房着と分かれますので、そのへんも考慮に入れると移動の無駄を省けます。

屋久島は意外に大きな島です。移動にけっこう時間がかかります。せっかくの旅行ですから、時間は有効に使って旅を充実させて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。屋久島の宿のタイプをご紹介しました。

ぜひ屋久島旅行の準備にお役立て下さい。